チェコ・プラハに2泊3日の旅行に行ってきた【1日目】
スポンサーリンク

人生初のチェコ・プラハに2泊3日で行ってきた記録を1日目、2~3日目で分けてご紹介したいと思います。

 

とりあえず最初に言えることは、プラハめちゃめちゃ良かった!!

 

ほんの2泊の旅行でしたけど、プラハに長期滞在するのアリだな~!と思ったくらい。初めてだったので定番スポットばかりの旅になりましたが、参考までに。

プラハ1日目のスケジュール

2019年7月28日(日曜)~30日(火曜)で行ってきました。

  1. 移動(ベルリン→プラハ)
  2. ホテルにチェックイン
  3. ミュシャ美術館
  4. 街ブラ
  5. 夕食(bellevue)
  6. ホテルに帰宅

ベルリンからプラハへの行き方

プラハ【Prague】

ベルリンからプラハまでの行き方は「電車」を選びました。

 

ベルリン中央駅から、プラハ中央駅までは約4時間。
直行便もあって、帰りは直行便だったんですが、行きはなぜか【電車→バス→電車】と2回乗り換えする行き方しかなくて、少々面倒でした。

 

・電車:ベルリン→ドレスデン(約2時間)
・バス:ドレスデン→Usti nad Labem(約1時間)
・電車:Usti nad Labem→プラハ(約1時間)

 

でもこの電車、Wi-Fi使えるので、パソコンかスマホあればあっという間に到着します。

 

読み方不明です↓

電車のチケットは事前に予約して行きました。予約できるサイトは主に2つあって、
・ドイツ鉄道のサイト(DB
・レイルヨーロッパ↓

英語やドイツ語が分かる人はドイツ鉄道のサイトからの申込みで良いと思いますが、ちょっと自信が無い人はレイルヨーロッパからの予約をオススメします。日本語表記あるサイトなので。手数料が500円くらいかかりますけど、それで安心できるなら安いと思います。

 

僕は7月最後の日曜日に行きましたが、行きの電車激混みでした。僕はすべて座れましたけど、通路に座ってる人も結構いたので、電車は座席指定して予約することをオススメします。

 

ちなみに費用は往復で90ユーロ(約1万円)。早割あるので早めの予約すべしです。僕は直前予約で90ユーロだったので、早めに予約すればもっと安く購入できるはず。

 

購入したチケットはメールで届くので、印刷して持って行きましょう。

宿泊したホテル

Ventana Hotel Prague

決め手になったのは”立地”です。
小旅行なので、なるべく移動時間短く過ごせる、中心地のホテルで探して選びました。このホテル立地カンペキ。今回行きたかった場所は全部徒歩で行けました。

 

Ventana Hotel Pragueからの参考所要時間(徒歩)
・プラハ駅:15分
・ミュシャ美術館:10分
・天文時計:2分
・カレル橋:10分
・プラハ城:20分

 

場所はこちら

 

中心地の中心にある感じで、どこに行くにも便利。

 

部屋

 

小ぎれいで広さも十分。

 

プラハ【Ventana Hotel Prague】

ヨーロッパのホテルには、トイレの横に流し的なものがありますが、これは足洗ったり、モップ洗うのに使うらしいです。

朝食

 

卵、ソーセージ、パン、シリアル、フルーツ、ヨーグルトetc、海外っぽいなと感じるメニュー。

ヨーロッパのホテルのアメニティ

石鹸、ボディーソープ、シャンプーとかはあります。

ただ、【歯ブラシ、歯磨き粉、カミソリ、ヘアブラシ、体洗うスポンジ】はありません。特に重要なのは歯ブラシですかね。ヨーロッパうろうろする時は、携帯歯ブラシを持っておきたいところです。

チップ

ユーロでしたが、キャッシュ持ってたのでチップのつもりで置いときましたけど、回収されてませんでした。

アジア人はチップ置かないイメージなのかな...?

チップ無くてもいいのかもしれません。

ホテルの予約方法

ホテルの予約は定番ですが、Booking.comが価格的にも操作性的にも良いかなと思います。僕はBooking.comで予約することがほとんど。


プラハ観光1日目

ミュシャ美術館(MUCHA MUSEUM)

 

アルフォンス・ミュシャという、チェコの画家、イラストレーターの美術館です。

公式サイト
ミュシャ美術館

営業時間
10時~18時(定休日なし)

入館料
大人1人:300CZK(約1,400円)

見学の所要時間
約30分

 

館内はあまり広くないので、じっくり見てもそこまで時間はかかりません。併設されてるショップを見ても、30分あれば十分かと思います。プラハ駅から5分くらいところにあるので、帰る前にサクッと立ち寄るのもアリ。

 

館内は写真NGの表記があったと思いましたけど、撮影してる人も多々いました。グーグルマップにめちゃめちゃアップされてますので、どんな感じか見てから決めたい人はグーグルマップ参照ください。

 

場所はこちら

プラハの街ブラ

 

プラハの街並みはベルリンよりもはるかに”ヨーロッパ感”があります。ディズニーランドにいるような、魔女の宅急便の世界のような。建物の1階はどこも大体ショップになってて、路上でマーケットもやってて、建物も雰囲気があって、歩いてるだけでもすごい楽しい街。

 

ほかの写真は以下にアップしてるので、よろしければご覧ください。

夕食

ベルヴュー(bellevue)

Bellevue

公式サイト
bellevue

営業時間
ランチ:12時~15時(定休日なし)
ディナー:17時~23時

個人的な評価(★4.6)

 

2018年にミシュラン取ってるらしいお店。

せっかくの旅行なんですね。いつも食べないようなの食べようということで、トリップアドバイザーとか諸々参考に決めました。

 

コース料理+ワインペアリングでいただきました。

ヨーロッパの人はテラス席大好きなので、晴れてたら室内はガラ空きなんてことも。

 

食事美味しいし、ペアリングも良かったし、サービスも良い、景色も見れて良い。ヨーロッパの夏は日が長くて、夜21時過ぎても明るいので、19~20時くらいでは夜景は見れません。

 

Bellevue

予約方法

予約は公式サイトからオンラインでできます。

 

英語かチェコ語表記ですが、日付と名前と連絡先くらいの入力なので、難しいことはありません。オンラインは予約”申込み”なので、実際その日付で行けるかどうかはメールで回答があります。

 

コースとアラカルトとありますが、予約の時に指定する必要はなく、お店で決めればOK。

チップ

僕は10%払いました。

お会計には含まれてなかったので、キャッシュで置くか、チップ上乗せした金額にしてクレジット決済するか。僕はクレジットで払ったので、チップ分上乗せしてもらうようにお願いしました。ちなみにカードはVISAとMasterが使えます。

 

レストランでのチップも必須ではなさそうですが、良いところ行って、しっかりサービス受けたらチップ払うのがマナーだと思います。

 

場所はこちら

プラハの特徴(気候や通貨など)

プラハ【Prague】

気候

季節は日本と同じような感じ。僕が行った7月末は夏で、半そで短パンで過ごしたい気候です。

日本のような猛暑・高湿度の夏ではなく、暑いけど外に出たくないとはなりません。観光には良い気候でした。

言語

チェコはチェコ語だそうです。

ただ、僕が訪れた観光地ど真ん中では、旅行には困らないくらい英語が通じます。ホテルの受付、レストランでの注文、観光地のチケット購入とか、カタコトでも全然大丈夫そう。

日本との時差

ベルリンと変わらなかったので、8時間の時差です。(夏場は7時間)

日本の方が進んでるので、日本が朝8時の時に、プラハは夜中の0時。

通貨

CZK(チェコ コルナ)がチェコの通貨です。

コルナを円/ユーロに換算した時の目安

1CZK=約4.7円
1CZK=約0.039ユーロ

100CZK=約470円
100CZK=約3.9ユーロ

 

僕が滞在してたのはプラハ中心地のがっつり観光地だったこともあってか、多くのお店でユーロが使えました(中にはアメリカドルOKのお店も)。クレジットカードもあったので、コルナへの換金はしませんでした。

物価

高過ぎず、安過ぎず。東京に旅行するくらいの感じかなと思います。

人によってお金かけるところが違うのでなんとも言えませんが、食事・観光・お土産、全部そこそこあれば良いかなだったら、1日お小遣い1万円で十分楽しめるかと。食事次第ですね。

コンセント形状

チェコというか、イギリスを除くヨーロッパは基本この「Cタイプ」と呼ばれる形状でいけます。家電量販店で売ってますので、準備お忘れなく。

デザート屋がめっちゃある

ジェラート、キャンディーショップ、ケーキ、アイスなど、とにかく甘いもんだらけ。

中でも、上のようなチョココロネの中身がアイスになったようなやつのお店が山ほどありました。どうやらプラハではかなり人気のスイーツの模様。気にはなってたんですけど、食べるの忘れてました。

プラハに行って知ったことや気付いたこと

プラハ【Prague】

プラハではなく、プラーグ

チェコの首都プラハ(Praha)は、駅なんかはPrahaと表記されてますが、街中にいるとPragueと表記されてることがほとんど。英語では「Prague:プラーグ」が一般的な模様。

めっちゃ流行ってる

夏休みシーズンだったこともあってか、プラハ中心地は観光客でいっぱい。韓国人や日本人のツアーで団体行動してる集団もかなり見ました。アジア人率は結構高かったです。

プラハの街並みもあって、ディズニーランドに来たみたいな感覚。

JCBカードめっちゃ使える

さすが観光地、支払いの選択肢が充実してました。

JCBカードが使えるところもたくさんあるし、キャッシュにしても現地のコルナ以外、ユーロが大丈夫なお店も多く、アメリカドルOKなお店も。

月曜日定休のお店が結構多め

僕は日曜・月曜の滞在で、日曜日はレストラン予約しましたが、月曜は平日だし現地で決めようと思って予約しなかったんです。ココ良さそう!と思ったお店が月曜は何店かお休みでした。

空いてるお店の数の方が全然多いので、食事に困ることはないと思いますが、行きたいお店があったら月曜日は避けた方が良いかもしれません。

おわりに

好調なスタートのプラハ旅行1日目。またぜひ機会があれば、遊びに行きたいと思える街でした。

2日目~3日目の記録もよろしければご覧ください。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事