ベルリン【フンボルト博物館】
スポンサーリンク

ベルリンのことをもっと知るには歴史を辿るべし。ということで今回は、ベルリンの中心地にある自然史博物館【フンボルト博物館】に行った記録をご紹介します。

フンボルト博物館の概要

公式サイト:https://www.museumfuernaturkunde.berlin/
入場料  :大人8ユーロ、子ども5ユーロ
営業日  :火曜日~日曜日(月曜日定休)

 

フンボルト博物館の記録

外観

ベルリン【フンボルト博物館】

ヨーロッパって感じの建物です。

内観

ベルリン【フンボルト博物館】

入館直後にいるのが「プラキオサウルス」という長めの恐竜。

全長約25メートル、体高は約16メートル。
マンションの5階の高さに顔がある感じ。

こんなに体大きいのに草食ってなんだか不思議。寝てる時にほかの生き物に首踏まれたことあるだろうなぁとか思ったりしてました。

 

ベルリン【フンボルト博物館】

続いてはT.レックスこと「ティラノサウルス」。トップの写真もこれと同じティラノサウルスの写真です。

 

史上最大級の肉食恐竜で、レックス(rex)はラテン語で王の意味だそう。ゴツめの顔に対して手が可愛らしいです。

 

ベルリン【フンボルト博物館】

いわゆるホルマリン漬けというやつでしょうか。このコーナーは少々気味が悪かったです。いろんな生物が瓶にぎゅっとされてました。マッドサイエンティストの研究室みたいな感じ。

番外編

空と海のインパクトある恐竜の化石はなくて、この時代どんな感じだったのか気になって調べてみました。

恐竜図鑑

恐竜図鑑

 

空は「プテラノドン」が有名ですよね。翼を開いた時は7~8メートルあるみたいです。

 

 

海には「モモサウルス」というのがいたみたいです。恐竜というか怪獣...。

恐竜はなぜ絶滅したのか?

なんとなく知ってますけど詳しくは知らないということで、調べてみました。
恐竜がいた時代は、三畳紀・ジュラ紀・白亜紀とありますが、この白亜紀に地球に「巨大隕石が衝突」したことによって、大量絶滅が起こったとされています。
 
直径180Kmくらいの、エベレスト級の隕石だったみたいです。落下地点は、メキシコのユカタン半島付近。
 
ちなみに隕石は、戸建ての家サイズでも核爆弾くらいの威力があるんだとか。

 

それはそれはとんでもない高さの津波がきます。火山活動が活発になり、火災、有毒ガス発生。
隕石衝突時に塵埃が大気中に舞い、太陽光が遮断。植物は光合成ができず、地球の温度も低下。草木が無くなり、草食動物が絶滅し、肉食動物も絶滅という流れだったようです。
 
 
これまで地球上では、何回も生物が大量絶滅する出来事があったようですが、長い年月を経て絶滅に至ったのに対し、恐竜の絶滅はたった数日の話。
 
白亜紀の絶滅は歴史上、最も早い速度で進んだ絶滅とされているようです。
 
 
この時の隕石の衝撃を「広島原発の30億倍」と表す説明もありましたが、スケールが大き過ぎてちょっとよくわかりません。いずれ人類が絶滅するような出来事も起こるんでしょうね。

現存する巨大動物

 

カナダにいる「ヘラジカ」です。僕は初めてこの写真見た時、結構衝撃を受けました。明らかにサイズ感合ってないですよね。周りの風景と。
 
これがいきなり道路に出てきて車でぶつかってしまうことも多々あるらしく、年間250人以上がヘラジカとの接触事故の影響で亡くなっているようです。

おわりに

ベルリンのことというか、恐竜のこと、地球の歴史に興味が沸いた博物館見学となりました。こんな生き物が本当に地球にいたんだということ、地球に存在する生物の変化に改めて驚いた1日でした。

 

隕石なんて逃げようがないわけで、人間が絶滅して別の生き物に代わる日がきてもおかしくないんですよね。どんな未来がきてもいいように、今を100%楽しく生きようと思います。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事