フランスのパリとリヨンに1ヶ月滞在して知ったことや感想まとめ
vinsky2002 / Pixabay
スポンサーリンク

全仏オープンテニス2019以来のパリと初のリヨン旅。

パリ4泊5日、リヨン4週間で合計約1ヶ月の旅が終わったので、フランス旅で知ったことや感想をまとめたいと思います。

パリ・リヨンに滞在して知ったこと

 

・パリ、リヨンには電柱が無い
・マニュアル車が多い
・フランス人はよく信号無視する
・美味しいコーヒーを出すカフェが少ない
・日本と違って夏でもだいぶ乾燥してる
・ボトルショップとかもシエスタ(昼休み)がある
・Uberがたくさんいる(Uber Eats対応の店もたくさん)
・パン屋とケーキ屋がたくさんある
・フランス人はすごく日本のアニメ、マンガが好き
・ドイツより英語通じる(僕の感覚では)
・建物とか駅とか何かと古い(特にパリ)
・ルーブル美術館にあるマックと街中のマックは値段が違う(ルーブル店は高い)
・マックにテリヤキバーガーが無い(ベルリンもなかった)
・フランス人はスタイル良い人が多い(男女とも)
・坂道だらけ(リヨン旧市街)
・トラブールなる抜け道がある(リヨン旧市街)
・ストリートアートは意外と少ないけど、「だまし絵」が見れる

坂道だらけ(リヨン旧市街)

横浜並みの坂道の多さ。こんなんだらけです。

トラブールなる抜け道がある(リヨン旧市街)

トラブールはリヨンにちょいちょいある抜け道で、昔絹を運ぶ時に雨に濡れないように運べるようにと1820年代に作られたものだそう。初めて見る人からすると、「これ入って良いところなの?」と思うような入り口。

 

入り口①

フランス・リヨン【トラブール】

 

入り口②

フランス・リヨン【トラブール】

 

内観①

フランス・リヨン【トラブール】

 

内観②:意外と最近の映画のポスター貼ってたりする。

フランス・リヨン【トラブール】

ストリートアートは意外と少ないけど、「だまし絵」が見れる

ベルリンとかメルボルンはストリートアートが多くて、僕の勝手なイメージでしたが、フランスもこういったアートはどこ行っても見れるのかなと思ってましたけど、たまーにしか見れない。

 

ストリートアートはこれくらい↓

 

だまし絵はこんな感じのやつ↓

パリ・リヨンに滞在した感想

フランス・リヨン

 

僕はこれまでフランス人の知り合いが全然いなくて、オーストラリアの語学学校で1人だけ、クラスメイトにフランス人の女性がいたんですが、まぁ気が強くてツンとしてて、いつも1人でいる人で、こんな感じなのかな?とイメージがありました。

 

スリが多いと聞くし、多少アジア人差別を感じる瞬間もあるかもくらいの、少し警戒強めの気持ちで来たんですが、しかし、そんな心配はまったく不要でした。

 

フランス人は明るくてフレンドリーで優しい、本当良い人ばっかり!パリにいてもリヨンにいても、メルボルンの人たちくらい感じが良い。

 

都市でいうと、僕は個人的にはリヨンの方が好きでした。パリも素敵だけど、やっぱ大都会は人が多くて少し疲れてしまう。僕には住むというより旅行が合ってるなと感じました。

 

一方リヨンはそんなにごみごみしてないし、中心地にあるローヌ川沿いがすごい好き。

フランス・リヨン【ローヌ川沿い】

飲み屋も賑わってるんですけど、ビール買って川沿いで飲むのも雰囲気が良いんです。日本で言えば毎週花見やってるくらいの活気があって、時にここでライブもありました。

 

街のど真ん中にこういうエリアがあるのってすごい良い。欧米の人たちは飲みメインじゃなくて、会話メインだから、ビール1~2本くらい持ってきて、あとはひたすら喋って過ごしてる人が多い。

 

外国人+お酒と言うと、とにかくテンション高く騒いでる、踊ってるようなイメージがあるかもしれないですが、実は全然そんなことなくて、泥酔しておかしくなってる人なんていません。

 

日本に観光した外国人が、「日本人のお酒のマナーはヒドイ」と言ってるのを知らない人が多いと思いますが、酒に飲まれて変に騒いだり道で寝るのは日本人くらい。海外でこういうところ行っても全然安全なものです。

 

フランス・リヨン

 

リヨンは街も人も雰囲気が良いし、川や公園があって自然も十分、食事も美味しいし、飲み屋にボトルショップにたくさんあって最高。

 

強いて言えば、コーヒー好きからすると、イケてるカフェはベルリンやアムステルダムの方が多く、メルボルンの方が圧倒的に多い。イケてるカフェがもっとたくさんあったら、本当住みたいくらいめちゃめちゃ良い都市。

 

パリは言うまでもなく、リヨンもすごく良いところなので、観光もワーホリもオススメです。

 

ちょっと前にパリで毎週すごいデモがありましたけど、もうすっかり落ち着いてるのですっかり安全です。

おわりに

フランス・リヨン

 

ヨーロッパもベルリン、プラハ、アムステルダム、パリ、そしてリヨンと来ましたが、建物の造りは似てても、そこで流行ってるもの、文化、食習慣、人の雰囲気はこうも違うんだといろいろ知れて面白い。

 

プチ移住してるとその土地土地の事がいろいろわかってきますが、なんだかんだ言って、結局は人柄が1番大事だなとつくづく実感するこの頃です。

 

次はバルセロナに1ヶ月ほど滞在するので、今後はバルセロナの記録を紹介していきたいと思っています。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事