何かしたいけど何すればいいのかわからない人がやってはいけないこと
スポンサーリンク

新型コロナウイルスの影響で、最初の頃は仕事が減ったから残業なくなる!ラッキー!

 

なんて思ってたけど、いよいよ本当に仕事そのものがなくなってしまうかもしれないと、日々恐怖が増していたり、暇が続き過ぎてYouTubeもNetflixも見飽きたな〜。なんか他にやることないかな?と思っていませんか?

 

そんな時に目に映るのが、世の中のデキる大人たちの発信する、

 

時間のある今こそスキルアップをしよう

行動力がない奴はダメ

 

と言った言葉。

 

おっしゃる通りだと思いますが、闇雲に動けばいいってものではありません。

 

この記事では、今何かしたい!という思いの強い人が、行動力余ってヘタな動きをしないよう注意喚起するとともに、自分のするべきことを見つけるヒントをご紹介します。

何かしたいけど何すればいいのかわからない人がやってはいけないこと

それは、一般論に従って行動することです。

 

本当にやりたいと感じたこと、もしくは、それをやった未来の自分を想像して、”そうなりたい!!”と思えたこと以外、やらない方がいい

 

要は、しっくりきてないことはやるな!ということです。

 

スキルアップを例にお話します。

 

これからの社会で身に付けておくべき、将来性のあるスキルといったら何を想像しますか?

 

・プログラミング

・Webデザイン

・英語や中国語などの語学

 

などなど、さまざま出てくると思います。

 

「勉強しておけば間違いなさそうだから、とりあえずやってみるか」

 

こういう動機で始めるのはおすすめできません

 

なぜそれが言えるかと言うと、僕は個人的に海外留学をして英語を勉強した経験があるのと、某プログラミングとWebデザインスクールの内情をバッチリ熟知してるからです

 

ついでに言えば、スポーツジム、フィットネスクラブの内情もバッチリ理解しています。そこで働く人たちとの繋がりで、リアルな声を聞いてますので。どこかはさすがに言えませんので悪しからず。

 

ちなみにスポーツジムの継続率は、平均して半年で29%。1年間で10%。つまり、半年で70%が来なくなり、1年間では90%の人が来なくなる】です。

 

ほぼ幽霊会員で成り立ってるビジネスなんです。すごいですよね。僕自身スポーツジム通いますが、実際よく見かける人ってすごく限られた人です。

 

某プログラミングスクール、Webデザインスクール、ともに基本在宅で、社会人でも自分のペースで学べるカリキュラムになっているにも関わらず、費用が100万〜200万するにも関わらず、講座の完走率は、50%以下。20%くらいの時もあるんだとか。

 

理由は何か?

 

単純に、モチベーションが続かないんです

「意思弱過ぎでしょ??」

 

と言いたくなるかもしれないですが、それは仕方ないところもあるんです。

 

人の購買心理なんてものはよく研究され尽くしてる分野。

 

もっと稼げるようにならないかな〜!

サクッとダイエットできないかな〜!

 

なんて欲望にリーチする、うまい設計になってるんです。

 

年齢・性別関係なく、未経験でも短期間で高収入スキルを習得できる!

たった1ヶ月で驚くほど体が変わる!

 

なんて見出しがあって、実際に異業種から未経験で始めた人のインタビューを見ると、自分も!ってなるものなんです。今なら○万円オフ!とかあれば即決もの。

 

それで行動するのは良いんですよ。これだ!と思えたなら。

 

ポイントは、どこかしっくりきてないのに、勢いで決定してしまうことがダメという点。なんとなくわかりますよね。自分がしっくりきてるかどうかって感覚的に。

 

本当に自分に必要なことだと思れば、金額とか時間とかなんとかしてでも動こうと思うもの。

 

でも、何か違和感があるんだとすれば、それは違う。もしくは、決断には早いんです。

 

僕が個人的に思う、スポーツジムが継続できない理由からもう少し深堀りしてみたいと思います。

僕は筋トレのメリットって恐ろしいほどあると思っています。

 

見た目的なことはもちろんのこと、健康にも良いし、ポジティブにもなるからメンタルにも良い。

 

これらが、運動神経の有り無しは関係なく、ブサイクでも誰でも継続すれば、必ず目に見える成果が得られるからです。

 

それでも途中で諦めてしまう人が多いのは、筋トレを始める”前”に、つまり、ジムに申し込みをする前段階で、やり始めと目標値の差分がわかってないから

 

ちょっとメタボ気味になってきた飲み会大好きアラサー男子が、腹筋バチバチに割れた細マッチョになるには、ただジムに通っても無理なんです。

 

・週3〜4日ジムに通う

・理想の体になるためのメニューをやる

・食生活を改善する

・睡眠をしっかりとる

 

これがちゃんとできて、3ヶ月でそれっぽい体になるって感じです。どれが欠けてもダメ。

 

なんとなく自分で見よう見まねで決めた内容で、通うリズムはバラバラ、食生活はいつも通りでは、いつまで経っても理想通りにはなりません。

 

胸筋や腕まわりの筋肉はついても、お腹はポッコリのままでしょうね。

ジムに入る前は、ジムに通えば変わる!と思ってるわけですが、いざ通ってみると、「あれ?これひょっとして、かなり時間かかるな...」って気が付くんです。

 

そうなると、一気にモチベーションって下がるんですよね。そこから這い上がるのはまぁ難しい。

 

プログラミングや英語も似たようなところがあって、プログラマーって今だとフリーランスになって、時間と場所に捉われず自由に働く!というキーワードがウケてますが、未経験でプログラミング学んだ人が在宅で働けるようになるまでには、3年かかると言われています。

 

実際未経験からプログラマーやってる知り合い数人がいますが、

 

とてもじゃないけど、先輩が横にいないと1人では作業しきれない

 

みんなそう言います。

 

つまり、フリーランスプログラマーって言っても、最初は3年くらい会社に行って働くんです。

 

スクールで学んだ後は、カフェでMac開いてドヤリながら働ける〜!と思ってた人からすると、目標値までが遠過ぎて、一気にモチベーション下がるんですよね

英語もそう。

 

僕の知り合いで英語がペラペラは、「自分の思い通りに英語が出てくるようになったのは、仕事もプライベートも3年間、完全に英語環境を過ごしてから。」と言ってました。

 

僕自身、オーストラリアで語学学校に通ってたからわかりますが、ネイティブ相手にビジネスシーンで使える英語力なんて、数ヶ月の留学では到底無理。元々英語が好きで得意な人ならいけるかもしれませんが。

 

プログラミングも英語も、ざっと3年必要。

 

よく何かを習得するまでには1万時間かかると言いますが、行動してる時間で考えれば3年ですよね。

 

あなたは今やろうと思ってることが、理想の姿になるまでに3年かかると知っててもやりたいですか?

 

それはちょっと...と思うのであれば、一旦冷静になった方が良いでしょう。

 

”本当にやりたい!!”と思えていない状態で勢いで何かを始める、もしくはそれをやった未来の自分を想像して、”そうなりたい!!”と思える何かがない状態で始めたことは、超高確率で挫折します

自分が何をしたいのかを知る方法

人は行動力がないのではなく、何がしたいのかわかっていないだけだと僕は思っています。

 

何かしたいんです。だけど、何をすればいいのかわからない。

 

何かないかな、何かないかなって日々思ってはいるけど、どれもしっくりこない。

 

それがあるレベルまで達すると、もうとりあえずこれでいいや!で何かを選んでしまう。

 

未経験のことは、実際にやってみないと適性がわからないので、とりあえずやるのは否定しませんが、スクールやスポーツジムのような、そこそこのお金が発生するものに関しては慎重にならなければダメ。

 

ある程度興味がある上で、「やってみて自分には合わないと悟った。勉強代だった。」と思えるならOK。

 

でも、自己投資できる最大限のお金を闇雲に使うのはやっぱりダメ。

 

「そんな人いる?」って思うかもしれませんが、実際いるんですよ。毎月何人も。

 

じゃあどうすれば良いかと言うと、やりたいことが見つからないのであれば、こうなりたいと思う理想の生活目線から考えれば良いと思います

 

例えば僕で言うと、今現在リモートでライターの仕事をしているのですが、これは1年前にドイツに住んでいた頃に始めたことです。

 

ライターの仕事自体はもう4年くらいがやってますが、好きで好きで、これしかないと思ってやってるわけではありません。元はお小遣い稼ぎの副業でしかないので。

 

あの当時、「ヨーロッパを転々としながら生活したい!」という思いを叶える職種だったから、副業から本業に移行しました。

正直心底楽しい仕事とは思ってはないです。でも、理想の生活ができてるのですごく満足しています。

 

だから自然と努力できたところもあって、報酬も上がり、より良い海外生活が過ごせました。

 

あなたの理想の生活はなんでしょうか?

 

時間や場所に捉われない生活することですか?

たくさん稼いで、グレードの高い家に住み、グレードの高い車に乗ることですか?

 

やりたいことはわからなくても、みんな理想の生活はぼんやりでもあるもの。

 

それが叶うことをするという視点も良いと思います。

 

その生活をするのに最低でも月に50万は稼げる仕事が必要だ!となればプログラマーは合ってますし、近所のスーパーのレジ係は合ってない。

 

理想の生活から、消去法でやることを決めるのもひとつの方法です。

したい”何か”がわかったらするべきこと

プログラミングに英語、スポーツジムと、ごちゃごちゃしてしまいましたけど、何やるにも共通して言えるのは、これだ!というものが見つかったら、誰かに教えてもらいながら取り組んだ方が良いということ。

 

プログラミングや英語ならスクールに通って教えてもらう。筋トレならスポーツジムでインストラクターに教えてもらうといったことです。ライザップ(RIZAP)なんか実際すごく良いと思う。

 

今時ググれば何でもわかります。YouTube見れば視覚的に理解できるので、独学で勉強しても知識は得られます。

 

でも、得意・不得意だったり課題は、人それぞれあるんです。それをググるだけで全部解決していくのは難しい。できたとしても、すごく時間はかかるでしょう。

 

人に教えてもらうことに抵抗がある人もいると思いますが、プロの人をイメージしてみてください。例えば野球選手とかサッカー選手。コーチなしで1人でプロレベルまでたどり着いてるかといったらたどり着いてないですよね。

 

知識だけじゃ成長しきれない部分はあるもの。自分が正しい道を進んでいるのか、客観的にみてもらえることはすごく重要です。

 

実際教育動画だけで学びきれる人って、5%いるかどうかレベルみたいですからね。

 

スポーツジムで我流の効果の薄いというかほぼ無意味な筋トレしてる人をたくさん見かけますが、絶対インストラクター付けた方がいい。意味ないだけならマシで、最悪ケガしますから。

 

あとは、モチベーション維持のためにも、自分以外の誰かの存在はすごく重要。一緒に頑張る人や、この人に教えてもらえれば確実に成長すると感じられる存在。

 

お金がかかるとしても、独学より絶対にメンターがいた方が良い

 

したい”何か”がわかって、良い師に出会い、モチベーション高く取り組めたなら、半年や1年で大きな成果をきっと出せます。

 

参考までにプログラミングやWebデザインが学べるスクールと、おすすめジムをご紹介します。

 

・世界最大級のオンライン学習サイトUdemy

・未経験からエンジニアを目指すTechAcademy Pro

・ライザップなら2ヵ月で理想のカラダへ。

おわりに

何か始める時の基準は、それをやることを考えたときに、ドキドキ、ワクワクすることを選ぶと良いと思います。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事