クーポン有!オーストラリアで最近Uberよりも人気の【DiDi】タクシー配車サービスを比較
スポンサーリンク

僕の中でタクシー配車サービスと言えばUber(ウーバー)でしたが、1ヶ月前にメルボルンに戻ってからよく聞くようになったのが【DiDi(ディディ)】というタクシー配車サービス。

 

何がどう違うのか?どっち使った方が良いのか?

 

実際乗ってみた感想含めご紹介します。お得なクーポン情報もありますので、初めて利用する人はぜひご利用ください。

DiDiとは?

DiDiは、滴滴出行(ディディチューシン)という中国の北京市に本社を置く、中国の大手ライドシェア企業が提供するタクシー配車サービス。中国の400都市の4億人以上のユーザーへ交通サービスを提供している、別名「中国版Uber」。

 

オーストラリアでは以下の都市で現在サービス提供されてる模様。
・Melbourne(メルボルン)
・Geelong(ジーロング)
・Newcastle(ニューキャッスル)
・Brisbane(ブリスベン)
・Gold Coast(ゴールドコースト)
・Sunshine Coast(サンシャインコースト)
・Perth(パース)

※詳細はDiDiオーストラリアのHPをご覧ください。

 

日本でも滴滴出行とソフトバンクの合弁会社、DiDiモビリティジャパン株式会社が約20都市でサービス提供中です。

DiDiとUberはどっちが良い?

乗車料金は時間帯によっても違うので、正確に比較するのは難しいですが、DiDiの方が少々安いようです。

以下グーグルマップで行き先を検索したときのスクリーンショットです。DiDiとUberのざっくり金額も表示されますが、DiDiの方が少々割安。

アプリの使用感や配車スピードはどちらも同じようなもの。Uberの方が特別優れてることはないと感じました。単純に金額勝負かなーと思うので、どちらのアプリも持っておいて、金額比較して適宜使い分けられるのが1番賢いと思います。

DiDiのクーポンコード

https://d.didiglobal.com/qMmcqQJ8d8WqS?shareChannel=inviteCode

上記から進むと、20ドル分のバウチャーが得られるようですので、まだDiDiを使ってない人はぜひこちらから登録に進んでください!

おわりに

オーストラリアではメルボルン以外でDiDiもUberも使ったことないですが、メルボルンはドライバーの数が多いので、5分もあれば大体来てくれます。

 

2〜3人いればトラムでちょっと移動したり、空港まで行くにもスカイバスを使うのとDiDiやUberで行くのは金額変わらない、もしくは安いこともあるので、「タクシーだから高そう」という先入観は捨てて、活用することをオススメします。

 

そもそもUberが何?というのは以下でご紹介してますので、参考までに。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事