イギリス人はなぜオーストラリアにワーホリする?友人ミックにインタビュー
スポンサーリンク

このブログサイトを始めて早3ヶ月。毎日更新してたら気付けば100記事目に到達しました。意外と書くことってあるもんです。

 

ひとつ区切りということで、なんか新しいジャンルの記事が書けないかな?と考えてた時に、自分以外の誰かに登場してもらうのも良いなと思って、インタビューなんてしてみました。

 

このブログを書いてる理由は自分の卒アル制作的なことでもあるので、これまで知り合った人に登場してもらうのも全然アリということで。今後インタビュー記事も時にやりたいなと思ってます。

この記事の目次

イギリス人の友達”ミック”の紹介

左:ミック 右:ルーク

 

僕とミックが知り合ったのは今から約2年前。

僕が滞在してたメルボルンのシェアハウスに、ミックとルーク(2人ともイギリス人で、彼らは地元の友達)が引っ越してきたのがキッカケ。

 

彼らが引っ越してきた当初は、みんな仕事があって活動する時間がバラバラで、あまり接点がなかったんですが、ミックは帰国前確か3ヶ月くらい、仕事辞めて家でのんびり過ごす生活してたんです。この時に話す機会が増えて、仲良しになったという感じ。

 

オーストラリアいた時は、家、学校、職場でネイティブの人と知り合う機会は結構あったんですけど、彼女や奥さん、親が日本人で日本住んでたこともあるっていう人もいて、日本語わかる人が多かった中、日本語がまったくわからないドネイティブの方です。

 

僕でもわかるような英語で接してくれたおかげで、英語力の助けにもなった先生的存在でもある、すごく優しく紳士で、よく泳ぐ男。

ミックへのインタビュー内容

今回のヨーロッパ生活中に再会する予定でしたが、僕もミックもあちこち転々としてるもので予定が合わず...。今回は直接会ってインタビューすることは叶いませんでしたが、2020年にイギリス行きたいなと思っているので、その時に会えればと思ってます。

 

ミックの回答はそのままに、それっぽい和訳と時に補足をつけてご紹介します。

カンタンに自己紹介をお願いします

Thank you for asking me to be a part of this Ryo, I’ve had a look through the website and love the information you include. I’m Michael, known as Mic for short, at the time of writing this I am 25 years old living in my hometown of Blackburn with Darwen which is a small town in England; it’s a small town but I enjoy it compared to city living (though City living definitely has it’s bonuses too!). My hobbies are always changing; one minute I am into travelling, the next I am into watching different sports then the next I am into playing Golf (at the moment I am playing lots of Golf ha!).

 

本名はマイケル(Michael)で、短くしてミック(Mic)と呼ばれる25歳。イギリスのブラックバーン(マンチェスターとかリバプールの近く)出身で、現在もそこに住んでます。小さい町だけどシティに住んでるより楽しいよ。趣味はちょこちょこ変化してて、最近はゴルフにハマってます。

 

※僕はミックという名前だとずっと思い込んでて、本名がマイケルだと知ったのは知り合ってだいぶ経ってから。

オーストラリアに行く前は何してたの?

For me, I never had a nailed down career path so I always found myself trying different jobs to try and find a purpose in life I guess you could call it. I tried University, it wasn’t for me, I tried Office work which also wasn’t for me, and then I tried working in Sales which again...wasn’t for me! I finally took the plunge to travel by saving my money for 12 months.

 

何かコレということはしてこなくて、いろんなことに挑戦してました。大学に行ったけどなんか違って、オフィスワークと営業もやってみたけどどれも合わなくて、12ヶ月貯めたお金で旅行することに決めました。

なんでワーキングホリデーしようと思ったの?

真ん中のダリウス(ドイツ人)も元ルームメイト

Personally, a working holiday visa sounded perfect as it was an opportunity to see a new country which so many people talk about combined with the fact that I could earn money while on my travels. Not only that but working also allows you to create circles of friends who will help you get accustomed to the way of living.

 

ワーキングホリデービザは旅行中に稼げるし、行ったことない国を見れる機会でもあって、パーフェクトだと思いました。仕事できると友達の輪も増えるしね。

オーストラリア、メルボルンを選んだ理由は?

I’m not sure I did choose Australia, it just seemed logical at the time. Originally I had the idea to travel Europe but then I thought “I want to go further.”.. And that is when Southeast Asia popped in to my mind. From that I thought that 6 months would be great but I want to travel longer so after a little bit of research I figured that after 6 months I will fly over to Oz and stay there for 12 months so I can stay out longer.

 

オーストラリアを選んだのはなんとなく。その時良いなと思ったから。最初はヨーロッパにしようと思ったけど、ヨーロッパはその内行くか。と思って、東南アジアにすることにしました。6ヶ月過ごせれば十分だったけど、もう少しどこか行きたいなと思って、オーストラリアに12ヶ月滞在することにしました。

 

※Ozはオーストラリアのこと

メルボルンでは何して働いてた?イギリスと比べて働き方は違った?

In Melbourne, when I landed in September 2016 I started work straight away (my funds were very low after 6months in Southeast Asisa) on behalf of a charity called Greenpeace Aus where I knocked doors for up to 10 hours a day trying to get people to sign up to help the charity. The job was amazing; I learnt so much about climate change while also getting paid to see the whole of Victoria and Tasmania with like-minded people from around the world who I still see today! I then returned to Melbourne after about 2/3 months of travelling around the different states where I landed a much better paid job working in an office for different charities across Australia; again this was another fun job where I met people who gave me so many fun experiences. While working in the office that is when I got the chance to meet Ryo as we shared an apartment with some others where we had lots of fun memories.

 

2016年の9月にメルボルンに着いて、すぐに仕事を始めました(東南アジア行って、お金ほとんどなくなっちゃってて)グリーンピース・オーストラリアと呼ばれるチャリティで、1日10時間、いろんな家に訪問して、チャリティに協力してもらえるよう呼びかけるもの。その仕事は素晴らしかった!気候変動のことをたくさん学べたし、給料ももらえて、世界中から来た同じ志を持つ人たちに出会えたし。違う州を旅行してメルボルンに戻った後に、違うチャリティのオフィスワークをして、その仕事をしてた時に僕が住んでたアパートに引っ越しました。

 

※グリーンピースは国際環境NGOで、誕生は1971年。アメリカの「地下核実験」への反対が誕生のキッカケで、世界55カ国以上の国と地域で環境保護と平和を願い活動しているよう。本部はオランダのアムステルダム。

 

日本にもグリーンピースはある模様(https://www.greenpeace.org/archive-japan/ja/

”世界で最も住みやすい街”に選ばれてたメルボルンでの生活はどうだった?

There is definitely an argument for that being true. A place which has so much diversity; you get sun in summer and snow in winter, the wages are great for earning money to save but still also enjoying the endless activities on offer; from days on the beach, to pubs or food in St Kilda (St Kilda was one of my favorite places in Melbourne, everybody just seem so laid back plus the Beach at Christmas was amazing). My life was a lot of fun in Melbourne, when I first landed I ended up sharing a house with 8 people from work plus a bunch of other people and we had a lot of fun times there then later on when I came back into Melbourne I shared an amazing apartment with my friend and 4 other people who came from different places so we again, had fun and learnt about each others culture).

 

それは合ってると思う。すごく多様性がある都市で、季節感も良いし、給料水準も良いし、アクティビティも豊富。(セントキルダはお気に入りの場所。クリスマスにビーチでくつろぐのは最高)メルボルンに着いて最初は8人で住むシェアハウスで生活して、その後友達と出身が全員違う4人で生活したけど、超楽しかったよ。

オーストラリア生活で思い出に残ってることは?

It was always my intention to go Australia to see the wildlife because I love it so much. Snorkelling in Byron Bay at Julian rocks is one memory that comes to mind straight away as I only planned the activity on the day because a friend was doing some diving nearby. I saw a sand tiger shark, Turtle, manta ray, carpet sharks all within touching distance in the wild, it was a memory I will never forget. Other than that, there were so many memories which I kept in a journal which I wrote in and got other people to write in so that I could read back and look back on; many nights drink goon (boxed wine), camping in different places, seeing the endless nature, getting to know lots of new people...there are so many memorial things that I have taken away from Australia with me.

 

野生動物が大好きで、それを見るためにオーストラリア行ったんだけど、バイロンベイのジュリアンロックスでシュノーケリングした時のことはすごく思い出に残ってる。野生のシロワニ、亀、マンタ、テンジクザメ目をタッチできる距離で見ることができたから。ボックスワイン飲みまくったり、日記を書場所でキャンプしたり、大自然を見て新しい出会いがあって、思い出はいっぱいあるよ。

 

※sand tiger shark:シロワニというサメ
carpet sharks:テンジクザメ目というサメらしい

オーストラリア人はイギリス人と比べてどんな感じ?

Like with any nationalities, you get some good and some bad. When I did the door knocking job for Greenpeace, I met a lot of Australians and as a whole, they are warm and friendly; many times I would be invited in to enjoy a beer with them and just a chat which was really nice! Overall, I think that like England, the Aussies I met and spoke to were friendly!

 

どの国籍の人も、良いところもあれば悪いところもあるけど、オーストラリアの人たちは全体的に暖かくてフレンドリーだったかな!

日本ではオーストラリアの英語は”訛ってる”とよく言われて、英語を学ぶならイギリスやアメリカ、カナダが良い。みたいなイメージがあるけど、オーストラリア英語はどう感じた?

English is English. When most people think of English, I think they imagine Queens English maybe but the reality is that only a very small percentage of people speak like that and I am sure you agree Ryo that English is very complex (Me and Luke are both from the same town but speak different as I remember you saying haha!). Overall, if you are a student wanting to study a language then that is great! Australia is a perfect place to learn the language, not only because it is an English speaking country but it is also a place where English is spoken at a quick pace so you’re listening will become really good!

 

英語は英語だよ。たぶん英語っていうとイギリス英語をイメージする人が多いのかなと思うけど、英語を話す人の中でイギリス英語を話す人はほんの少しのパーセンテージしかいない。英語は複雑だよね(出身は同じところなのにミックとルークの英語は全然違うと言ってたの覚えてるよ!)オーストラリアは英語学習に最高の場所だよ。

僕の記憶が合ってれば、ある日突然”ベジタリアンになる”って言いだしたけど、なにがあったの?

Reading this made me laugh! That is true and I still hold to that today. Right now, for the past 2 years I have been eating a plant-based diet (vegan). Why? I want to live more in line with my values and beliefs, I love animals so I now live by the belief that we are all equal so to love one animal and not another would be wrong of me. Plus, eating a plant based diets just makes me feel healthier (I'm not sure if it’s a psychological benefit or a physical benefit but I do feel great). Give it a go Ryo, try it for just 28 days because I’d love to know what you think at the end! 😀

 

そうそう!(笑) まだベジタリアン続けてるよ。2年前からビーガン(肉だけじゃなくて、卵とか牛乳とか、動物性の製品を一切口にしない人)なぜ?動物が大好きだから。あと、植物性の食品を食べてるとヘルシーな感じで良いよ(健康上良いのかはわからないけど)とりあえず28日間試してみて。どう思ったか知りたい!

 

※ミックさんはある日突然ベジタリアン宣言をされて、そこからポテトばかり食べる生活をしてました。寿司作ったら食べてたけど(笑)

ベジタリアン宣言と同時期に、”ビジネスを始める”って言いだしたけど、そのキッカケは?ビジネスコンセプトも紹介お願いします。

From travelling, I learnt that I can go to a country I have never been and plan routes, meet new people, form friendships, get jobs and also inspire people to help charities. If I can do that then why not have a go at doing something I love! With some of the money I had left from my travels I decided to have a go at making furniture; I spent two years making furniture from waste materials e.g. wood being thrown out, old furniture being thrown out etc and turning them into something new to stop them going to landfill. The idea was to promote an healthier environment where we throw away less things and give more care to the items we already have.

 

海外生活が終わってから家具を作ることを決めて、2年かけて不用品から家具作りをしました。不用品は例えば、捨てられてる古い家具とか。ゴミ山に行く前になにか新しいものに変えたいと思って。そのアイデアは廃棄物を減らしたり、持ってるものをもっと大切にしたり、環境保護のためにあるんだ。

 

※ミックのやってる事業:Restore Revolution

将来何したい?どうなりたい?

That’s a really good question. I do consider myself a little bit of a minimalist in terms of living with less so that I have more money to do the things I love. I am now in a position where I want to start a career in the Health industry and even though I am only at the start, I know that later in my life I would like to get to a point where I can work remotely while seeing different parts of the world. Work should always be something we love and no matter what job it is we’re doing; we can always learn from it. But I do always try to remember that I work to live and not live to work.

 

良い質問ね。自分の好きなことをするためのお金。健康産業でのキャリアをスタートしたいと思ってて、今まだまだスタート地点だけど、世界のどこにいてもリモートで仕事ができるようになりたいと思ってるよ。仕事は常になにをするにしても好きなことであるべきかなと思ってて、仕事のために生きるんじゃなくて、生きるために仕事するということは忘れないようにしたい。

メルボルンのシェアハウスで初めて日本人と一緒に生活したと思うけど、日本人と生活してみてどうだった?

The first thing I learnt is that Japanese people love wine! They love it so much that they will spend a weekend going to different parts of Australia just to try wine and the even crazier people, they decide they love wine so much that they will travel to Europe to try all the wines they have to offer! Maybe that is just you guys I was living though haha but from my experience I thought all of you were really polite and considering that me and luke were the only two english people there, you made us feel welcome and taught us a lot about the country you come from.

 

最初に知ったのは、日本人はワインが大好き!みんな週末にワイン求めて出かけたりしてて、本当ワイン好きなんだって思った。みんな歓迎してくれたし礼儀正しい人たちだと思ったよ。

 

※僕らが住んでたシェアハウスにいる日本人がたまたまワイン好きだっただけ。

いつか日本に行ってみたいと思う?

For sure, like many countries on my list, it is a place that I will VISIT in my life. Plus the fact that I have promised to come and visit you at some point, I still stand by that but I do hope our paths cross while you are on your journey throughout Europe!

 

Thanks again Ryo for asking me, you are an awesome guy and I will buy you a beer when I see you.

 

いつか行くつもり!どこかRyoがいるところに行くって約束するよ!

ミックにインタビューしてみて

一緒に生活してるとくだらない話ばかりしてて、意外と聞かなかったことたくさんあったなって感じました。

 

知り合った時のミックはまだ23歳だったかな?自分が23歳の時と比べたらすごく落ち着いてるし、自分を持ってる人だなーと感じてましたけど、こうして改めていろいろ話を聞くと前進してると感じるし、小さい街でのスモールビジネスとは言え、25歳ですでに起業してて、事業内容も立派で、すごい奴だなと思いました。

ミックとの生活で記憶にある出来事

メイウェザーVSマクレガー戦

ミックとルークとメルボルンのスポーツ観戦できるパブに、メイウェザーVSマクレガー戦を観戦しに行ったのは思い出のひとつ。全然ボクシングを知らない僕に、とりあえずマクレガーが出るから!行こう!ってことで行きました。結果マクレガー負けましたけどね。

オーストラリアのバチェラー

バチェラーって婚活番組ですね。これをなぜかよくみんなで観てたな~というのも記憶にあります。日本でも「バチェラー」って放送してるんですよね。僕は何言ってるかわかんないところが多々ありましたが、そこそこ盛り上がる番組でした。

学校サボって遊んでたら学長にキレられた

ミックたちと同じシェアハウスに住んでた当時、散々学校サボってたんですが、ある日学校に行ったら学長スーザンに呼び出されて「退学にするわよ」とビビらされて、ミックに笑われたのもちょっとした記憶。

おわりに

インタビューおもしろかったので、ちょいちょいやりたいなと思いました。日本人の知り合いもたくさんできたけど、みんなが留学・ワーホリしようと思ったキッカケとか全然知らないし、そういうの聞いてみようかなと思います。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事