ベルリンのアジアンショップ
スポンサーリンク

「ドイツで何食ってんの?ソーセージ?」

そう聞きたくなる気持ちはわかりますよ。

 

でも、僕が普段食べているのは、
・米
・から揚げ
・カレー
・野菜炒め
・みそ汁
などなど.....

 

つまり、日本にいる時とさほど変わらない侍の僕です。

今時それなりの都市であれば、【アジアンショップ】という日本・韓国・台湾とかの食材や飲み物を扱うお店があって、日本と同じような食生活を送ることができるんです。

 

外食するなら日本食以外を食べるんですけどね。普段の食事はやっぱり日本食ですよ。

ということで今回は、僕がベルリンでよく行くオススメのアジアンショップ【Asia market Lee GmbH】についてご紹介したいと思います。

Asia market Lee GmbHの基本情報

営業時間:9時~20時
定休日 :日曜・祝日
最寄り駅:アレクサンダープラッツ
支払い :現金のみ

 

【場所】

オススメの理由

  1. アクセスしやすい
  2. 店が広い
  3. 品揃えが良い

 

僕の場合、家からアレクサンダープラッツへのアクセスが簡単という点と、Asia market Lee GmbH以外に2つアジアンショップを見ましたが、ココが1番品揃えが豊富。

売ってる商品をご紹介

※クリックすると拡大できます。

 

醤油めっちゃある。

ほかのアジアンショップで見かけないのが「漬物」。
漬物大好きな僕としてはコレが結構ステキです。

米がめっちゃある

 

いっぱいありますが、左上のトラの絵の「すしライス」と書かれた米を買ってます。

なんと10Kgで16ユーロ(約2,000円)

めっちゃ安い!日本だったら安くても10Kgで3,500円くらいはしますよね?

 

ちなみに家に炊飯器はありませんが、鍋で米を炊けるようになりました。

ほかにもいろいろ

 

「ごはんですよ」は約700円。

見た瞬間は「めっちゃ欲しい!」と思うんですけど、使い切ることはなさそうと思うと地味に高く感じて手が出ない。

当たり前ですが、輸入品なので日本で買うよりも基本高いです。

Asia market Lee GmbH以外のアジアンショップ

Asia Mekong

営業時間:10時~20時
定休日 :日曜・祝日
最寄り駅:アレクサンダープラッツ
支払い :現金、カード

 

【場所】

 

 

こちらもアレクサンダープラッツにあるアジアンショップ。

カップヌードルがあってクレジットカードが使えるのが良いところですが、品揃えは前述した「Asia market Lee GmbH」の方が全然良いです。

go asia

営業時間:8時~21時30分(日曜は20時)
定休日 :なし
最寄り駅:ベルリン市内に5~6店舗ある
支払い :現金、カード(?)

 

【場所】僕が行ったのはココ↓↓

 

 

品揃えは豊富で小ぎれいなお店。

でも、「Asia market Lee GmbH」の方が品揃えが良いです。

おわりに

醤油とか焼きのりとか、ちょっとした物ならドイツのスーパーにも売ってますが、種類は少ないし、小さいサイズしかないから割高です。

米とか味噌とか日常的に使うものは、アジアンショップで大きいサイズを買うのがお得。

僕は10Kgの米を担いで帰るを3回しました。ドイツでも米に感謝してます。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事