ドイツで人気の春の味覚【王の野菜・シュパーゲル】とは?リゾットが美味!レシピ有
スポンサーリンク

キャシィ塚本先生から影響を受けた料理人でもある僕です。

 

ドイツの食事で思い浮かべるものと言えば?ソーセージ、ウインナー、サラミ....とかね。肉とビールみたいな感じですよね。

 

僕も最近知ったことですが、ドイツには春の味覚【シュパーゲル】なるものがあると。ドイツ人は春にこれを食べるのが楽しみで仕方ないんだとか。

 

それは気になる!ということで、僕も買って料理して食べてみたので、今回はシュパーゲル記録をご紹介します。

シュパーゲルってなに?

シュパーゲル=ホワイトアスパラです。思えばいつからか、確かにスーパーでよく見るなとは思ってました。このように↓↓

 

シュパーゲルの販売は、4月の中旬頃~6月24日までの約2ヶ月間の期間限定と決まっているよう。

 

ドイツでは「王の野菜」とまで呼ばれる存在らしく、ドイツ人が熱狂する高価な野菜なんだとか。日本で言うところの松茸みたいな感じでしょうか。

 

ドイツにはシュパーゲル専用のピーラーや茹でる鍋が売られていて、1家庭に1つあると言われているくらい流通しているらしい。余談ですが、ドイツのピーラーは日本のとは少々違います。

ドイツのピーラー

シュパーゲルを買ってみた

シュパーゲル

4本で350グラム。3.47ユーロ(約450円)高いと言えば高いけど、1本1本がまぁデカイので、これくらいするのかな?という感じ。

シュパーゲルで料理作ってみた

茹でたシュパーゲル+オランデーズソース

 

少しヨーロッパ感ありません?野菜は全部茹でただけ。そこにオランデーズソースなるものをかけて完成。ハムと一緒に食べるのが伝統的な食べ方らしい。

 

シュパーゲルの茹で方やソースの作り方は、以下のサイトで教わりました。

ホワイトアスパラガスのおいしい茹で方
https://oceans-nadia.com/user/26/recipe/127520

オランデーズソースの作り方
https://oceans-nadia.com/user/26/recipe/127521

シュパーゲルリゾット

 

4本の内3本は伝統的な食べ方で食べて、残りの1本を使ってリゾット作ってみました。

 

こちらのレシピは以下を参照しました。

ホワイトアスパラガスのリゾット
https://oceans-nadia.com/user/26/recipe/127371

シュパーゲルを食べてみた感想

僕はそもそもアスパラが好きなので、美味しかったです。伝統的な食べ方(茹でたシュパーゲル)は、想像通りの味と言いますか、特別な感動はありませんでしたが。

 

でも!シュパーゲルリゾットは、期待値より美味しくてちょっとビックリ!ハムと一緒に食べるとすごくちょうど良かったです。

おわりに

その土地ならではの食材とか料理を食べると、文化に触れてる感じがして良いものです。ここ最近めっきり食べてませんが、ドイツと言えばのソーセージを食べる機会があったらレポートしたいと思います。ではまた。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事