興味深い!サイコパスが選ぶ職業ランキングTOP10
スポンサーリンク

サイコパスが選ぶ職業ランキングTOP10】という興味深いランキングについてご紹介します。

サイコパスが選ぶ職業TOP10

  1. CEO
  2. 弁護士
  3. テレビやラジオのキャスター
  4. セールスマン
  5. 外科医
  6. ジャーナリスト
  7. 警察官
  8. 聖職者
  9. シェフ
  10. 公務員

※引用元:ビジネスインサイダー「サイコパスが選ぶ職業、トップ10

 

サイコパスは一般人と変わらないため、普通に接している分に気付くのは難しいが、職業においてはわかりやすいと紹介されています。

 

また、サイコパスは「非情さ、カリスマ性、恐れを知らないといった特質を持つ」と説明されていますが、個人的にはCEO、弁護士、外科医はなんとなくわかる気がする。

そもそも、サイコパスとは?

サイコパスは日本語で、「精神病質者」と言うよう。

 

サイコパスの個人的なイメージは、「すごく冷酷で、他人に配慮できない人」というイメージでしたが、犯罪心理学者のロバート・D・ヘアは以下のように定義している。

 

  • 良心が異常に欠如している
  • 他者に冷淡で共感しない
  • 慢性的に平然と嘘をつく
  • 行動に対する責任が全く取れない
  • 罪悪感が皆無
  • 自尊心が過大で自己中心的
  • 口が達者で表面は魅力的

※Wikipedia参照:精神病質

 

良心の欠如や行動の責任が取れない、罪悪感が皆無というのは精神病って感じがしますが、「口が達者で表面は魅力的だけど、慢性的に平然と嘘をつく」は怖いですね。

おわりに

いつからかちょくちょく日常に登場するようになった「サイコパス」というワード。精神的な症状は人によって違いが大きい印象があって、選ぶ職業に共通点があるとは思いませんでした。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事