全仏オープンテニス
スポンサーリンク

全仏オープン3回戦のチケット獲得に成功し、急遽フランスはパリに1泊2日で行くことが決まった僕です。最高です。テニスがとても好きです。

 

スポーツ観戦ってTVの方が観やすかったりするんですけどね。
でも試合会場とはワクワク感が圧倒的に違います。臨場感大事。

 

ただ観てるだけというのも物足りないので、記録を残そうと思いました。
※個人的に興味のある選手しか記録しません。

 

ちなみに僕の観戦スタンスは、
・日本人選手を応援しつつ
・ジョコビッチ、ナダル、フェデラーの圧巻のプレーに期待しつつ
・ズベレフやティエムの躍動的なプレーに期待しつつ
・ワウリンカやディミトロフが再浮上してくることに期待しつつ
という感じです。

この記事の目次

全仏オープンテニスの概要

開催地  :フランス・パリ
開催期間 :5月29日~6月9日
出場選手数:128人
優勝賞金 :230万ユーロ(約2億8千万円)※1回戦に出場するだけでも約560万円
前回優勝者:R.ナダル(男子)、S.ハレプ(女子)

 

テニスの4大大会(グランドスラム)のひとつ。

・全豪オープン(オーストラリア・メルボルン)1月~
・全仏オープン(フランス・パリ)5月~
・ウィンブルドン(イギリス・ロンドン)6月~
・全米オープン(アメリカ・ニューヨーク)8月~

 

男子の現在世界ランク2位のR.ナダルは、グランドスラムで通算17回優勝(R.フェデラーの20回優勝に次ぐ歴代2位の記録)してる超人。

その17回の優勝の内、11回がこの全仏オープンでの優勝。しかも通算90勝2敗
今大会も断トツの優勝候補No.1.

1回戦

【〇】錦織圭 VS Q.アリス

全仏オープン

L.ソネゴ VS R.フェデラー【〇】

全仏オープン

J.ティプサレビッチ VS G.ディミトロフ【〇】

全仏オープン

【〇】ジョコビッチ VS H.フルカチ

全仏オープン

J.ミルマン VS A.ズベレフ【〇】

全仏オープン

【〇】S.ワウリンカ VS J.コバリク

全仏オープン

【〇】D.ティエム VS T.ポール

全仏オープン

Y.ハンフマン VS R.ナダル【〇】

全仏オープン

【〇】大阪なおみ VS AK.シュミエドロバ

全仏オープン

 

1回戦は大阪なおみが立ち上がり悪かったですが、それ以外は波乱なく順当に勝ち上がりました。

2回戦

【〇】錦織圭 VS JW.ツォンガ

全仏オープン

【〇】S.ワウリンカ VS C.ガリン

全仏オープン

Y.メイデン VS R.ナダル【〇】

全仏オープン

O.オッテ VS R.フェデラー【〇】

全仏オープン

【〇】G.ディミトロフ VS M.チリッチ

全仏オープン

【〇】N.ジョコビッチ VS H.ラークソネン

全仏オープン

【〇】大阪なおみ VS V.アザレンカ

全仏オープン

【〇】D.ティエム VS A.ブーブリック

全仏オープン

M.イマー VS A.ズベレフ【〇】

全仏オープン

 

2回戦注目は、まず錦織圭とツォンガ戦でしたね。
地元大会で気合いハンパないツォンガ優勢で進むかなーと思いもしましたが、見事勝利。

 

ナダルの好調っぷりは圧巻です。

 

個人的に好きなワウリンカとディミトロフが勝ち上がったのは最高です。
特にディミトロフは2戦連続のフルセットでよく勝ちました。良い試合でした。

 

大阪なおみは2回戦もヒヤッとしましたが、見事逆転勝利。
世界1位のプレッシャーはすごいんだな。

3回戦

C.ルード VS R.フェデラー【〇】

全仏オープン

【〇】N.ジョコビッチ VS S.カルゾ

全仏オープン

【〇】錦織圭 VS L.ジェレ

全仏オープン

D.ゴフィン VS R.ナダル【〇】

全仏オープン

大阪なおみ VS K.シニアコバ【〇】

全仏オープン

【〇】D.ティエム VS P.クエバス

全仏オープン

D.ラヨビッチ VS A.ズベレフ【〇】

全仏オープン

【〇】S.ワウリンカ VS G.ディミトロフ

全仏オープン

 

3回戦の1日目(5月31日)は、初の全仏オープン観戦に初のフランスに突撃してきました。
その模様は別途書いてますので、よろしければご覧ください。

 

3回戦の波乱は1つ。大阪なおみの敗北です。
非常に残念ですが、世界ランキング1位は変わらずのよう。次のウィンブルドンに向けて調整頑張ってください!

4回戦

L.マイエル VS R.フェデラー【〇】

全仏オープン

J.ロンデロ VS R.ナダル【〇】

全仏オープン

S.チチパス VS S.ワウリンカ【〇】

全仏オープン

 

男子シングルス4回戦1日目。
フェデラーとナダルはストレートで快勝。仕上がり抜群。さすがです。

 

注目はなんと言ってもチチパスVSワウリンカ
試合時間5時間9分

 

この超ロングゲームを制したのは、ワウリンカ
個人的に応援しまくりのワウリンカ(34歳)が、ズベレフと同年代で次世代のスターになりそうな予感のあるチチパス(21歳)に貫禄の勝利。マジでカッコ良いですワウリンカさん。

 

準々決勝のフェデラーVSワウリンカのスイス対決は、2019全仏オープンの決勝並みの見どころの試合と位置付けて良いレベルだと思ってます。

F.フォニーニ VS A.ズベレフ【〇】

全仏オープン

【〇】D.ティエム VS G.モンフィス

全仏オープン

【〇】N.ジョコビッチ VS J.ストルフ

全仏オープン

【〇】錦織圭 VS B.ペール

全仏オープン

 

2日目はなんと言っても錦織君!
ペールがフランス人選手ということで完全アウェーの中、見事勝利!

 

次の準々決勝はナダル戦...。しっかり応援します!

準々決勝(ベスト8)

S.ワウリンカ VS R.フェデラー【〇】

全仏オープン

錦織圭 VS R.ナダル【〇】

全仏オープン

 

準々決勝1日目の注目は、ワウリンカVSフェデラーのスイス対決!
最高に良い試合を観ました。惜しくもワウリンカが敗れましたが、調子が良い時のワウリンカの強さはすごい。1つ前の試合で5時間やった選手の戦いとは思えないものでした。

もう少し余力があれば、ワウリンカが勝っていてもおかしくない内容だったと思います。

 

そして、日本のエース錦織圭とナダル。
ナダルとは相性が悪い上にクレイコート、疲労困憊と状態悪しでボロ負け。せめてもう少し見せ場がほしい試合でした。

【〇】D.ティエム VS K.カチャノフ

全仏オープン

【〇】N.ジョコビッチ VS A.ズベレフ

全仏オープン

準々決勝2日目は、順当にジョコビッチとティエムが勝利。

ジョコビッチはあまり自分のプレーに満足していない様子の表情が多く、試合中にラケットを叩きつけるめずらしいシーンがありましたが、ストレート勝ち。

 

これで男子シングルスは、ランキングの上位4名がベスト4に進出

 

すごい。過去実績で言えばナダルの優勝が濃厚ですが、フェデラーVSワウリンカ戦を除いて、みんなスムーズに勝ち上がってて、先日雨で1日試合中止になったこともあり、誰が優勝してもおかしくない今大会。準決勝が本当楽しみ。

 

ちなみに女子は前回優勝者のハレプが敗退して、ベスト4にランキング上位4名は1人も残っていない波乱の展開。

準決勝(ベスト4)

R.フェデラー VS R.ナダル【〇】

全仏オープン

準決勝1戦目は、フェデラーVSナダル
クレイコートが苦手とされるフェデラーですが、準決勝までの勝ち上がりを見た限りではナダルと接戦になると思っていましたが、ストレート負け。ナダル恐るべし...。

 

2回戦のジョコビッチVSティエムは、雨天中止で明日に持ち越しされました。

N.ジョコビッチ VS D.ティエム【〇】

全仏オープン

雨の影響で何度も中断・再開を繰り返したジョコビッチVSティエム戦は、ティエムが競り勝ち!
決勝でナダルVSジョコビッチも観たかったけど、ナダルVSティエムも十分見応えあると思うので期待してます。

決勝

D.ティエム VS R.ナダル【〇】

全仏オープン

全仏オープンテニス2019優勝は、ナダル!

やはり強かった。第2セットはティエムもすごく良かったけど、その後はミスが目立ちました。
これでナダルの全仏の通算成績は93勝2敗。勝率97.8%。

いつまでナダルの天下は続くのでしょうか。来年も期待してます。

個人的におもしろかった試合

今回の全仏で個人的におもしろかった試合はすべて、ワウリンカ戦

3回戦 :ワウリンカVSディミトロフ
4回戦 :ワウリンカVSチチパス
準々決勝:ワウリンカVSフェデラー

どの試合も良い白熱の試合で、全然見飽きることがなかったです。
次のウインブルドンでもワウリンカに注目したいと思います。

世界ランキングTOP10(男子)

  1. N.ジョコビッチ(セルビア)
  2. R.ナダル(スペイン)
  3. R.フェデラー(スイス)
  4. D.ティエム(オーストリア)
  5. A.ズベレフ(ドイツ)
  6. S.チチパス(ギリシャ)
  7. 錦織圭(日本)
  8. K.アンダーソン(南アフリカ)
  9. J.デルポトロ(アルゼンチン)
  10. J.イスナー(アメリカ)

世界ランキングTOP10(女子)

  1. 大阪なおみ(日本)
  2. K.プリスコバ(チェコ)
  3. S.ハレプ(ルーマニア)
  4. K.ベルテンス(オランダ)
  5. A.ケルバー(ドイツ)
  6. P.クビトバ(チェコ)
  7. S.スティーブンス(アメリカ)
  8. A.バーティ(オーストラリア)
  9. E.スビトリナ(ウクライナ)
  10. S.ウィリアムス(アメリカ)

全仏オープンのチケット購入方法

チケットの購入は全仏オープンの公式サイトからです。

全仏オープン

フランス語、英語、中国語に対応してます。

 

購入自体に特別難しいことはありません。
チケットはリアルタイムでの争奪戦になるので根気と運が必要です。難しいのはトーナメントだしメイン会場は3つあるので、早め購入すると観たい試合が観れるかは完全に運という点。

 

全仏オープンのチケットは、購入した後に手放して再販売できるシステムになっているので、サイトにずっと噛り付いていれば誰かがリリースしたチケットを購入できるチャンスがあります。

 

なので、ふと良い席が当日に空くこともしばしば。
僕みたいにある程度誰がどの日程に来るかわかってから直前購入を狙う人もかなり多いです。

 

僕は2017年の全豪オープン(オーストラリア・メルボルン)の錦織圭VSフェデラー戦をめっちゃ良い席で観戦しましたが、それは当日空いた席をたまたま確保できて行きました。

 

ちなみにざっくりチケットの価格ですが、初戦から決勝にかけて徐々に金額が上がっていくシステムです。当然座席によっても金額差はかなりあります。ここでは中間価格で目安をご紹介します。

 

初戦~3回戦くらいまで:180ユーロ~250ユーロ(約2万3千円~3万円)
準々決勝~決勝あたり :450ユーロ(約5万5千円)

 

決勝近くの方がそれは盛り上がりますが、初戦~3回戦くらいまでは、1つのチケットで観戦できる試合数が多い(男子女子2試合ずつとか)ので、コスパめっちゃ良し。決勝は1試合で1人1,000ユーロ(約12万5千円)とか平気でします。

 

それでも観る価値アリ!

テニス観戦オススメです。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事