スポンサーリンク

まだまだ終わりの見えない新型コロナウイルス問題。

 

幸い家でできる仕事してるので仕事はあるにしても...毎日家に缶詰で同じ仕事繰り返してたら、少々おかしくなってきました。

 

環境は家の中で変わらないにしても、何か違うことして気分転換したい!

 

ということで、どうせなら収入になる可能性のある暇つぶしをして、そこから2020年の目標「パラレルワーカーになる」を目指す方向で行動することに決めました。

 

やることなくて退屈で枯れちゃいそうな人は、ぜひ参考にしてみてください。

収入になる可能性のある暇つぶし5選

1、ブログ

当ブログは2019年の5月から始めたもので、もうそろそろ1年が経ちます。

 

ずっと続けてるので新たに始めたことではありませんが、一応ご紹介しました。当ブログはアフィリエイトなどでの収益化を強めてないので、稼ぎはあまりないですが、それでも多少は収入になります。

 

でもこういったブログを持つと、「自己アフィリエイト」ができるようになるので、サクッと5〜10万くらい収入を得ることは可能です。

 

詳しくは以下でご紹介していますので、興味のある方は見てみてください。

 

「何書けばいいの?」と思いますよね。自分が好きなこと、書きたいことを書けばいいんです。

 

食パンが大好きなら、食パンのことをひたすら書くブログだって全然アリ。本当になんでも良い。重要なことは継続することです。

2、YouTube

先日ユーザー登録し、動画をアップしてみました(この記事のトップの犬の動画)。

 

外出自粛中でも継続的に撮影できることで、僕自身あとから振り返って見たくなる内容且つ、平和的、癒し、と考えていった結果、愛犬(妹の)しぇりさんに到達しました。

 

新たに動画スキルを勉強するのも面白そうと思ってたのでちょうど良い。GoPro買おうと思ってたし。

 

まずは反応が知りたかったのでそのままアップしてみましたが、今後いろいろ試行錯誤してみようと思っています。

 

料理や掃除方法、筋トレ方法とか、家で撮影できることって意外とあるので、動画に興味ある方は今さらと思わずやってみましょう。最近のスマホは十分高性能ですしね。

3、不用品販売

王道中の王道、メルカリでの不用品販売です。

 

暇になると掃除しようかな?ってなる人も多いと思うんですが、そのついでにできるので、大掃除する人におすすめです。

 

「不用品なんか本当に売れるの?」とまぁ思いますよね。僕も懐疑的でしたが、実際売れます。

 

ちなみに僕は昨日始めて、11点登録しました。完全に手探り状態ですが、出品してものの30分で売れた商品もありました(ペット用品)。意外と見られるもので、販売価格の調整次第ではパパッと売れちゃう感じがしました。

 

一応僕の販売ページ付けておくので参考までに:https://www.mercari.com/jp/u/141477634/

 

僕は物販やるの初めてですが、やはり軽くて小さい、送料がなるべく安く済むものは強そうですね。

 

まだ着れるけど、もう着ない洋服とかすごく狙い目。ぬいぐるみとかも良いと思います。

 

1点500円〜1,000円程度にしかならなかったとしても、商品登録はスマホから写真撮ってアップするだけですからね。慣れれば1点5分程度。

 

発送の時は集荷頼むこともできるし、コンビニから送れるので、簡単な梱包で済めばトータル10分15分の話。

 

一見面倒で利益少ないと感じるけど、10分500円と考えたら時給6,000円ですからね。十分やる価値あると思います。

 

自分の物だけでなく、家族の持ち物から不用品を探すのもやるべしです。売りたいけど売るのが面倒な本人、売りたい物が欲しい自分が代理で売ることで利益は折半とすれば、良いビジネスになります。

4、スキルや知識の販売

自分のスキルや得意が売れるマーケット【ココナラ】を使う方法です。

 

サイト内見てもらえるとわかりますが、イラスト描いたり相談に乗ったり、本当なんでもあります。僕は留学相談とかライティングならできるので、それで登録してみました。

 

競合多い市場ではありますが、それだけ購入する人も多いので、やってみる価値は十分あると思います。

 

誰かの販売ページをマネして、自分色にちょっとアレンジすれば、販売ページもサクッとできちゃいます。

5、写真素材販売

個人的にはSnapmartが始めやすいと思います。

 

Snapmartが良い理由は以下の通り。

・スマホからの登録操作
・登録する画像はスマホ撮影のものでOK

 

カンタンに誰でもアップできちゃうのが良いところですね。

 

1つ売れて数十円の世界なので、よほど売れないとまとまったお金にはなりませんが、隙間時間にコツコツとアップしておけば、そのうちお金になるかもと考えるとやってみても良いと思います。

 

ちなみに写真の素材は、人が写ってるものが売れやすいです

 

会議してる様子とか記事の素材として使えそうなものが売れやすいので、その辺意識した写真を撮れると良いと思います。カフェでランチしてる様子とか。

パラレルワーカーとは?

パラレルワーカーってあまり聞き馴染みがないと思うので、一応カンタンに触れておきますと、「いろんな仕事をしてる人」という理解でOKです。

 

時にライター、時にユーチューバー、時にカメラマンみたいな。

 

今、そしてこれからは複業時代だと思っているので、収入の柱を増やすべく、僕はパラレルワーカーを目指しています。足は2本より3本、3本より4本の方が安定しますからね。

隙間時間ってどこ?と思ってるあなたへ

「何か始めてみたいけど、時間がないんだよね」

 

なんて人も多いかと思いますが、本当にそうでしょうか?

 

世界平均で見ると、人は1日に115回スマホをチェックし、177分スマホを見てるとされています。テレビなどのメディアも含めてると249分。約4時間です

 

1日8時間寝てたとしたら、活動時間は16時間。活動時間の4分の1にあたる数字です。

 

1週間で28時間、1ヶ月で約120時間、1年では1,460時間(60日分)。めちゃくちゃ時間ありません?

 

ご自身のスマホ利用時間が知りたい方は、以下の手順でチェックしてみてください。

 

iPhoneであれば、設定→スクリーンタイムから、1日or1週間のスマホの使用時間、どのアプリにどれくらい時間を費やしてるか確認できます。

 

Androidの場合は「Digital Wellbeing」というアプリをダウンロードすると、確認できるようになります。

 

YouTubeやインスタ見てるのが楽しくて仕方ないなら削る必要はないと思いますが、気付いたら習慣化してて、なんとなく眺めてるだけなら削ってみてはいかがでしょうか。

おわりに

夫婦喧嘩や家庭内暴力なんて暇つぶしには最悪です。収入になる可能性のある暇つぶしをしてた方がよっぽど健全。

 

うまくいくかどうか、稼げるかどうかはやってみないとわかりません。やってみて、無駄な時間だったと思うかもしれません。でも、ボーッと過ごすよりは良いのでは?

 

行動する癖をつけるのも大事なことだと思います。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事