ベルリン・カフェ【ROSTSTATTE】
スポンサーリンク

ドイツはベルリンで暮らし始めて7か月目。

こちらに来てから毎日欠かさずのコーヒー習慣を、お気に入りのコーヒー豆を売ってるお店や街の情報踏まえてご紹介したいと思います。

コーヒーの準備アイテム

 

正式名称はわかりませんが、
左が豆を粉末状にするやつ。グラインダーというんでしょうか。
右がエスプレッソを作るやつ。

 

アイスラテ

完成はこんな感じ。
アイスラテで飲むことが多いこの頃です。

コーヒーのお供

ドイツの大手スーパー【REWE】で売られてるベルギーワッフル。
コレが最高にコーヒーに合うのでオススメです。

5個入りで200円くらいとコスパも良い。

使ってるコーヒー豆

 

SINFONIA」と「SANTIAGO」の2つを主に使ってます。

 

・SINFONIA:こちらはアイスラテに合う豆。

・SANTIAGO:こちらはアイスラテにもアイスコーヒーにも合う豆。

 

どちらも美味しくてオススメの豆です。

コーヒー豆を売ってるお店と街の情報

コーヒー豆を売ってるお店がある街【Hackescher Markt】

ドイツ・ベルリン【Hackescher Markt】

ベルリン中心地にある駅のひとつ【Hackescher Markt

 

僕がベルリンに来て最初に降り立った場所です。

 

駅降りてすぐにユニクロと無印良品があります。

ドイツ・ベルリン【Hackescher Markt】

ショッピングモール【Hackesche Höfe】

Hackescher Markt駅から歩いてすぐに【Hackesche Höfe】というショッピングモールがあって、この建物の中が中庭になってて、コーヒー豆を売ってるカフェが入っています。

なかなかオシャレな雰囲気で素敵です。

 

ショッピングモールの中には映画館もあって、「RAMEN SHOP」という松田聖子が出てる邦画も上映中(2019年6月)。

 

Hackescher Markt駅から徒歩3分くらいです。

コーヒー豆を売ってるお店【ROSTSTATTE】

オシャレで清潔感のある良いカフェ。

 

日本にいた時、コーヒーと言えば「ブラック」でしたが、オーストラリアやドイツ生活でブラックコーヒーを飲むことはだいぶ減りました。たまに自分で淹れるくらい。

みんな基本「ラテ

 

ホットでブラック(アメリカンとか)は普通にありますが、アイスのブラックコーヒーはそもそもメニューに無いことも多々あります。

なぜアイスのブラックコーヒーが一般的じゃないのかは不明ですが、アイスコーヒー頼むのは日本人か韓国人くらいとカフェの店員が言ってました。

 

場所はこちらです↓↓

番外編:最近ハマってるケバブ

 

ベルリンにはケバブ屋さんがめっちゃあります。

最近はちょくちょくケバブ食べるようになりました。1つ3.8ユーロ(500円以下!)
コスパも良いし、野菜盛り盛りなのが素敵。

こう見るとあまりボリューム無いような感じがするかもしれませんが、マックのハンバーガー3つ分くらいの重量あります。

 

ドイツと言えば!の「ソーセージ」売ってるお店もたくさんありますけど、ソーセージはそんなに食べません。飽きる。

おわりに

ベルリンに来る人やベルリン生活中の人で、コーヒー好きな人はぜひ「ROSTSTATTE」行ってみてくださいね。

またオススメのお店紹介したいと思います。ではまた。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事