独身フリーランスのおすすめ作業場所は海外|仕事場を変えて楽しまないと損
スポンサーリンク

2年弱フリーランスやってる僕です。

 

2018年にフリーランスとして徐々に働き始め、ドイツワーホリ中に活動を本格化。その後、フランス、スペイン、イタリアとヨーロッパを転々とし、オーストラリアに行き、帰国してもフリーで働いています。

 

さまざまな場所でフリーランス生活してきた僕が、おすすめの作業場所についてご紹介します。

結論:独身のフリーランスは海外生活がおすすめ

僕の結論は海外生活して、海外の家やカフェ、図書館などを、観光がてら作業場所にしてしまうのがおすすめです。

 

海外生活と言ってもプチ移住でOKで、例えばワーホリ(基本的に最長1年間、現地で観光、仕事、就学など何して過ごしてても良いビザで、30歳までに申請することが条件のビザ)で行くのも良いですし、観光ビザでも多くの国は最長3ヶ月まで(イギリスは6ヶ月など国によってもっと長い)滞在できるので、観光ビザでも十分OK。

 

旅行ではなく、ワークとバケーションを組み合わせた「ワーケーション」スタイルに近いイメージです。

 

さすがに家族や子どもがいると難しい人が多いと思いますが、独身なら身動き軽いですからね。海外生活に興味ある人は行った方がいいですよ。

独身フリーランスに海外生活がおすすめな理由は?

1、家でも集中できるし、生活にメリハリがつく

なんと言っても大事なのはコレです。海外と行っても行く場所や行く期間によって選択肢が変わると思いますが、例えば僕の場合、ヨーロッパを転々としてた時は、Airbnbで1ヶ月単位で部屋を借りていました。

 

なぜかというと、ホテルに泊まるよりも圧倒的に安くて且つ、現地の家で生活できる面白みがあるからです。ホテルってどこ泊まってもあんまり新しさ、新鮮さないですけど、現地の家ってやっぱ違います。こんな暮らしなんだな〜って見えるので。

 

お金次第ですが、ホテルよりもラグジュアリーな部屋に泊まれることも。

自分の家だとどうしても気が散ったり、仕事専用のデスクとかないと集中できない気持ちもわかります。でも、他の家ならどうでしょう?自宅とはやっぱり感覚違いますよね。

 

あと、やっぱり海外に来たら外出たくなるんです。その辺のスーパーでも公園でも、すべてが観光でワクワクするので。そうなると、サッサと仕事終わらせて出かけようって自然とエンジンかかります。

 

転々とすることで、毎日がワクワク楽しい生活になるんですよ。最高です。

2、行動力が上がる

あちこち行って生活してれば、行動力上がります。自然とフットワーク軽く、いろんなことにチャレンジできるようになるキッカケにもなると思いますよ。

3、日本のパスポートは世界1

日本のパスポートは世界で最もいろんな国に行けちゃう優れもの。使わなくちゃもったいない。

4、出費が逆に減るかも

「海外で生活すると出費が増えて生活困りそう...」と思うかもしれませんが、海外転居届というものを役所に出して海外生活を始めれば、日本には非居住者となりますので、その間は日本で確定申告する必要がなく、※住民税の支払いも不要です。

 

※住民税は、毎年1月1日に住んでる場所に適用されるので、例えば2020年の12月に海外転居届を出して出国したら、2021年に支払うはずだった住民税がなしになるイメージです。

 

日本より物価が安い国での生活なら、むしろお金はゆとりが出ることも。オーストラリアのように物価が高い国でも、円高の国であれば生活は余裕です。

 

例えば僕が今年オーストラリアにいた時のレートは、1ドル72円くらいでした。つまり、日本円で20万円収入があったとして、それをオーストラリアドルに変えたら2,777ドル。イメージ的には、20万円が27万円になるようなものです。

 

現地の銀行口座があれば、トランスファーワイズで安く簡単に海外送金できますので、日本円で収入を得てても問題ありません。

5、ブログ始めるキッカケにも

このブログのような、海外生活の記録を書き留める取り組みがしたくなるかもしれません。僕もフリーランス生活中に始めたことなので。収入源にならなくても、趣味が増えるとさらに生活が充実します。

海外のおすすめ作業場所

1、家

Airbnb

Airbnbで、こんな家住んでみたい!と思うような家を借りて、そこで生活するのは最高です。すべてのモチベーションが上がります。

2、図書館

海外の図書館は映画のセットに出てきそうな、歴史があって洒落てるところも多いので、観光としてもおすすめ。

メルボルン【ビクトリア州立図書館】

ちなみにこちらはオーストラリア・メルボルンにある、「ビクトリア州立図書館」。

3、カフェ

Distrikt coffee

定番ですね。ちなみに、個人的にコーヒーが美味しいお店が多いのはメルボルンですが、Wi-Fi環境まで考えると、ドイツ・ベルリンか、スペイン・バルセロナはフリーランスに嬉しいカフェが多くておすすめです。

 

僕はコーヒー大好きなので、カフェ巡りしながら仕事するのが最高に充実してました。

まとめ

コロナが落ち着いたら、旅人ワーカーになってみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事