Airbnbで借りたフランス・リヨンの家【フランスの家はこんな感じ】
TeroVesalainen / Pixabay
スポンサーリンク

長期で滞在する時はなるべく現地の家に住んでみたいということで、Airbnbで家を借りた僕です。

フランス・リヨンの一般的な家はどんな感じなのか、ご紹介したいと思います。

Airbnbとは?

そもそもAirbnbが一体何なのか?という件につきましては、以下でご紹介してますのでご確認ください。

フランス・リヨンの家

アパートの最上階(6階くらい)の家です。

当初は違う部屋を抑えてたんですが、家主の都合によりキャンセルになり、こちらの家を改めて予約しました。

リビング

キッチン・ダイニング

フランス・リヨン

バスルーム

フランス・リヨン

ベッドルーム

フランス・リヨン

 

広さは十分。Wi-Fi良好。なので、ひとまずはOK。

 

ただ、ボロイ。魔女の宅急便のキキが泊まる部屋みたいな。少々写真詐欺にあった感は否めません。バスルームの天井が低いのは盲点だった。

 

パリで2か所ホテル泊まった時も感じたことですが、建物の外観はオシャレだけど中はすごくボロイし、あまり飾りっ気のない素朴な感じ。

 

お湯はタンクにある分しか使えない仕様で、お風呂にお湯張ってとかしてるとすぐなくなっちゃうので、そうなった時は少々時間置いて溜まるのを待つしかないよう。

 

特段不便はないですが、感動を受けることもない。まぁいっかという感じですが、これも放浪生活の醍醐味のひとつ。外に出てる時が多くなると思うし、寝れればOK。

おわりに

スペイン(バルセロナ)、イタリア(ローマ)でもAirbnbで4週間ずつ家を予約してるので、来月以降またそれぞれご紹介できればと思います。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事