イタリア・ローマ【サンタンジェロ城】
スポンサーリンク

ローマの観光名所【サンタンジェロ城】に行ってきた記録をご紹介します。

サンタンジェロ城とは

イタリア・ローマ【サンタンジェロ城】

「Sant'Angelo」と表記するのでサント・アンジェロと分けるところ、発音上”サンタンジェロ”になってる、「Los Angeles」をロサンゼルスと発音するような感じ。

 

ローマ帝国の皇帝ハドリアヌのお墓として139年に完成し、その後は要塞や牢獄として使用され、1933年以降は博物館として一般公開されています。

 

ヴァチカン市国はサンタンジェロ城からすぐのところ(700メートルほどの距離)にあり、サンタンジェロ城の城壁通路とサン・ピエトロ大聖堂は繋がっている。映画「天使と悪魔」の最後の方にサンタンジェロ城が登場するんですが、実際トム・ハンクスがその城壁通路を通ってサン・ピエトロ大聖堂まで行くシーンがあります。

 

営業時間
月曜日~日曜日(定休日なし)
9時~19時30分

 

入場料
大人1名:15ユーロ

僕が行った感覚ではオンライン予約不要ですが、念のためという方は以下の公式サイトから予約可能です。公式サイトでも「20人以上のグループおよび学校に推奨」と記載があるので、2~3人の観光であれば直接行って問題ないと思いますが。

オンライン予約はコチラ:サンタンジェロ城

ちなみに、10月~3月の第一日曜日は無料で入場できるようです

 

見学所要時間の目安
1時間程度

 

場所はこちら

サンタンジェロ城の内観

牢屋としての利用もあったとされていますが、牢屋感ある扉がチラホラ。

イタリア・ローマ【サンタンジェロ城】

美術館で見るような、こんな煌びやかな部屋もあったり。

イタリア・ローマ【サンタンジェロ城】

城の上部まで上れるので、景色も眺められたり。

イタリア・ローマ【サンタンジェロ城】

城の頂上にいるのは大天使ミカエル。剣を鞘に収めようとしてるところらしい。

イタリア・ローマ【サンタンジェロ城】

内部の通路はこんな感じ。この場所も映画「天使と悪魔」で登場しました。

イタリア・ローマ【サンタンジェロ城】

おわりに

139年に完成した後に何度か改築というか増築あっての現在の形のようですが、パンテオン、フォロ・ロマーノ、コロッセオなど、今から1800年以上前の建物が山ほど残ってるローマはすごい。

 

サンタンジェロ城すぐ隣に「Corte Suprema di Cassazione」という最高裁判所があるんですが、ここの外観もなかなか迫力あるので、サンタンジェロ城行く人はこちらもチラッと見ることをオススメします。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事