ベルリンのボトルショップ【Getraenke-HOFFMANN】
スポンサーリンク

3夜連続冷製パスタを食べてる僕です。パスタで冷やし中華作るとめっちゃ美味しいのでオススメ。

 

さて今回は、ベルリンにある大手ボトルショップ(酒屋)【Getränke-HOFFMANN】についてご紹介したいと思います。

Getränke-HOFFMANNとは

読み方は「ゲトレンケ-ホフマン」。ゲトレンケはドイツ語で「飲料」という意味だそう。

 

「aの上のちょんちょんは何?」
→知りません。

 

ドイツ国内で455店舗ある飲料専門の大手小売チェーン。1966年創業の老舗で、約7,000点もの商品を取り扱っているようです。

 

オーストラリアはコンビニやスーパーでお酒の販売が無いので、お酒はボトルショップに行かなければ買えませんが、ドイツはスーパーでビール・ワイン・リキュールが普通に売られているので、スーパーで調達することもできます。

 

でもスーパーは、一部の店しかクラフトビールは扱ってなかったり、ワインやリキュールの種類がすごく限定的だったり、個人的には少し物足りなさを感じていました。

 

街にはビール専門店やワイン専門店がありますが、店舗数はあまり無いので、買いに行くのは結構面倒。

 

そんな時に見つけたのが、【Getränke-HOFFMANN】です。

Getränke-HOFFMANNの内部

ビールが鬼ほどある

 

クラフトビールもあって、品揃えはかなり豊富。
写真を見てもらえばわかると思いますが、まとめ買いにも適したお店です。

 

ちなみに僕オススメのビールは、上のPALE ALEとIPA。ドイツの【MAISEL&FRIENDS】というブリュワリーのビール。

 

味が良いのももちろんですが、なんと言っても「コスパが良い」。1本(0.33ℓ)1.15ユーロなので、約120円。

 

さすがビール大国は安い!」と思うかもしれませんが、スーパーにあるビールたちは1本(0.5ℓ)で1ユーロ以下。日本でいうと、ロング缶1本で100円みたいな感じ。

 

なので1本(0.33ℓ)1.15ユーロでも、高い方です。でも、PALE ALEやIPAは、スーパーの一般的なビールの種類にはないので、PALE ALEやIPAが飲みたければクラフトビールを買うしかありません。

 

ほかにもたくさん種類がありますが、ほかはどれも2~2.5ユーロするので、さらに倍!MAISEL&FRIENDSの手軽さには敵いません。

水も鬼ほどある

 

水はドイツ語で「WASSER:ヴァッサー」だそうです。なぜか水がめちゃめちゃ種類豊富。炭酸水ではなく、普通の水が欲しい時は「Still」と書いてある水を選びましょう。

ワインも十分

 

その辺のスーパーに比べれば、2~3倍種類があります。ドイツ産のワインも多いし、買いやすい価格のものが多くて良い感じ。

リキュールも十分

 

そろそろジントニックかな。と思っちゃいます。

ジュースも十分

 

美味しそうなフルーツジュースがたくさん。

おわりに

普段お酒を飲む人で、僕のように「スーパーに売ってるものは飲み飽きちゃった...」という人は、ぜひ【Getränke-HOFFMANN】を探してみてはいかがでしょうか。友達とBBQとかパーティーするのに、飲み物たくさん買い揃えたい!という時にも便利です。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事