バルセロナのタパスレストラン【La Alcoba Azul】団体用の席もあり
ElisaRiva / Pixabay
スポンサーリンク

スペインと言えば「タパス」。街の至る所でTAPASの文字を目にします。

 

「タパスって聞いたことあるけど、具体的になに?」というのが数日前の僕でしたが、どうやら答えは小皿料理。つまり、おつまみ的な料理のことのようです。

 

一口にTAPASと言っても、お店によって出してるメニューは同じのもあれば違うのもある。コレがTAPASだと決まってるわけではなくて、種類はかなりあるみたい。デパ地下のお惣菜売り場くらい種類豊富です。

 

どんどん開拓していこうということで今回は、バルセロナのタパス料理屋【La Alcoba Azul】に行ってきた記録をご紹介します。

La Alcoba Azulについて

バルセロナ【La Alcoba Azul】

 

営業時間
月曜日~日曜日(定休なし)
12時~1時30分(金・土は2時30分まで)

個人的な評価(★3.5)

 

カード支払いOK
フリーWi-Fiなし

外観

バルセロナ【La Alcoba Azul】

 

路地にひっそりとあるお店で、僕は店に気付かず1度通り過ぎました。

内観

バルセロナ【La Alcoba Azul】

 

入り口の印象とは違って結構奥行きがあり、5人以上で座れるような団体席もありました。テラス席もあるので、座席数はそこそこある。

 

ちなみに!こちらのお店でテラス席で飲食する場合は、15%割り増しとなります。

La Alcoba Azulでの食事

お通し

バルセロナ【La Alcoba Azul】

 

画質悪くてわかりづらいなと帰宅してから気付きました...。ラスクみたいなサクサクしたパンに、コロッケの中身が乗ってるようなもの。

イカ焼き

バルセロナ【La Alcoba Azul】

 

イカとチビタコを焼いたもの。左にカレー風味のソース、右にはイカ墨っぽい風味のソース。

 

日本で食べるイカのような弾力はなくて、すごく柔らかくて噛み切りやすいイカ。美味でしたが、イカ感が弱くて僕は若干物足りなさを感じました。

鴨のタタキとスピナッチ&チーズ

バルセロナ【La Alcoba Azul】

 

上が鴨のタタキ&ブルーチーズ。
下はスピナッチ&マッシュルーム&リコッタチーズ&サクサクパン。

 

鴨のタタキ&ブルーチーズは美味!こういう食べ合わせあるんだと新たに知りました。スピナッチのやつは甘いソースがかかってて、チーズだらけのピザにハチミツかけたような感じの味です。

 

スピナッチ料理は予想してた見た目と全然違って、1つ目食べたときは美味でしたが、サクサクパン&リコッタチーズがまぁ飽きる飽きる。パンに乗ってる料理だとは思わなかった...。慣れてないとこういうことはよくあります。

 

サクサクパンはお通しのほか、お好きにどうぞ的な感じで提供されるので、途中から本当いらなくなります。大して美味くもないし。

 

飲み物はビール、カクテル、ワイン、サングリアもありました。

バルセロナ【La Alcoba Azul】

 

地元の人と思われるおばあさんが1人、犬連れて食事に来てたんですが、そういうのOKなところは良いですね。

 

場所はこちら

おわりに

Google Mapで見るとめちゃめちゃ評価されてますが、それほどのお店ではなかったかな。という感じ。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事