【2019年】ウィンブルドン(全英オープンテニス)の試合結果まとめ
スポンサーリンク

ウィンブルドンを観戦しにロンドンに行こうと思いましたが、チケットの取り方が特殊だったので2020年に行くことにした僕です。

 

来年はウィンブルドン、オリンピック、全米オープンとテニスで忙しくなりそう。

 

観戦には行けませんが、初戦からテレビで放送してるのでがっつり見る予定です。

ただ観てるだけというのも物足りないので、記録を残そうと思いました。
※個人的に興味のある選手しか記録しません。

 

2019年ウィンブルドンの観戦スタンスは全仏の時同様、
・日本人選手を応援しつつ
・ジョコビッチ、ナダル、フェデラーの圧巻のプレーに期待しつつ
・ズベレフやティエムの躍動的なプレーに期待しつつ
・ワウリンカやディミトロフが再浮上してくることに期待しつつ
という感じです。

この記事の目次

ウィンブルドン(全英オープンテニス)の概要

開催地  :イギリス・ロンドン
開催期間 :7月1日~7月14日(2019年)
出場選手数:128人
優勝賞金 :235万ポンド(約3億2千万円)※1回戦に出場するだけでも約530万円
前回優勝者:N.ジョコビッチ(男子)、A.ケルバー(ドイツ)

 

テニスの4大大会(グランドスラム)のひとつで、大会の正式名称は「The Championships」。

ウィンブルドンと言えば、ほかのグランドスラムや大会とは異なり、練習も試合も上下白のウエア着用が義務になっていることが特徴的。

 

ここ10年の優勝は、ジョコビッチ4回、フェデラー3回、マレー2回、ナダル1回。

フェデラーはグランドスラム通算20回優勝の内、ウィンブルドンが8回でウィンブルドン優勝回数歴代1位。

 

今大会は開始前にR.ナダルの抗議がありました。
内容は、通常トーナメントのシードはランキング上位者から順に与えられるところ、ウィンブルドン側は「これまでの実績も考慮して」と、ランキング通りのシード順にしなかったことに対するご意見。

僕がなに言う立場でもないですが、選手にとってすごく重要なことですし、ウィンブルドンだけ違うルール適用っていうのもどうかと。真っ当なことを言ってるように感じました。

1回戦

【〇】S.ワウリンカ VS R.ベメルマンス

【〇】N.ジョコビッチ VS P.コールシュライバー

【〇】Y.プティンツェワ VS 大阪なおみ

【〇】J.ベセリー VS A.ズベレフ

【〇】T.ファビアーノ VS S.チチパス

G.ディミトロフ VS C.ムテ【〇】

 

大会初日、荒れました。

ワウリンカ、ジョコビッチは順当に勝ち上がりましたが、女子ランキング2位の大阪なおみがストレート負け。男子ランキング5位、6位のズベレフとチチパスも敗退。個人的に応援中のディミトロフも大逆転負け。

杉田祐一 VS R.ナダル【〇】

L.ハリス VS R.フェデラー【〇】

D.ティエム VS S.クエリー【〇】

【〇】錦織圭 VS T.モンテイロ

 

2日目も先日の全仏オープン準優勝ティエムが初戦敗退の波乱。

ナダル、フェデラー、錦織圭は順当に勝利。ナダルは2回戦、相性悪いキリオス戦になりますが、キリオスは今日3時間30分の激戦だったので、ナダル優勢の予感はします。

 

波乱起こってる今大会、錦織圭の躍動にさらなる期待。

2回戦

【〇】N.ジョコビッチ VS D.クドラ

S.ワウリンカ VS R.オペルカ【〇】

 

2回戦初日もワウリンカ敗退の波乱。
ワウリンカVSジョコビッチ観たかったなぁ...。今回のウィンブルドンは荒れてます。明日のナダルVSキリオスでもしナダルが負けたら、いよいよ錦織くんの大チャンス。

N.キリオス VS R.ナダル【〇】

J.クラーク VS R.フェデラー【〇】

【〇】錦織圭 VS C.ノーリー

 

2回戦2日目、錦織君良いですね~!パーフェクト試合。

ナダルも激戦勝利!良いですね~。おもしろくなってきた。

3回戦

【〇】N.ジョコビッチ VS H.フルカチ

J-W.ツォンガ VS R.ナダル【〇】

【〇】錦織圭 VS S.ジョンソン

L.プイユ VS R.フェデラー【〇】

 

錦織君の調子が良い!だいぶ期待できますね。

ジョコビッチ、ナダル、フェデラーの安定感は本当すごい。フェデラーへの歓声でお馴染みの「Let's go Roger Let's go」って言いにロンドン行きたい。

4回戦

M.ベレッティニ VS R.フェデラー【〇】

【〇】N.ジョコビッチ VS U.ユンベール

J.ソウザ VS R.ナダル【〇】

【〇】錦織圭 VS M.ククシュキン

 

BIG3の安定感は凄すぎます。

準々決勝は錦織圭VSフェデラー!
順当にいけば、フェデラーとやって、ナダルとやって、ジョコビッチとやって、優勝。道のりは険しい...応援してます。

準々決勝(ベスト8)

S.クエリー VS R.ナダル【〇】

【〇】N.ジョコビッチ VS D.ゴフィン

錦織圭 VS R.フェデラー【〇】

 

BIG3は準々決勝でも圧倒的。

錦織君1セット目良し!って思いましたけど。数年前の全豪オープンの時のような結果になってしまいました...。

準決勝(ベスト4)

【〇】N.ジョコビッチ VS R.バウティスタ

R.ナダル VS R.フェデラー【〇】

 

フェデラー勝った~!!

全仏でも準決勝同じカードで、その時はナダルが圧倒したけど、芝はフェデラー!ウィンブルドンの似合う男。ジョコビッチとの決勝めちゃめちゃ楽しみ。

決勝

【〇】N.ジョコビッチ VS R.フェデラー

 

優勝はジョコビッチ!!おめでとう!

試合時間約5時間。これが世界ランク1位と2位の試合か...と思う、まさに激闘でした。フェデラーの攻めよりジョコビッチの守りが勝ったという印象。生で観戦してた人たちが本当羨ましい。

個人的におもしろかった試合

準決勝のナダルVSフェデラーも良かったですが、今大会のベストマッチはジョコビッチとフェデラーの決勝で間違いないでしょう。10万払っても観戦しに行く価値アリの試合でした。

 

セット2-2のゲーム7-8で、フェデラーがあと1ゲーム取れば優勝、しかもフェデラーのサーブゲーム、ポイント15-40でチャンピオンシップポイントまでいってからの、ジョコビッチの巻き返し。そこから5ゲームもつれてようやく終了。

 

フェデラーにとっては悔いの残るゲームだったのかな...。フェデラーが勝った瞬間も観たかった。トッププレイヤーは態度もコメントも素晴らしい。

 

テニスを普段観ない人からすると、ほかの試合と何が違うの?って感じかもしれないけど、全然違うんですよ。5時間やってるのに見飽きない。王者の貫禄と言うか、こんなにウィンブルドンが似合う2人はなかなかいないですね。

世界ランキングTOP10(男子)

  1. N.ジョコビッチ(セルビア)
  2. R.ナダル(スペイン)
  3. R.フェデラー(スイス)
  4. D.ティエム(オーストリア)
  5. A.ズベレフ(ドイツ)
  6. S.チチパス(ギリシャ)
  7. 錦織圭(日本)
  8. K.アンダーソン(南アフリカ)
  9. K.カチャノフ(ロシア)
  10. F.フォニーニ(イタリア)

世界ランキングTOP10(女子)

  1. A.バーティ(オーストラリア)
  2. 大阪なおみ(日本)
  3. K.プリスコバ(チェコ)
  4. K.ベルテンス(オランダ)
  5. A.ケルバー(ドイツ)
  6. P.クビトバ(チェコ)
  7. S.ハレプ(ルーマニア)
  8. E.スビトリナ(ウクライナ)
  9. S.スティーブンス(アメリカ)
  10. S.ウィリアムス(アメリカ)

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事