ベルリン
スポンサーリンク

生しらすアレルギーだと思い込んでる僕です。そんなんあるの?ってよく言われますけどね。生しらす食べた後、2回連続お腹壊してるんで間違いないです。

 

さて今回ですが、海外にいてよく感じる、日本人と外国人の「食」に関する違いについて、諸々まとめてご紹介したいと思います。

日本人と外国人の「食」の違い

日本料理、中国料理、イタリア料理、フランス料理...と、国によって食べるもの、食文化は違うのは知られてることですが、違うのって食べるものだけじゃなくて、好き嫌いや食べ方、作法も違います。

 

現代の小さい子はどうかわかんないですけど、一般的に日本人は、
・出されたものは米粒ひとつ残さず食べよう
・好き嫌いしないで食べよう
・口をくちゃくちゃ言わさないで食べよう

食事の基本スタンスはこんな感じだと思います。

 

日本の人って結構何でも食べれる人多いですよね。多少苦手くらいだったら食べようって感じがあります。僕はパクチー以外基本食べられます。

 

でも、外国の人って結構違うんです。もちろん人や国によって違うので一概には言えないですが、以下のようなイメージ。
・嫌いなものは食べない=食べたいものだけ食べる
・嫌いじゃなくても食べたい気分じゃないものは食べない
・どこでも食べちゃう
・すする音がNGだったり、くちゃくちゃ言わせたり

・〇〇タリアンがめっちゃいる

 

以下もう少し具体的に説明します。

ベルリンの壁

嫌いなものは食べない=食べたいものだけ食べる

まず基本スタンスが全然違います。特に欧米系ですかね。食べたいものだけ食べる、飲みたいものだけ飲む。昼ハンバーガー、フライドポテト、コーラ。夜ステーキ、フライドポテト、ビール。みたいな。

 

だからだと思うんですけど、日本では見たことないような、BMIどうなってんの?という巨漢がたくさんいて、日本人のぽっちゃりは痩せてる~普通の部類に入ります。

 

ちなみに、世界保健機構のデータによると、世界の成人の肥満率は、
日本:5%以下
・アメリカ:約32%
・オーストラリア:25%
・イギリス:25%
・ドイツ:21%

という感じで、全然違います。

嫌いじゃなくても食べたい気分じゃないものは食べない

例えば僕が働いてたレストランに「豆腐サラダ」があったんですけど、どんなものか大体想像つきますよね?グリーンサラダに豆腐が乗ってるみたいな、居酒屋さんでよく見かけるアレです。

 

それを注文されたので出したら、きれいに豆腐の部分しか食べない。みたいなことです。

 

「サラダも別に食べれるけど、食べたいのは豆腐だけなの。あとはいらない。」ということですね。どっさりサラダ残ってる状態で「もう下げて大丈夫。」ってまぁよく言われました。日本人にはなかなかない発想ですよね。

どこでも食べちゃう

外国の人でも女の人に多い気がしますが、よくフルーツ食べるんですね。リンゴとか。電車内とかトラム内、あとは歩きながら”シャリシャリ”言わせながら丸ごと食べてます。

 

これ見た時は、海外だな~と思いましたね。女の人が1人でリンゴかじってるって、結構かっこいいなと思っちゃいます。

 

この前電車内で、女の人が1人でピザ食ってるの見た時は結構衝撃受けましたが。手にめっちゃソース付いてるけど...みたいな。

すする音がNGだったり、くちゃくちゃ言わせたり

作法面の話です。たぶん主に欧米でのことですけど、スープや麺を”ズズズ”とすする音というか、行為がNGというのは結構メジャーなことですかね。ドイツだと人前で鼻をすするのもNG行為。

 

韓国だと、くちゃくちゃ言わせることが”美味しい”を表現してるらしく、くちゃくちゃ食べる人が実際多いです。この話を聞く前は隣で食べるの結構しんどかったですけど、事情がわかってると多少軽減されます。

 

あとは中国だと残しちゃうくらいの量を注文するのが良いとか、フランス料理のナプキンは帰りにぐしゃっとして帰るのが「たたみに来る=また来るよ」という意味だったり、いろいろあるんですよね。

〇〇タリアンがめっちゃいる

ベジタリアンは聞いたことありますよね。僕ももちろんベジタリアンの存在は知ってましたけど、日本で知り合いにベジタリアンの人が1人もいないので、正直都市伝説くらいに思ってましたが、めちゃめちゃいます。

 

しかもベジタリアンの中でも種類があるし、〇〇タリアンってほかにもあって、本当最初は覚えるのに苦労しました。なんでこんな好き嫌いあんの?みたいな。詳しくは以下ご説明します。

ベジタリアンの種類

ベジタリアンの定義は、 肉、魚介類及びそれらの副生成物含有食品を食べない者※含有物は、ラード、ゼラチン、肉エキス、鰹節・イワシ・エビの出汁などなど。

 

その中から、さらに以下4つに分類されるようです。

  1. ベジタリアン乳製品・卵・ハチミツは食べる
  2. ラクト・ベジタリアン:乳製品・ハチミツは食べるが、卵は食べない
  3. オボ・ベジタリアン:乳製品・卵は食べるが、ハチミツは食べない
  4. ビーガン:乳製品・卵・ハチミツのどれも食べない

なんか紛らわしいですけど、ビーガンが1番徹底してる人たち。

 

ベジタリアンって菜食主義なので、肉や魚が食べられないわけじゃなくて、”食べないようにしてる”なんですよね。本当に苦手な人もいれば、宗教の関係で豚肉が食べられない人もいるんですけど、”ベジタリアン気取り”というか、”ファッションベジタリアン”も多いんです。

 

ベジタリアンって言うからベジタリアンとして対応してたら、ツレが注文した肉や魚食べてるみたいな。美味しそうだから1口食べたとか、今日は食べていいみたいな、適当な人もたくさんいます。

世界のベジタリアン人口

日本:4.7%
・アメリカ:9.3%
・オーストラリア:11%
・イギリス:14%
・ドイツ:10%
・中国:4~5%

・台湾:14%
・韓国:1%

ベジタリアン以外

  • フルータリアン果物、トマト、ナッツ等、木に実る食品のみ食べる
    1. ペスクタリアン牛・豚・鶏など食べず、魚介類・卵・乳製品を食べる
    2. グルテンフリー小麦・大麦・ライ麦などを食べない

     

    グルテンフリーは、麦にあるタンパク質「グルテン」を食べない食制限。”セリアック病”という免疫疾患の症状悪化を防ぐために食べない人もいれば、ダイエットのためという人もいます。炭水化物抜きダイエットみたいな。

     

    男子テニスのランキング1位N.ジョコビッチは、不調だったシーズンにグルテンフリーの食生活に変えたことで復調したと言ってました。

     

    フルータリアンはまだ出会ったことありませんが、それ以外はすべて出会いました。これ以外にもナッツアレルギーとかオニオン食べられないとか、本当世の中いろんな人がいます。

    おわりに

    食べ物で言うと、生ものを食べる習慣は本当日本独特のことなんだなということがよくわかりました。

     

    日本食ブームの昨今、どこにでも寿司屋とかありますけど、それでも生魚を食べるなんて考えられないって人結構いますし、鶏肉の刺身とか、ユッケとか、生卵とか、外国の人からしたらそんなもの食べるの?って思うんですよね。

     

    そう考えると日本の食文化ってやっぱすごいなって思います。発想も、鮮度の管理とか技術とか。

     

    いろんなもの食べる文化だったり教育が、偏った食事になりづらくて、肥満も少なく、ご長寿国になってるんですかね。海外にいる日本人誰もが言う「食事は日本の方が良い」というのは本当同感。納豆食べたい。

    スポンサーリンク

    Twitterでフォローしよう

    おすすめの記事