イタリア・ローマ【ポポロ広場】
スポンサーリンク

ローマ中心地にある有名広場で、観光スポットの定番でもある【ヴェネツィア・ナヴォーナ・ポポロ・スペイン】の4つの広場について、ご紹介します。

4つの広場の位置

4つとも徒歩圏内で、半日あれば十分周れる距離感です。1番距離の離れてるポポロ広場からヴェネツィア広場までで徒歩20分。途中パンテオンやトレヴィの泉もあります。

ヴェネツィア広場について

イタリア・ローマ【ヴェネツィア広場】

世界遺産フォロ・ロマーノから歩いてすぐのところに位置しています。広場と言っても、以下でご紹介する3つの広場とは違って、ご覧の通りほぼ道路。

 

ヴェネツィアというとイタリアの水の都をイメージするかもしれませんが、その辺はまったく関係ないようで、上の写真左側に見える茶色の建物「ヴェネツィア宮殿」にちなんでヴェネツィア広場と呼ばれるようになったそうです。1885~1911年に造られたよう。

 

交通量が多いにも関わらず信号がないところもあるので、渡る時はくれぐれもご注意ください。

ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世記念堂

イタリア・ローマ【ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世記念堂】

ヴェネツィア広場に隣接するのがこちらの立派な建物。イタリア王国を成立させた”国父”と呼ばれるヴィットーリオ・エマヌエーレ2世の偉業を称えるべくローマの中心に建設されたもので、1911年完成。

 

上の写真センターにいる、馬に乗った銅像がヴィットーリオ・エマヌエーレ2世。建物最上部の左右にいる銅像は、クアドリガという馬車に乗る勝利の女神ヴィクトリア像。

 

建物の中央には「無名戦士の墓」という、戦争で戦死した身元不明の兵士を埋葬したお墓があり、警備が2名立っている。

イタリア・ローマ【ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世記念堂】

誰でも自由に見学できるようになってて、上のフロアには椅子があって小休憩できます。この距離で見ると、建物の迫力がスゴイ。イタリアの建築物にはオーラがあります。

イタリア・ローマ【ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世記念堂】

ナヴォーナ広場について

イタリア・ローマ【ナヴォーナ広場】

ローマ帝国の第11代皇帝ドミティアヌス1世紀に造らせた広場。名称はキルクス・アゴニウスと呼ばれていたものが中世にはカンプス・アゴニスとなり、アゴーネ 、ナゴーナ 、ナヴォーナ と変化して現在に至る(Wikipedia参照)

 

今回ご紹介する4つの広場の中で、おそらく歩ける面積は最も広い。広場中央にあるのが「四大河の噴水」と呼ばれる彫像&オベリスク。

イタリア・ローマ【ナヴォーナ広場】

オベリスクとは?

オベリスクは上の写真の高く長い石柱のことです。これはローマ市内でちょいちょい見られるものなんですが、もとは古代エジプトで造られた神殿などに立てられた記念碑の一種。

 

大きいものは重量が数百トンもあるらしいですが、ローマ帝国が昔エジプトを攻め、その時の戦利品としてローマまで持ち帰ってきたらしい。柱にはヒエログリフという、古代エジプトで使われた文字で王の名前などが彫られている。ワンピースのポーネグリフが思い出されます。

 

現在世界に現存する古代オベリスクは30本であり、内13本がローマにある。どうりでよく見かけるわけです。ちなみに日本にも、山梨県甲府市にある「謝恩碑(しゃおんひ)」、千葉県夷隅郡御宿町にある「メキシコ記念塔」に2本あるよう。

 

オベリスク下の彫像もスゴイ。

イタリア・ローマ【ナヴォーナ広場】

ポポロ広場について

イタリア・ローマ【ポポロ広場】

ポポロはイタリア語で「市民」を意味するので、市民の広場という意味。こちらにもナヴォーナ広場同様、広場中心にオベリスクがあります。このオベリスクは、ローマ帝国初代皇帝アウグストゥスが、紀元前10年にエジプトから運んできたもの。オベリスクの先に見えるのは双子教会と呼ばれる教会。

 

ちなみにローマ市内でオベリスクがある場所は以下の通り。
・ナヴォーナ広場
・ポポロ広場
・スペイン広場
・サン・ピエトロ広場(ヴァチカン市国)
・サンタ・マリア・マッジョーレ大聖堂
サン・ジョバンニ広場
・パンテオン
・ピンチョの丘
・サンタ・マリア・ソプラ・ミネルヴァ教会
・ディオクレティアヌス浴場
・クイリナーレpiazza del Quirinale
・Piazza Montecitorio
・Villa Celimontana

 

オベリスク下にはライオン的な彫像が4体。

イタリア・ローマ【ポポロ広場】

スペイン広場について

イタリア・ローマ【スペイン広場】

スペイン大使館が近くにあることにちなんで「スペイン広場」と名付けられた広場。広場の階段(通称スペイン階段)を上るとトリニタ・デイ・モンティ教会がある。この周辺はショッピング街なので、買い物ついでに見れると思います。

 

この階段(下の方)は座るのが禁止されてるようで、座ってる人は警備員に立つよう言われてました。ローマの休日の再現は難しいようです。

イタリア・ローマ【スペイン広場】

上るとこんな感じ。教会は無料で入れるので、気になる人はチラ見してみると良いと思います。

イタリア・ローマ【スペイン広場】

階段手前にはイタリアの超有名彫刻家ベルニーニの作品「バルカッチャの噴水」がある。

イタリア・ローマ【スペイン広場】

おわりに

個人的にはヴェネツィア広場に隣接する「ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世記念碑」とナヴォーナ広場が特に印象的でした。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事