ベルリンの市場【コルヴィッツプラッツのマルクト】に行ってきた
Zielinska / Pixabay
スポンサーリンク

アマゾンプライムで「石ちゃんのSAKE旅」を観て、日本酒と日本食良いなぁと思ってる僕です。魚料理が食べたい。

さて今回は、ベルリンの市場【コルヴィッツプラッツのマルクト】について、行ってきた時の記録含めご紹介します。

コルヴィッツプラッツのマルクトについて

まず簡単に用語解説ですが、
「コルヴィッツ:Kollwitz」はコルヴィッツという地名
「プラッツ:Platz」は広場という意味
「マルクト:Markt」はマーケットのこと
「ヴォッヘンマルクト:Wochenmarkt」は朝一のこと

 

コルヴィッツ広場で開催されるマーケット(朝市)ということですね。

 

開催日
・木曜日:12:00~19:00(冬場は18時までみたい)
・土曜日:9:00~16:00

朝市と言っても、朝だけやってるわけではないです。
木曜日は小規模で、土曜日の方が大々的にやってます。

 

場所はこちら

マルクトに行った記録(木曜日:夏)

マルクトに行った記録(土曜日:冬)

 

肉・野菜・魚といった生鮮食品から、パン、チーズ、果物、服、本、謎の金具まで、ありとあらゆるものが売られてるマーケットで見応えは十分。なんかしらパフォーマンスやってたりもします。

個人的にはここで買ったブドウがめちゃめちゃ美味しかったのが印象的でした。

おわりに

このマルクト開催地周辺は、カフェ、レストラン、雑貨屋さんとかいろいろあって、マルクト以外にも楽しめるスポット。子連れが多くて平和な雰囲気のエリアです。

ホットドックとかピザとか、屋台もあるので、食べ歩きしながら散策するのがオススメです。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事