スペイン・バルセロナ【ムンジュイック城】
スポンサーリンク

あっという間に過ぎた1か月のバルセロナプチ移住生活。

 

夏のピークが過ぎた頃狙いの10月に滞在しましたが、日中はほぼ毎日Tシャツ・短パンで過ごせる気候で、天候にも恵まれ、外出しなかったのは日中に雨が降ったわずか1日。

 

だいぶバルセロナを満喫できたと思っています。そんないろいろ行ってみた僕が【バルセロナのオススメ観光スポット&旅行プラン】と、注意点や旅行に役立つ情報も併せてご紹介したいと思います。

 

僕の主観&行ったことのある場所のみで構成されていますので、あれ?ここは?というポイントがあるかもしれませんが、その点はご愛敬でお願いします。

バルセロナでオススメの観光スポット

ミシュランガイド的な感じで、
★★★:絶対行くべき
★★:行く価値アリ
★:行っても良いと思う

という3段階評価でご紹介したいと思います。

オススメ度:★★★

サグラダ・ファミリア

スペイン・バルセロナ【サグラダファミリア】

言わずと知れたバルセロナ、いや、スペインの象徴的存在。

 

ヨーロッパの建築物や街並みはどこか似たところがあるので、新しいものを見ても、「おぉ!すごい!」と思わなくなってきてた最近でしたが、外観・内観ともに「すげーなコレ」と何度言ったか。

 

ヨーロッパ建築の中でも異質というか、存在感、オーラがすごい。中は幻想的で、SFの世界に出てきそうな感じ。知名度も十分、中心地からのアクセスも良く、外観の彫刻には日本人も携わっているとあって、外すわけにはいかないですね。文句なしの1位。

 

詳しくはこちらをご覧ください。

 

ブケリア市場

バルセロナ【ブケリア市場】

バルセロナ市内にいくつかあるマーケットの中でも圧倒的な人気を誇るマーケットで、スペイン来た感も大いに感じられるオススメスポット。

 

大通り沿いにある立地の良さ、ただ肉屋や魚屋、八百屋が商品を販売してるだけでなく、観光客向けに”インスタ映え”する商品の用意と陳列をしてる、食べ歩きできる軽食の販売とマーケット内レストランもかなり充実してて、見て良し、買って良し、食べて良しと最強。

 

2019年11月時点のGoogle Mapのレビュー件数は約8万件と、マーケットでは異常な数字(参考までに東京ディズニーランドで6万件)。人気があるだけにめちゃめちゃ混むけど、その賑やかさがまた良さを感じられる要素でもある。

 

詳しくはこちらをご覧ください。

 

ムンジュイック城

スペイン・バルセロナ【ムンジュイック城】

ムンジュイック城はムンジュイックの丘にある城で、行くにはロープウェイを使うのが定番です。

 

バルセロナに詳しい人からすると、「★3つ?」と思う人もいるかもしれない場所ですが、ロープウェイはちょっとしたアトラクション的にも良いし、ロープウェイから見る景色と、ムンジュイック城から見る景色、晴れの日は最高です。市内から行きやすくてコストが安めなのも◎。

 

僕は今回が初のバルセロナだったので、夏休みあたりのピーク時がどの程度かわかりませんが、10月でも中心地は毎日めちゃめちゃ混んでます。そこそこ滞在してると、この人混みだけで疲れる...。

 

そんな時にココはすごく良い。あまりごみごみしてないけど開放的で、つかの間のゆったりした時間を感じられます。街も海もどちらも見れて、バルセロナを一望するのに良い場所。

 

詳しくはこちらをご覧ください。

 

グエル邸

スペイン・バルセロナ【グエル邸】

サグラダ・ファミリアの設計・建築家として知られるガウディが初期に建築した建物で、世界遺産のひとつです。ガウディが人気になるキッカケになった建築なんだとか。

 

当時ガウディのパトロンとしてガウディを支援した人としても有名な、グエルさんという実業家で政治家だった大富豪の邸宅で、ブケリア市場のすぐそばにある観光スポット。

 

ガウディ建築の世界遺産はほぼすべて周りましたが、サグラダ・ファミリアとこのグエル邸以外は★2つにしています。その差は、立地と入館料。

 

この後にご紹介する「カサ・バトリョ」、「カサ・ミラ」、「グエル公園」の方が、グエル邸よりも来場者数は多いようですが、外観の地味さとは裏腹に内観はさすが大富豪の家という感じでインパクトがあるし、安いし行きやすく、比較的空いてるからゆっくり見れる点を加味すると、僕はこちらの方が満足度が高かったです。

 

詳しくはこちらをご覧ください。

 

ピカソ美術館

バルセロナ【ピカソ美術館】

ガウディガウディときましたが、スペインの有名人と言えばピカソもいます。

 

比較的サクッと見れる規模の美術館で、中心地にあります。ココの素敵なところは、毎週木曜日はタダで入れるところ!(オンライン予約必要)僕はタダで入りました。

 

美術館って普段なかなか行かないし、ピカソの作品をパッと行ってタダで見れるなら見てみたいなぁと思いません?

 

芸術のことがよくわかってない上に表現力が乏しいのでなんと言えば良いやらという感じですが、こんな僕でも行って良かったと感じられました。たまにはアートの世界も良いものです。

 

詳しくはこちらをご覧ください。

 

オススメ度:★★

カサ・バトリョ

スペイン・バルセロナ【カサ・バトリョ】

こちらもガウディ建築で世界遺産のひとつです。

 

カサ(Casa)は”家”のことで、「バトリョさんの家」という意味です。ガウディらしい曲線のテーマパークみたいな可愛らしい外観が印象的な建物で、バルセロナの定番人気の観光スポット。

 

入館料はオンライン予約で少し安いチケットで、大人1名25ユーロ(約3,000円)。個人的には見ごたえのある建物だと思いましたが、それにしても少々高いなという印象。

 

15ユーロくらいなら★3つだったかなという感じ。

 

詳しくはこちらをご覧ください。

 

カサ・ミラ

バルセロナ【ガウディ建築Casa Milà】

1つ前にご紹介した「カサ・バトリョ」のすぐ近くにある、こちらもガウディ建築の世界遺産。カサ・ミラもバルセロナの定番観光スポットのひとつです。

 

距離的にカサ・バトリョとカサ・ミラは同じ日に周れるという点では良いですし、ガウディ建築と言っても雰囲気は違うので、それぞれ見ごたえがあります。ただこちらも個人的には入館料がちょっと高い。

 

オンライン予約で少し安く購入して大人1名22ユーロ(約2,500円)。カサ・バトリョと合わせると、入館料で約5,000円となります。

 

ある程度お金にゆとりがあって、こういう建築物にも興味がある人にはなんてことない額かもしれないですが、若手や今ひとつ興味ない人には少々ツライかもと思うところ。3~4人でどちらも見学すれば合計1万5千円~2万になるわけですからね。

 

カサ・バトリョとカサ・ミラは何といっても外観が特徴的なので、外観だけ眺めて、その分食事を楽しむ方向にした方が賢明かもと思ってしまうので、★2つ。

 

詳しくはこちらをご覧ください。

 

カサ・ビセンス

スペイン・バルセロナ【Casa Vicens】

またしてもガウディ建築の世界遺産。ビセンスさんのご自宅です。

 

ここは入館料安くて、月曜日なら大人1名10ユーロで見学できます。ほかの建物とはまた全然違う外観で、僕は好きでした。ただ、だいぶあっさり見れてしまうわりに微妙な位置にあり、優先度をどこまで上げるかというと若干悩ましいところ。

 

僕はココを第一ポイントにして、次にご紹介する「グエル公園」含め中心地から歩いて見学したので、そういう周り方をするならとてもオススメ。

 

詳しくはこちらをご覧ください。

 

グエル公園

スペイン・バルセロナ【グエル公園】

パッと見テーマパークと見まがうほどのポップな空間。こちらもガウディ建築の世界遺産です。ガウディすごい。

 

Google Map基準で言えば、ガウディ建築の中ではサグラダ・ファミリアの次にレビューを集める人気観光スポット。中心地から少々距離があるけど、確かにだいぶ賑わってました。

 

子どもは楽しい場所かなと思うので、子連れは特に良いかもしれません。地図ではわからないですが、そこそこ丘の上にあるし、公園内も歩くし上るので、夏場は少々ツライかもですが。

 

これまでご紹介したガウディ建築のひとつと言えど、1つの建物ではなく、エリアとして楽しめるのはまた違ったものが見れておもしろい。

 

詳しくはこちらをご覧ください。

 

カタルーニャ美術館

スペイン・バルセロナ【カタルーニャ美術館】

ヨーロッパに来てからこの手の美術館は10か所ほど行きましたけど、古代、中世、現代のものまで幅広く展示されてて、特に古代の展示品はココでしか見れないようなものもあり、見ごたえある美術館でした。

 

日本語の音声ガイドも借りられるので、それを聞きながら見学するのがオススメ。バルセロナは観光スポットたくさんありますし食事も楽しい街なので、美術館は優先度低くなってしまう人も多いかと思いますが、もし時間あるようであれば美術館行くのも良いですよ。

 

日本とは全然違う歴史を見ることができて、なんでこんなに宗教が浸透してるんだろう?とか、別の観点からヨーロッパのことに触れるキッカケにもなります。

 

詳しくはこちらをご覧ください。

 

サン・パウ病院

スペイン・バルセロナ【サン・パウ病院】

病院?ガウディ建築?と思うような、ファンタジーな雰囲気のある建物が並ぶ病院跡地で、世界遺産のひとつです。2009年まで病院として機能していた建物。

 

リュイス・ドメネク・イ・ムンタネーという、バルセロナの建築学校の教授でガウディの先生だった人が設計したもの。約100年前のバルセロナではこういう建築が流行ってた模様。

 

ガウディ建築と大枠の括りは同じなんでしょうけど、内観はまた全然違うし、コレが病院だったんだと思うとユニークだなぁと感じるばかり。

 

詳しくはこちらをご覧ください。

 

オススメ度:★

バルセロナ水族館

スペイン【バルセロナ水族館】

バルセロナの海沿いにある、江ノ島水族館的な水族館。

 

ヨーロッパでは最大級の水族館らしく、僕はすごく久しぶりの水族館だったので楽しめましたが、正直ココでなければ見れないような目新しい生き物はいなかったような。悪天候の時の観光スポットとしては良いかと思いました。

 

詳しくはこちらをご覧ください。

 

ティビダボ遊園地&サグラット・コール教会

スペイン・バルセロナ【サグラット・コール教会】

最初にご紹介したムンジュイック城よりも高い丘の上にある、ティビダボ遊園地&サグラット・コール教会。とにかく眺めが良いのが最大のポイントで、子連れであれば遊園地が楽しいこと間違いなし。

 

中心地から直行バスで30分くらいかかりますが、晴れの日にはなかなか良いものが見れる場所でオススメです。ただ、遊園地は毎日営業してる時期もあれば、週末だけ営業してる時期、丸々休館してる時期もあり、バルセロナに行くタイミング次第。

 

詳しくはこちらをご覧ください。

 

ミロ美術館

スペイン・バルセロナ【ミロ美術館】

スペインの有名画家ジョアン・ミロの現代美術館。ムンジュイック城からの流れで行ける場所にあります。

 

ざっくりイメージ的には箱根にある「彫刻の森美術館」的な感じ。とりあえず僕には少々理解が難しかったのは事実。ピカソ美術館もそうですが、普段触れないことに触れるのも旅行の醍醐味かなと思います。

 

すごく評価のある美術館ですし、せっかくならムンジュイック城の帰りにでも立ち寄ってみてはということで★1つ。

 

詳しくはこちらをご覧ください。

 

番外編

タラゴナ

スペイン・タラゴナ

バルセロナから電車で1時間ほど南下した場所にある観光地。上の写真のようなローマ円形闘技場や大きな教会、遺跡後が街中に多々残ってて、ビーチも楽しめる街です。

 

数日の滞在だとバルセロナの中心地を観光するだけでやっとですが、何回目かのバルセロナという人はちょっと足を伸ばして、こういう景色を見に来ても楽しいかなと思います。小さな町なので、日帰りで十分観光しきれます。

 

詳しくはこちらをご覧ください。

飲食店情報

ブケリア市場内にあるレストラン、もしくは「Plaça Reial」という広場は、広場をグルっとレストランが囲うエリアになっていて、観光客で賑わっています。

Plaça Reial

バルセロナの雰囲気を楽しみながら食事はこのあたりで選ぶのが良いかなと思います。僕はブケリア市場では【BAR CENTRAL】というお店で食事しました。

バルセロナ【BAR CENTRAL】

 

小さいタコのソテーみたいな料理が旨しでした。

バルセロナ【BAR CENTRAL】

 

Plaça Reialという広場のレストランは【Les Quinze Nits】という、日本人にも大人気のレストランに行きました。

 

イカ墨パエリア!

Bo De Boqueria】というレストランも良かったです。

 

クラフトビールが飲みたい人には、【Kælderkold

【Kælderkold】

 

もしくは、【Craft Barcelona】がオススメです。

【Craft Barcelona】

ハンバーガーが食べたい人は【Kiosko】がオススメ。

 

カフェも充実してるので、カフェ巡りも楽しいですよ。以下ノマドワークできるカフェとして特集してますが、作業目的じゃなくても十分

バルセロナのオススメ旅行プラン

1週間(5泊7日)の旅行想定で、5日間分の行動プランをご紹介します。

なるべく近いエリアはまとめて、あまり歩き過ぎてクタクタにならない程度をイメージしてるつもりです。※1日目~5日目としてますが順不同です。

1日目

午前:ブケリア市場
ランチ
午後:グエル邸
海沿いを散歩
ディナー

できればこの日を木曜日にして、どこかで時間を作ってピカソ美術館に行きたいところ。

2日目

午前:サグラダ・ファミリア
ランチ
午後:サン・パウ病院
カフェでゆっくり
ディナー

3日目

午前:カサ・バトリョ
ランチ
午後:カサ・ミラ
ショッピング街なのでショッピング
ディナー

4日目

午前:カサ・ビセンス
ランチ
午後:グエル公園
カフェもしくはビアバーで休憩
ディナー

5日目

午前:ムンジュイック城&ミロ美術館
ランチ
午後:カタルーニャ美術館
ディナー

観光する時の注意点

スリに気を付けよう

ヨーロッパ全体的によく言われることですが、日本に比べてスリや置き引きの軽犯罪が多いです。

 

無理矢理荷物を奪い去るような強引な手段は少なく、集団行動で1人が話しかけて注意をそらし、仲間がそっとバッグから財布を抜くような手口が多いよう。

 

警戒心を持っておくことは大切ですが、どこにいても警戒が必要なほど治安が悪いわけではありません。リュックを体の前で持つとか意識すれば全然大丈夫。

外に自販機がない

これは海外あるあるだったりするんですが、外に自動販売機はありません。どうやら壊されて中身が持って行かれるとか、自動販売機ごと持って行かれるようなことがあるらしく、空港とかでたまに見かけるレベルです。

 

グエル公園のような歩きが多くなる場所に特に夏場行くようであれば、どこかで飲み物調達してから行きましょう。

スペイン料理は結構味濃い

いろいろ食べてる中でちょいちょい感じたのが、味の濃さ。タパスは安いけどボリュームも少ないので、日本の居酒屋感覚でアレコレ注文しがちですが、味が濃くてボリュームの割に食べきれなかったことが何回かありました。

 

食べ始めはすごく美味しいんですけどね、コロッケなんか親指サイズの小さなものですが2~3個食べたら十分満足できると思います。最初に注文し過ぎないようお気をつけください。

海外旅行に役立つサイト

以下すべて日本語対応のサイトです。

航空券ならスカイスキャナー

航空券を調べる時の鉄板比較サイト。僕は行ったことない国や都市に行く時は、大体とりあえずスカイスキャナーで調べます。



ヨーロッパを鉄道で移動する時はレイルヨーロッパ

ヨーロッパ内の移動は飛行機よりも鉄道の方が早くて安かったりします。僕はベルリンからチェコのプラハに行った時に鉄道で移動しました。今度アムステルダムからパリへの移動も、鉄道使います。

ホテル予約ならBooking.com

ホテル予約したい時の鉄板サイト。ホテル探しはBooking.comで十分。


ホテル以外に泊まりたい人はAirbnb

僕はAirbnbもめちゃめちゃ利用します。個人的には短期宿泊はホテル。長期宿泊はAirbnbで使い分けることが多いです。Airbnbについて、詳しくは以下ご覧ください。

レンタカーはイージーレンタカー

海外のレンタカー予約サイトの定番。


おわりに

バルセロナと言えばサッカーでしょ!

 

という人も多いと思いますが、残念ながら僕はサッカーのことがわからないので、サッカー観戦はしませんでした。でも、滞在期間中にFCバルセロナVSレアルマドリード戦があって、公式サイトでチケット販売してるのをたまたま確認したので、購入は試みました。

 

結局、競争率が高くて全然購入できず終わりましたが。数千円で観戦できるのかと思ってたら、200ユーロ(約2万4千円)くらい平気でするんでビックリしました。またバルセロナ行く機会があれば、サッカー観戦もしてみたいと思います。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事