【ドイツ生活の記録】住民登録に行ったらババアにキレられた件
Nopse / Pixabay
スポンサーリンク

そろそろ小説を書いてみたいと思ってる僕です。

仕事でライターやったり、こうしてブログで書いたり、次の書き物は物語挑戦してみたいなと。ネタはあるんですけどね。構成が難しい。

 

さて今回は、ベルリンに到着して間もない頃に「住民登録」というのを済ませたのですが、その時の話をご紹介します。

住民登録とは?

ベルリン

日本で言うところの住民票登録ですね。

ドイツでは住む場所が決まったら、住民登録をしないといけない決まりになってるみたいで、ドイツに行く前の調べでは、住民登録をしないと、

・携帯のSIMカードを販売してもらえない
・銀行口座が開設できない
・仕事ができない

という、生活不能レベルのデメリットがあることがわかっていました。

 

ただ、おそらくこの情報は流動的な部分がある&モノによって住民登録の有無が関係ないんだろうなということがわかりました。というのが、

・携帯のSIMカードを販売してもらえない→パスポートの提示で購入できた
・銀行口座が開設できないパスポートの提示で開設できた
・仕事ができない→今フリーランスだから関係ない

 

仕事のことに関しては、ベルリンに来てからフリーでやることに決めたので後付けですけど、SIMカードと銀行口座はパスポート提示のみでいけました。

※具体的にどこのSIMカードで、どこの銀行口座でっていうのは別記事でご紹介します。

 

僕みたいな生活スタイル&一時滞在者であれば、正直やらなくてもいい気はしますが、これをやってたおかげで、財布の紛失があった時に、警察がわざわざ家まで財布を届けてくれたということがありました。

住民登録の流れ

  1. 家を決める
  2. オーナーから”Einzugsbestätigung”にサインをもらう
  3. 役所に予約を入れる(https://service.berlin.de/dienstleistung/120686/
  4. 役所で手続きして完了

 

何点か補足します。

Einzugsbestätigungはその住所に住んでいる証明で、オーナーからサインをもらえばOK。僕の場合はオーナーが用意してくれました。

 

ベルリンでの家探し記事でもほんの少し触れたんですが、Einzugsbestätigungサインをもらえる物件・もらえない物件があります。なぜサインもらえない物件があるのか、理由は不明ですが、入居の条件確認の際に、「住民登録が可能か?」これは必ず聞きましょう。

 

前はホテルとかでも対応してくれたみたいですが、最近はできないようです。

 

役所は予約が無いとなかなか対応してくれないようですので、予約して行くのが無難。役所はたくさんありますが、どこで予約してもOK。中心地のアクセスが良いところは予約が取りづらいですが、それ以外ならわりとすぐに予約できます。

住民登録に必要なもの

  1. 住民登録用紙
  2. Einzugsbestätigung
  3. パスポート

 

登録用紙の書き方は、以下の優良サイトを確認しましょう。
https://kaorukigoshicom.ipage.com/blog/anmeldung-2017/

住民登録の当日

役所に予約すると、メールで自分の予約番号が返信されます。

日本の役所でも待ち合いの場所に電光掲示板があって、順番来たら番号表示されるのありますよね?あんな感じになってます。

 

書類さえちゃんとしてれば特に難しいことは何もなくて、ただ書類渡すだけという感じ。

 

ただ僕の場合、なんか住所について聞きたいことがあったみたいで、ドイツ語で質問されました。「ドイツ語がわからないので、英語でお願いできますか?」これは完全に無視され、再度ドイツ語での質問。

 

もう1度、「ドイツ語がわからないので、英語でお願いできますか?」と言うと、舌打ち。

で3回目のドイツ語の質問。(笑)

 

これはどういうことだろう...?
もう1度「ドイツ語がわからないので、英語でお願いできますか?」って言ったら結構荒れそうだな...。と思って、ちょっと黙ってみたんです。

 

深いため息の後、顔赤くして机バンバン叩きながらキレました。

 

うそでしょ。

何言ってるかわからないけど、おそらく散々罵詈雑言を浴びせられた結果、気付いたら住民登録完了してました。こういうプレイだったんですかね。

 

住民登録はドイツを離れる時に”抹消手続き”が必要ということで、また役所に行かないといけない...。またなんか言われるのかな。

おわりに

住民登録しに行ったというか、ババアにキレられに行ったというか。

同様のことが郵便局でもありました。ドイツ人のババアで英語がわからない奴には要注意。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事