面白い仕事が見つかるかも?地域貢献副業プロジェクト【スキルシフト】
スポンサーリンク

「なんか面白い仕事ないかな〜?」と思ってるあなた。

 

スキルシフト(Skill Shift)】という求人サイトをご存知でしょうか?一言で言うと、面白い仕事が見つかる可能性が大いにある副業用の求人サイトです。

 

「大手の求人サイトは見尽くした。興味あるものナシ。」という方にとっては、新しい発見のある求人サイトになり得るので、ぜひこの機会に知ってください!

スキルシフトとは?

スキルシフトのキャッチコピーは、「あなたのスキルがつなぐ、地域貢献副業プロジェクト」です。

 

マーケティングや販売促進、商品企画、経営企画などに精通した人材の多くは、首都圏の大企業で勤めており、地方の中小企業はイノベーションが起こりづらい現状があります。

 

過疎化の進む地域ではそもそも人材確保自体に難ありですが、首都圏の人材を高待遇で招く経済的な余裕はなく、事業を前進・改善させようにもうまく立ち行かない問題を抱えています。

 

一方首都圏で働く人の中には、収入の底上げやスキルの横展開、人脈を増やしたいなどの理由から、空いた時間を副業に使いたい人も実は多い。

 

スキルシフトは「副業正社員」という、都市部の正社員が地方企業の仕事に本業にムリの出ない範囲の副業として関わる窓口となるサイトです。

スキルシフトにはどのような求人がある?

上の画像がスキルシフトのトップページで、左赤枠にあるのが職種です。経営企画、人事、マーケティング、PR、経理など、実に幅広くあります。

 

真ん中の小さな赤枠には、「求人してる企業の業種・所在地・副業の給料(月額)」が記載されています。例えば上の赤枠の求人で言うと、「山口県の建設業が月3万円」で求人してることがわかります。

 

「月3万???安くない???」

 

スキルシフトにある求人は、月3〜5万円が相場です

 

安いと思われるかもしれませんが、多くの求人は、

・月1回電話や直接訪問でのやりとり
・適宜メール相談

のようなレベルなので、個人的には妥当な額かなと思います。

 

いくらに設定するのが妥当なのかわかってない企業も結構あって、副業の金額は直接やりとりする中で応相談となることもしばしばあります。

 

成果が良くて継続的に依頼したいとなれば、報酬アップも十分にあり得るでしょう。

 

また、月に1回の直接訪問を希望する企業も結構ありますが、交通費は基本支給いただけるので、小旅行的な気分で普段行けない場所に行けるのも良いかな〜と思います。

スキルシフトの応募方法

一般的な求人サイトと同じ手順です。

 

まず、サイト右上の個人登録をします。Facebookのアカウントでも登録&ログインできます。

その後、スキルや職務経歴など、プロフィールを入力します。ここをめんどくさがって適当に書くと、反響少なかったり、応募しても全然先に進まないので、なるべく詳しく書きましょう。

 

プロフィール入力が済んだら、仕事の検索をして気になる求人を開きます。

 

すると下の画像のようなページが表示されるので、応募条件や場所、副業スタイルを確認します。問題なければ、「副業社員としてスキルを提供する」をクリック。

自己PR、志望動機を入力して、もし別途添付できる職歴やポートフォリオがあれば添付して、送付したら完了です。

ここもなるべく詳細書きましょうね。課題に大してどのようなアプローチができるかなど、書けるなら書いてしまってOKです。

 

この後は企業から直接、もしくは代理で選考してる企業から返事がくるのを待つのみ。中小企業の社長が窓口になってるケースも結構あって、その場合はおそらく忙しい関係上、2週間、長ければ1ヶ月かかることもあります。気長に待ちましょう。

スキルシフトのメリット・デメリット

メリット

・面白い仕事が見つかることが多々ある
・副業で収入の底上げができる
・職種の幅が広い
・海外案件が出ることもある

・本業のスキルの横展開ができる
・地方事業に貢献できる
・新たな人脈形成ができる
・行ったことのない土地に行けることもある

 

都心の企業で働いてると、自分の持ってるスキルなんて大したことないと思われる人もいるかと思いますが、地方では自分の当たり前の知識が新しいこともあります。

 

莫大なお金をかけたコンサルというわけではないので、自分の知見を基に相談しながら、一緒に事業を盛り上げていくというスタンスは、自分自身のレベルアップにも魅力だと思います。

 

僕は個人的にいろんな場所に行って、いろんな人と働いてみたい気持ちがあるので、スキルシフトはすごく良い。

デメリット

・連絡が返ってこないこともある
・求人の段階では業務範囲がわからないこともしばしある
・業務範囲によっては割に合わないこともあり得る

 

前述しましたが、中小企業の社長が窓口になってるケースも結構あるため、忘れた頃に返事がくることもちょくちょくあります。

 

あと、応募してみたものの、どこまでの対応を望んでるんだろう?ということもあります。企業側もスキルシフトで初めて首都圏の人材と接点を持つところが多いため、ちょっと不慣れな感じは理解が必要です。

 

良い人が多いですし、話を真摯に聞いてくれる人も多いですが、スピード感がかなりゆっくりなところも。都心のベンチャー企業で働くような人からすると、もういいやってなってしまうかもしれません。

 

環境や価値観は結構違うものと思っていた方が良いと思います。

おわりに

新規事業の戦略を一緒に考えて欲しい、経営企画に参画してもらいたい、マーケティングサポートしてもらいたい、など、逆に都心ではそうそう簡単に関われないような仕事も多く、むしろやらせてもらいたい!と手を挙げたい人も多くいるだろうと思います。

 

そこまでメジャーな求人サイトではありませんが、それなりに倍率のあるサイトなので、思い通りにはなかなか決まりませんが、決まればいろんな経験を積むキッカケになると思いますよ。

 

その他、面白い仕事や意外な副業もご紹介していますので、興味あればこちらも併せてご覧ください。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事