スポンサーリンク

アムステルダム旅行に続き、パリ旅行に突入。旅行の記録を日ごとにご紹介します。

パリ1日目のスケジュール

  1. 移動(アムステルダム~パリ)
  2. ルーヴル美術館
  3. ホテルに帰宅

移動(アムステルダム~パリ)

フランス・パリ

 

僕は、アムステルダム~パリは電車で行きました。

僕が乗った電車は、
・アムステルダム~パリまで3時間ちょい
・電車内Wi-Fiあり
・スーツケース置くスペースあり
・椅子フカフカで快適
・片道35ユーロ(約4,000円)

と、かなり条件良い電車でした。

 

レイルヨーロッパで予約できますので、参考までに。僕はレイルヨーロッパで予約しました。

レイルヨーロッパは日本語対応で、JCBカードも使えます。

ルーヴル美術館

フランス・パリ【ルーブル美術館】

 

フランス・パリと言えばコレ!フランスの国立美術館で、世界最大級の美術館。収蔵品は38万点。世界一の入場者数を誇る美術館で、2018年は年間1,000万人が訪れたらしい。

 

14:30にパリに着いて、この日は夕方からルーヴル美術館を見ることに費やすと決めて突撃。

 

ルーヴル美術館の開館は1793年。
代表作は
「モナ・リザ」
「ミロのヴィーナス」
「民衆を導く自由の女神」など

 

営業時間
水曜日~月曜日(火曜日定休)
9時~18時(水曜と金曜は21時45分まで)

所要時間
3時間程度(どの程度ちゃんと見るかによる)

入館料
オンライン購入:17ユーロ
美術館で購入:15ユーロ

オンラインでのチケット予約:ルーブル美術館(日本語対応)

チケットは美術館で購入した方が2ユーロ安いですが、行く時期や時間帯によってはめちゃめちゃ混むと思うので、オンラインで予約しておいた方が無難です。オンラインで予約すると、登録したメールアドレスにチケットが送られるので、それを入り口で見せれば入れます。

 

チケットは入場時間を指定して購入する仕組みになっています。午前中と夜の時間帯が比較的空いてるということだったので、水曜日の17:30~の入場にしました。

 

ルーヴル美術館は地下~地上階の計4フロアで、とにかく広い。アホほど広いです。

フランス・パリ【ルーブル美術館】

 

僕はルーヴル美術館めちゃめちゃ興味あったので、ある程度しっかり見ようと思って、4時間くらい滞在するつもりで行きました。結果としては20:30くらいに出たので、丸3時間くらいですね。

 

最初はゆっくりめに見てたんですが、途中で4時間あっても見切れるか不安になったので、ペース上げて周りました。休憩できるようにイスが至る所に設置されてるので、半日くらい時間があるなら少しずつ周っても大丈夫だと思います。

 

まずは見たい作品を見て、その後に順々に周ると良いと思います。

モナ・リザ

フランス・パリ【ルーブル美術館】

モナ・リザさんの人気は断トツ。

明らかに他の展示品とは別扱いされてて、遠くから見るスタンス。モナ・リザの周辺だけ警備も超厳重。

フランス・パリ【ルーブル美術館】

 

僕は20時くらいに見に行きましたが、その時間は空いてて、すぐにモナ・リザの目の前まで行くことができました。すごい距離行列できるように道が作られてたので、忙しいタイミングに行ったら1時間待ちくらいすると思います。

ミロのヴィーナス

フランス・パリ【ルーブル美術館】

 

教科書で見たことあるやつ。

民衆を導く自由の女神

フランス・パリ【ルーブル美術館】

 

この絵画が飾られてるエリアは迫力満点で、個人的には1番印象深かったです。

ナポレオン三世の居室

こちらナポレオンさんの居室。こんなピカピカの部屋でよく暮らせます。

 

フランス・パリ【ルーブル美術館】

 

ほかの写真は以下にまとめてますので、よろしければご覧ください。

 

場所はこちら

 

お土産のショップも見てたら出た時にはすっかり日が暮れてました。ディズニーランド行った後くらいの疲労感になりますので、それなりの気合いを入れて行くことをオススメします。本日の歩数は19,584歩(12キロ)。

 

フランス・パリ【ルーブル美術館】

パリで宿泊したホテル

フランス・パリ

 

パリ10区にある「LAFAYETTE」というホテル。

写真で見たよりもショボい。狭い。冷蔵庫ない。けど、安くてWi-Fiは良好なので、寝るだけだから宿代を浮かせたいと思う人にはオススメです。1泊37ユーロ程度(約4,000円)

 

場所はこちら

ホテルのアメニティ

ここのホテルに限らず、ヨーロッパのホテルは日本のホテルのようにアレコレ用意はありません。

歯ブラシ、歯磨き粉、カミソリ、ヘアブラシ、体洗うスポンジ】はありません。特に重要なのは歯ブラシですかね。ヨーロッパうろうろする時は、携帯歯ブラシを持っておきたいところです。

 

石鹸と髪がギシギシしそうなシャンプーは置いてあります。シャンプーとかは、小さいボトルに入れて日本から持参した方が良いと思います。

 

こちらも定番ですが、Booking.comで予約しましたので参考までに。


おわりに

ルーヴル美術館見た後、疲れて全然動けなかったですが、満足感はすごくて充実した1日になりました。2日目は凱旋門とエッフェル塔の観光を予定してます。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事