コーヒー通による大手コンビニ3社のコーヒー飲み比べ比較【ブラックコーヒー編】
スポンサーリンク

コーヒーがとても好きな僕です。どんなに忙しくても、二日酔いでも1日1杯は欠かせません。基本的には。

 

昨今の新型コロナウイルスの影響で、世の中なにかと自粛ムード。

 

本当はあちこち行ってカフェ開拓どんどんしていきたいですが、今実家に居させてもらってる身。僕が1人感染するならまだしも、こういう子もいますので、どっか飲み行ったりの外出は週1程度にしてます。

とは言え、家にずっといて仕事しててもなかなか集中力が持ちません。なんかできることないかと考えてた時、家の近くに大手コンビニ3社(セブンイレブン、ローソン、ファミマ)があることを思い出し、コーヒー飲み比べ比較でもしてみようと思い立ちました。

 

ジャッジは世界のコーヒーをそこそこ飲み歩いてきたコーヒー通こと僕と、ちょうど家にいた妹。10分以内にすべてのコーヒー買ってるので、ほぼハンデはないと考えて良いかと思います。

コーヒー飲み比べ1:ブラックコーヒー(ホット)

すべて税込み100円。超安い...。

 

ジャッジ僕
1位:セブンイレブン
2位:ファミマ
3位:ローソン

 

ジャッジ妹
1位:セブンイレブン
2位:ファミマ
3位:ローソン

 

正直気にするほど差はないかなって感じ。特にセブンイレブンとファミマはかなり近い印象でした。100円で提供されててアレコレ言うなって話かもしれないですけど、無難としか言いようがない味。コクとか酸味とかそういうことではない。

コーヒー飲み比べ2:ブラックコーヒー(アイス)

こちらもすべて税込み100円。安いですね。セブンイレブンとファミマはホットのカップのような飲み口になっていて、ストローなしで飲める環境に優しい仕様(セブンイレブンはストロー欲しいと言えば紙のストローくれる)。

 

ジャッジ僕
1位:ファミマ
2位:セブンイレブン
3位:ローソン

 

ジャッジ妹
1位:セブンイレブン
2位:ファミマ
3位:ローソン

 

アイスにすると僕はファミマの方が美味しかった印象。ただこちらもセブンイレブンとファミマはやはり似てます。甲乙つけがたい。ローソンは飲み比べるとちょっと違うかなって感じ。妹はぎょうざの臭いする!と申しておりました。細かいこと言えば、マシンの洗浄の問題かもしれません。

 

余談ですが、カフェの街オーストラリア・メルボルンでは、ブラックコーヒーをロング・ブラックと良い、アイスの場合はアイスド・ロング・ブラックと言います。

 

メルボルンに住み始めた当初、僕はロング・ブラックばかり飲んでましたが、行きつけのカフェの店員さんに、「あなた日本人?」と聞かれて、そうだよと言ったら、「そうだと思った!ロング・ブラック頼むのは日本人と韓国人くらいだから」と言われました。

 

あちらの方々は基本ラテかフラットホワイト。最初は「ラテって…」と思ってましたけど、試しに飲んでみようと思って飲み続けてたら、コーヒーはラテで飲んだ方が違いが分かりやすいし、美味しいのに出会ったときの感動が大きいと思うようになりました。

メルボルン【Calēre Coffee】

日本だとコーヒーはブラックで飲んだ方がシャキッとするし、大人っぽい的なイメージありますけど、メルボルン行ったらぜひラテ飲んでもらいたい。

 

ちなみにラテとフラットホワイトは似たようなもので、フラットホワイトの方がラテよりミルクの量が多めという違いです。どちらが良いかは完全に好みの問題。

おわりに

コーヒーは嗜好品なので、あくまで好みの問題ですけどね。こうやって同じタイミングで飲んでみると違いがわかるし、どこのコンビニのコーヒーが自分にとって好きかわかるのは意外と面白い。

 

本当はコーヒーはラテで飲むのが好きなんですけど、まずはブラックからかなと思ってブラックやってみました。次はラテ編や、各社プレミアムブラックコーヒー的なのも取り扱ってるので、その辺もやってみたいと思います。

 

ブラックで飲むのはイマイチでも、ラテにするとこっちの方が美味!なんてことはありますからね。

 

あとそのうち、ドトール・ベローチェ・タリーズ・スタバとかもやってみます。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事