ドイツ国会議事堂
スポンサーリンク

花粉症になったかな?というくらいくしゃみが止まらない僕です。ドイツは人前で鼻をすするのがNG行為なので、外にいる時は大変。

さて今回は、ドイツの国会議事堂に行ってきた時の記録をご紹介します。

ドイツ国会議事堂について

公式サイト:https://www.bundestag.de/besuche/architektur/reichstag/

 

1894年から下院の議事堂として機能を始め、1933年に不審火で炎上。1999年に修復され、現在の姿になっているよう。ちなみに炎上したのは、あのナチスの指導者で有名なヒトラーがドイツの首相になった翌月のこと。

 

ドイツ国会議事堂

なかなか貫禄があります。良い感じに風が吹いてて、ドイツ国旗がこっち向いてくれました。

 

Google Mapで写真を見るとわかりますが、中に入れるんです。ガラスドームがあって、そこが見どころなんですけど、なんと僕が行った時はメンテナンス中で入場不可...。詳しく見たい方はGoogle Mapでご確認ください。

 

毎日営業してて、夜22時まで開館しているようです。

平日行きましたが、修学旅行生的な集団やツアー客集団っぽい人たちがたくさんいて、だいぶ賑わってました。

 

場所はこちら

 

ベルリンの観光名所、ブランデンブルク門、ホロコースト記念碑、ティーアガルデンあたりが近いので、合わせて観光できると良いと思います。詳しくは以下ご覧ください。

おわりに

気が向いたら、ガラスドームを見学に再訪したいと思います。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事