スポンサーリンク

ローマに数ある観光名所のひとつ【世界遺産フォロ・ロマーノ】に行ってきた記録をご紹介します。

フォロ・ロマーノとは?

イタリア・ローマ【フォロ・ロマーノ】

コロッセオのすぐ隣に位置する、古代ローマ帝国時代の街の遺跡が残る場所。

 

フォロ・ロマーノは、ラテン語のフォルム・ロマヌムForum Romanum)のイタリア語読みとされていて、日本語で言うと「公共広場」という意味。

 

古代ローマの中心部で、紀元前6世紀頃~293年までの間、国家の政治・経済・宗教の中心地として存在していた。下水道も引かれていたらしい。当時の再現画像は以下(Wikipediaより引用)。

フォロ・ロマーノ3D(Wikipediaから引用)

紀元前6世紀の日本は縄文時代晩期。今から2500~2600年前にこれですからね。ローマ帝国が当時どれほど進んでいた国だったかが伺えます。

フォロ・ロマーノ見学について

イタリア・ローマ【フォロ・ロマーノ】

営業時間
月曜日~日曜日(定休日なし)
8時30分~19時15分(時期によって変動あり)

10月末~12月末までの冬季は~16時30分までと短く、その後も~17時までだったり、時期によって細かく変わるよう。

 

入場料
大人1名:12ユーロ(現地購入価格)
オンライン予約は1名14ユーロ

入場料はコロッセオ、パラティーノの丘と3か所周れる共通チケットです。コロッセオの記事でも紹介してるので、よろしければ以下もご覧ください。

 

見学所要時間の目安
1時間程度

 

場所はこちら

コロッセオのすぐ隣にあります。

フォロ・ロマーノの写真

右奥に見えるのがコロッセオです。

イタリア・ローマ【フォロ・ロマーノ】

フォロ・ロマーノの大きさは、東西約300メートル、南北約100メートルとかなりデカイ。この遺跡の発掘は19世紀に入ってから行われたそうです。

 

遺跡上部にはこんなかわいらしい道もあったり。

イタリア・ローマ【フォロ・ロマーノ】

ヨーロッパらしからぬは、遺跡の途中に自動販売機ルームがあること。

イタリア・ローマ【フォロ・ロマーノ】

水飲み場?なんか洗うところ?何かよくわからないけど、水が垂れ流しになってる場所。ローマはこの遺跡内に限らず公道でも、水が垂れ流しになってる蛇口がたくさんある。

イタリア・ローマ【フォロ・ロマーノ】

おわりに

コロッセオに引き続きのフォロ・ロマーノ見学でしたが、ローマの遺跡の残り方、そして古代ローマ人の知恵や技術は本当にスゴかったんだろうなぁと、見れば誰しも感じられるものだと思いました。

 

また、こんな規模の遺跡が首都ど真ん中にあるのがまたスゴイ。歴史に触れる旅をするならローマは最高です。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事