グランピアンズ国立公園
スポンサーリンク

ヨーロッパや中国、日本に比べて国としての歴史が浅く、歴史的な建築物や独自の文化の少ないオーストラリアは、”観光”はちょっと弱め。

 

そんなオーストラリアはメルボルンでの観光スポットとして人気のひとつが【Grampians(グランピアンズ)】というエリア。

 

オーストラリアの大自然とワイナリー巡りが楽しめて、バスツアーも定番人気となっています。今回はそんなグランピアンズに1泊2日で行ってきた記録をご紹介します。

グランピアンズについて

まずざっくり場所ですが、メルボルンの中心地から見て西側。車で約3時間の距離に位置しています。

 

グランピアンズは野生の動植物の宝庫で、オーストラリアの先住民族アボリジニが2万2千年もの間住んでたとされる場所。古代の窯や60にものぼる岩絵のある洞窟など、彼らの歴史がグランピアンズ国立公園のあちこちで見られます。

 

また、グランピアンズにはオーストラリア最古のブドウ園とオリーブ林があり、15箇所以上のワイナリーがあります。

 

朝出て日中楽しんで夜に中心地に戻ってくるようなバスツアーも人気ですが、個人的には1泊して行くのがオススメ。今回僕らはAirbnbで「Ararat(アララト)」という町で一軒家を借りて宿泊しました。

 

もしレンタカー借りていくなら、「Car Next Door」というレンタカーサイトがオススメなので、参考までに。

グランピアンズに行った記録

1、ワイナリー【Mount Langi Ghiran】

目指してたワイナリーではないですが、道の途中でたまたま見つけた「Mount Langi Ghiran」というワイナリーにとりあえず訪問。

すごく小キレイなセラードアでした。リースリングとか全体的にめっちゃ酸っぱかったけど、ピノ・ノワールは良いということで1本購入。

Mount Langi Ghiran

2、地元パブ〜家飲み

ワインメーカーのダイくん、ともくん。

家では初めて見たビール4本とワイン3本。パブでスパークリングワイン1本シェアした後でよく飲むな。

ワインはDentonシャルドネが1番美味でした。

3、ワイナリー【Best's】

今回の旅の本丸がこちら、Best's(ベスツ)という前にダイくんが働いてたワイナリー。150年以上歴史があり、オーストラリアワインの中でもかなり有名どころのひとつ。

Best’sワイナリー

ブドウ畑。

Best’sワイナリー

セラードアはこんな感じ。無料でテイスティングもできますが、10ドル払えばグレードの高いワインのテイスティングもできます。

Best’sワイナリー

ジャスティンさんに中を案内してもらいつつ、瓶詰め前のワインを飲ませてもらったり、かなり贅沢なテイスティングツアーをしてもらいました。

Best’sワイナリー

Best’sワイナリー

ベスツのワインは全体的にどれもこれも美味。その中でもこれは!と思うものあったんですけどね。少なくとも20種類はテイスティングさせてくれたので、どれかわかんなくなってしまいました。ちなみにベスツと言えば、ピノ・ムニエだそうです。

Best’sワイナリー

場所はこちら

営業時間
月曜日〜日曜日(祝日はおそらくお休み)
10時〜17時(日曜日は11時〜)

4、グランピアンズ国立公園

グランピアンズ国立公園

上記の写真になんか見覚えあるような...という人もいるかもしれませんが、ジブリの「もののけ姫」のモデルになったのでは?と言われる岩です。

 

この岩はグランピアンズエリアに訪れる最大の目的となる「グランピアンズ国立公園」の、The Balconyという場所にあります。

駐車場からバルコニーまでは1キロあって、15〜20分くらいこんな道を歩きます。

グランピアンズ国立公園

バルコニーからの景色は眺め良し。とても晴れやかな気持ちになりますね。

僕らは時間の関係上バルコニーしか行けませんでしたが、洞窟とかもっといろいろ見るところはあります。

グランピアンズ国立公園

ビュースポットはこんな感じになってます。アジア人だらけ。

グランピアンズ国立公園

岩のところまで行く道はあるんですが、入っちゃダメと看板が立ってます。行く際は自己責任で。

グランピアンズ国立公園

おわりに

グランピアンズは夜、星がかなりキレイに見えるそうなので、泊まりで行く人はぜひ夜星も見てみてください。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事