メルボルン・ワインバー巡り7【Arlechin】
スポンサーリンク

メルボルン・ワインバー巡り第7弾は、カクテルバーというよりはワインバーの【Arlechin】に行った記録をご紹介します。

Arlechinについて

メルボルン【Arlechin】

僕が約2年前にメルボルンを出る時くらいにオープンしたお店なので、まだ比較的新しいバー。ブロードシートの情報によると、メルボルンで最も高い評価を受けているレストラン経営者の1人が運営してるお店なんだとか。ふざけた男4人で行ってきました。

 

営業時間
火曜日〜土曜日(日・月定休、祝日もおそらく休み)
17時〜3時

 

クレジットカード支払いOK
フリーWi-Fiなし

 

場所はこちら

CBD内にあります。トラムだと、86番と96番の走る、Bourke St.(バーク・ストリート)沿いのRussel St.(ラッセルストリート)で降りるのが1番近いです。

「こんなところにお店あるの?」と思うような路地の先にあります。目印はスタバ。スタバ横の路地の通り突き当たりにあります。

Arlechinに行った記録

店内はこんな感じでなかなか雰囲気の良いお店。席数は40席ほど。ワインだけでなく、カクテルとイタリアンなつまみや食事もそこそこ充実してる。

メルボルン【Arlechin】

ワインリストは結構豊富で、オーストラリア以外、フランスやイタリアのワインも結構ありました。この日の話題は、オーストラリアの交通ルールとか罰金がおかしいという件。詳しくは以下ご覧ください。

メルボルン【Arlechin】

リストはそれなりにあるけど、価格設定が高い!らしい。少々チャージ高めのお店のようです。

ちなみにこのワインは2019年のシュナン・ブランだったと記憶してますが、個人的には全然美味しくなかった。青臭い感じが好きな人にはオススメです。

メルボルン【Arlechin】

おわりに

少々ボトルワインの価格は高いですが、アクセス良く、平日でも3時まで営業してる貴重なお店。飲み足りないけど、どこかないかな〜という時に、ココとSupper Clubは重宝すると思います。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事