レーシック手術から10年|レーシック手術して良かった?10年経った今の感想
スポンサーリンク

確か21歳の時にレーシック手術を受けた僕です。今から早11年ほど前の話。時間の経過は本当早いものです。

 

さて今回ですが、レーシック手術を受けてみてその後どう?について、一応レーシック手術を受けることに決めたキッカケと、レーシック手術とはどのような手術なのか含め、ご紹介したいと思います。

 

最初に結論を言うと、僕は今のところ、レーシック手術を受けて(コンタクト生活を終えて)、本当に良かったと思っています

そもそもレーシック手術とは?

レーシックとは、眼の角膜を薄く削り、屈折力を調整して視力を回復させる手術です。

※引用:品川近視クリニック公式サイト

 

すごくざっくり言うと、黒目にレーザー当てて視力を良くする手術です。

レーシック手術を受けるキッカケ

当時僕が暇さえあれば遊んでた友人ナオトくんが、レーシック手術をやったことがキッカケでした。散々遊ぶ中だった彼からなんの前触れもなく突然「レーシック受けてきたわ。これ良いよ。割引券もらったけど、いる?」と言われ、話を聞いて即決しました。

 

当時テレビで品川近視クリニックがCMやってる頃で、なんとなくレーシックのことは聞き覚えがあった僕でしたが、おそらく自分とは無関係だと思ってちゃんと情報をキャッチしておらず、レーシックがなんのことか全然わかってませんでした。

 

彼が言うには、術後すぐに視力が爆発的に上がっていると。

 

「俺には木の葉っぱ1枚1枚が鮮明に見える。すごいだろ」みたいな。「す、すげ〜」って思いましたね、完全に。

 

当時コンタクトだった僕ら。いちいちコンタクトを付けて外してするのも面倒でしたが、個人的にはコンタクトを買いに行くのがすごく面倒に感じてました。今でこそコンタクトはネットで買えるみたいですが、当時は眼科行って診察受けなければ買えなくて、僕はその手間が本当に面倒でなんとかならないかと思ってました。

 

また、将来的に考えた時のコストがどうなんだろうと。メガネにしようかな?と考えることも度々ありました。でもメガネ似合わないしな〜、スポーツする時邪魔そうだしな〜と自分の中で折り合いつかず。

 

そんな時に彼から聞かされた魅力的な体験談。確か25万円の費用が、5万円引きの20万円になる割引券持ってたんですよね。高いけど、バイトしてたから20万円持ってる。もうコンタクト生活から解放されて、メガネするか検討する必要もなくなる...。

 

しかも彼が言うには、手術時間はわずか5分程度。パッと終わるよと。

 

やらない理由が見つかりません。ということで、数日後に品川近視クリニックに行きました。

 

ちなみに品川近視クリニックは、東京だけでなく、札幌、名古屋、梅田、福岡の計5箇所にあるようです。ご参考までに。

レーシック手術の流れ

僕がレーシック手術受けてから10年経ってるので、今はひょっとして違うかもしれませんが、当時僕が手術を受けるまでの流れは以下の通りです。

 

1日目:術前検査

2日目:手術

3日目:術後検査

 

3日間連続のスケジュールです。確かその後、1ヶ月後検診、3ヶ月後検診とありました。

 

1日目:術前検査は、視力検査に始まり眼圧のチェックなど行います。コンタクトやメガネ作ったことある人であればお馴染みの内容です。問診含め1時間程度で済んだと思います。

 

1つ鮮明に記憶に残っているのは、帰宅直前にする目薬。確か手術のために瞳孔を開く目薬と言ってましたが、コレ強烈です。痛いとかではなく、光がやたらと眩しく感じるようになります。

 

「外出たら眩しく感じると思うので、コレ付けてくださいね」と、めちゃめちゃダサいサングラスもらって、誰が付けるかこんなもんと捨てる気満々で外に出た数秒後には着用したくらいですから。

 

その日外は曇りでしたが、まじで眩しくて眩しくて、歩くのツラかった記憶があります。ナオト教えとけよコレと思いましたね。

 

2日目:手術は、非常にスムーズです。

イメージ的には歯医者に近いですね。歯医者で座るような椅子があって、そこに座って手術を受けます。本来は先生1人っぽいですが、僕がやった時は研修医的なメモ帳持った集団8人くらいが椅子の周りにいて、僕を眺めていました。

 

手術の流れは、

1、点眼麻酔をする

2、瞬きしないようにまぶたをテープでとめる(横から水?流れてくるので、乾燥はしません)

3、片目ずつ施術(片目1〜2分程度)

 

で終了です。

 

手術の内容をもう少し具体的に言うと、黒目の薄皮をはがし、レーザーを照射して、また薄皮を戻して終了。という感じ。

 

目は開いてるわけなので、当然手術はバッチリ見えます。黒目の薄皮がはがされた瞬間、目は一時的に見えなくなります。テレビの砂嵐状態。で緑のレーザーが当てられて、薄皮が戻ったら元通り見えるようになります。

 

なんかちょっと怖く聞こえるかもですが、あっという間に終わるので、怖いと感じてる時間は全然ありません。

レーシック手術を受けた結果(当時)

僕は当時、左が視力0.2、右が0.4程度だったと記憶してますが、両眼とも2.0まで上がりました

 

本当に手術終了直後から視力は回復していて、木の葉っぱ1枚1枚が鮮明に見えるレベルになっていました。3日目:術後検査で視力を測定して、両眼とも2.0を確認しました。その後の検査でも2.0のままでした。

 

その後の生活は本当最高ですね。コンタクトを付ける手間、買いに行く手間がなくなった上に、コンタクトよりもよく見える。言うことなしです。

レーシック手術を受けた結果(10年後)

細かな視力検査をしていないのでなんとも言えませんが、当時に比べたら視力は落ちてます。術後すぐであれば見えたであろう文字が見えなかったりはするので。

 

でも、つい先日免許の更新に行きましたが、視力検査は余裕でパスしました。なので1.0くらいはまだあるのかな?と思います。感覚値ですが。

レーシック手術って本当に大丈夫なの?

僕は当時バイトしてる人たちにレーシックやったんだと言う話をしたら、4〜5人ぞろぞろとレーシック受けてましたが一方で、

「レーシックって本当大丈夫?」

「レーシック手術はまだまだ前例がないから、10年後くらいどうなるかが怪しい」

 

なんて言う人もしばしばいました。

 

わからないでもないですが、個人的にはコンタクトを着用し続ける人生の方がどうかな〜と思います。コンタクトの人って、ワンデーを何日も付けてたり、2週間を3週間付けてたりってザラです。しかも取らない、洗わない人も結構多い。

 

毎日目に負担かけまくって過ごすよりは、レーシックの方が目に優しいのでは?というのが個人的な意見です。さらに言えば、レーシック手術受けるよりも、コンタクトがズレて目の奥どっかいっちゃったという方がよっぽど怖い。

 

余談ですが、一時期サッカーの本田圭佑選手がレーシック手術失敗して目がおかしくなったという話がありましたが、あれはデマ。本人も否定してます。知り合いにバセドウ病の人がいるのですが、あれは絶対バセドウ病の症状だと言ってました。

レーシック手術のメリット・デメリット

メリット

・すぐ視力が回復する(個人差ありますが)
・コンタクトを買う、付ける、洗う手間がなくなる
・10年経っても生活に変わりなし(僕の場合)

 

いろんな手間がなくなって、楽になったのが大きいです。

デメリット

・費用が少々高い

 

費用は高いですが、生涯コンタクト買い続けると考えれば割安になるはず。考え方次第ですね。

おわりに

もしレーシック手術を迷ってるのであれば、個人的には受けた方が良いと回答します。人生楽になるので。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事