日本三名泉で全国人気温泉地ランキング3位【群馬・草津温泉】に行ってきた
スポンサーリンク

3月のまだまだ寒い時期に日本に帰国したら、とりあえず温泉行きたいな〜なんて思いますよね。彫刻の森美術館がなぜか好きなこともあり、大体いつも近場の箱根を選びがちな僕ですが、今回は行ったことないところに行こうと思い、日本三名泉で全国人気温泉地ランキング3位(楽天トラベルデータ)の【群馬・草津温泉】に行ってきました。

 

草津温泉がどのようなところなのか?東京からの行き方や、草津温泉周辺の観光スポットの情報など併せてご紹介します。

草津温泉について

草津温泉のポータルサイトによると、観光経済新聞社主催「第33回にっぽんの温泉100選」において、草津温泉が17年連続で第1位に選ばれたそうです。

 

標高約1,200mに位置する草津温泉は、日本一の自噴湧出量(湯量が多いということ)で知られています。1日にドラム缶約23万本分もの温泉が湧き出しているらしい。

 

温泉街周辺は「湯畑」、「西の河原公園」といった観光スポットが有名で、「湯もみショー」が名物。温泉街は小さいので、歩いて周れるのが良かった。

 

場所はこのへん

僕は東京の練馬から草津温泉行きのバスで行きました。乗車時間は3時間30分。バスには弱いけどフリーWi-Fiとトイレが付いてるし、席の間隔はやや広めなので全然快適。片道3,600円でした。

僕は以下のサイトでバス探しましたのでご参考まで。
バス比較なび

草津温泉に行った記録

湯畑

温泉街の中心にあって、草津のシンボル的存在が湯畑です。温泉の源泉を木製の桶にかけ流して、湯温を調整しているんだとか。硫黄のニオイがすごくて、温泉来た〜って感じがたまりません。歴史を感じられるのがまた良い。周辺には足湯があります。

柵にはここを訪れた著名人の名前がズラリと彫られている。

湯畑周辺はまんじゅう屋、お土産屋、蕎麦屋が多い。

夕方になると明かりがつき始める。雰囲気良し。

夜のライトアップも良い感じ。

浴衣でウロウロするのがまた良いですね。

西の河原公園

いたる所から源泉が湧き出して流れてる公園。湯畑と並ぶ観光スポットで、足湯や温泉があります。湯畑がある中心地から徒歩10分程度。ここも夜のライトアップがキレイで有名なようですが、寒くて断念しました。

途中にあるこのまんじゅう屋さん。通りかかるとまんじゅうとお茶無料でくれます。まんじゅうとても美味。

湯もみショー

 

湯もみガールズなるおばさま集団によるショー。湯畑周りにある「熱乃湯」で開催されています。通常はガールズによるショーですが、最終公演はちょいちょい「湯もみくん」という、草津温泉のさまざまな場所で働きながらプロサッカー選手を目指す、ザスパ草津チャレンジャーズの選手達による湯もみショーが観れるよう。

 

その前に、そもそも「湯もみ」って何?と思いますよね。

 

湯もみは、お湯の温度を下げるために板でお湯をかき混ぜる作業のことだそうです。草津の湯は高温で、そのままでは入れないけど、水を入れてしまっては温泉の効能が薄れてしまうため、入浴できる温度まで下げるために考えられたことだそうです。江戸時代から続く文化。

 

ゆっくりやってるだけかと思いきや、最後の最後は思いっきりバシャバシャしてました。

途中で体験もさせてもらえます。早い者勝ちなので、やりたい人は1階のステージ近くで観覧してるようにしましょう。

公演時間
月曜日〜日曜日(定休日なし)
午前:9時30分、10時、10時30分
午後:15時30分、16時、16時30分

1公演20分ほど。

観覧料金
大人 :600円
小学生:300円

場所はこちら

おわりに

平日だし、昨今の新型コロナウイルスの影響で全然人いないかな〜と思ってましたが、意外と賑わってました。雰囲気好きだったので、またぜひ行きたいと思います。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事