ワーホリに失敗はない|迷ってる暇があったらさっさと行動した方が良い理由
スポンサーリンク

オーストラリアとドイツにワーホリ経験を持つ僕です。

 

ワーホリ失敗談」なんてものをちょくちょく見かける昨今ですが、僕は言いたい。

 

ワーホリに失敗などないと。

 

その理由を淡々とご紹介します。

ワーホリに失敗がない理由

失敗だったワーホリってなんですか?というと、要は「英語が身につかなかった」なんですよね。

 

英語が苦手だから、現地では日本人が経営してるレストランで働き、日本人の友達と過ごしてたから英語が伸びず、帰国して英語を活かせる仕事ができたわけでもなく、ただの旅行の延長だった。みたいな。

 

それの何が悪い?って感じ。

 

そもそもワーホリって、滞在中に「観光」、「就労」、「就学」を自由に、休暇を過ごすものなんですよ

 

「失敗」という概念がないんです。何して過ごしてても良いわけですから。1年丸々観光してても良いビザに失敗なんかない。

 

語学学習を目的とした「学生ビザ」というものは別で存在してますからね。ワーホリで英語の勉強を怠ったから英語が身につかなかった=失敗と思う人は、そもそもワーホリがなんだかわかってない。

 

ワーホリの人気国オーストラリアを例に挙げると、最大1年間の滞在のうち、語学学校に通える期間って最大4ヶ月なんですよ。

 

僕がそうだったのでよくわかりますが、ロクに英語力がない状態で4ヶ月語学学校行って、思うように英語が話せるようになるなんてミラクルは起こりません。

 

なんとなく相手の言ってることがわかるようになる

 

4ヶ月なんてせいぜいこれくらいです。同じ英語レベルの人とは意思疎通ができても、いざ学校の外でドネイティブを目の前にしたら、何言ってるかは3割くらいしかわかりません。

 

僕は現地で約2年間、ネイティブのお客さんばかりが来るレストランとバーでウエイター&バーテンダーで働いてました。常に英語ですし、時に電話対応もしてました。

 

ちょっとは英語がわかる人でしたが、それでもビジネスシーンで使えるレベルでは到底ないですし、同時通訳なんて絶対に無理です。日常的に使う単語しか知りませんから。

 

僕がお世話になっていた現地生活が長い日本人が言ってたのは、自分が思うように英語が使えるようになったと感じたのは、仕事もプライベートも完全な英語環境で3年間過ごしてからだと言ってました。

 

よく何かを習得するまでは1万時間必要だとか言いますけど、まさにそれくらいの時間を要してますね。

 

英語力が全然ない状態で、ワーホリ生活だけでビジネスシーンで使える英語力を得ようとしてること自体がおかしいわけです。

 

1年間の滞在でだいぶ上達してる人も中にはいますよ。でもそれは、”運”も必要です。

 

例えば、気の合うネイティブの友達ができたとか、恋人ができたとか。英語が上手なシェアメイトと常に行動できたとか。

 

語学学校って基本的には英語を勉強したい人=英語力が乏しい人が集まるわけなので、イメージ的には赤ちゃんが集まってるみたいなもの。自分がいくら正しい英語で話しても、相手に伝わらないこともザラ。

 

海外で生活してたから、語学学校に通ってたから英語が話せるようになるわけではないんです。そして何度も言いますが、英語が上達することだけがワーホリの目的ではない。

 

カナダ人やイギリス人もオーストラリアにワーホリできるし、そんな友人も実際いました。彼らが英語の勉強に来てるわけないですよね。

 

「オーストラリアの文化を見てみたかったから来た」こんな感じです。

 

日本人は気にし過ぎ。海外生活したからには、ネイティブのような発音で、正しい文法で英語が操れるなんてそんな簡単なものじゃない。

 

僕もワーホリ行く前はなぜか、帰国する頃には英語がかなり話せるようになってるんだろうって思ってましたけど、行ってすぐわかりました。ロクに勉強もしてこなかった奴が、そんな簡単に習得できるものじゃないって。

 

ほかの勉強然り、野球やサッカー、ギターでもなんでもいいですけど、4ヶ月でこれまで当たり前にやってきた人たちと同レベルになりますか?なりませんよ。

 

だから、現地で英語が思ったほど身につかなかったからって悲観的になる必要なんかないんです。

 

ワーホリで重要なことは、いかに海外での生活を思う存分楽しめたか。これに尽きると思います。

 

・お気に入りのカフェに毎日通う

・いろんな都市に旅行に行く

・現地のお店で働く

・友達とただただワイワイ楽しく過ごす

 

とか、過ごし方はなんでもいいんです。自分が楽しいと感じれば。

 

つるむ友達は日本人だってOK。現地でできた日本人の友達は、そこに行かなければできなかった友達。超貴重です。

 

ワーホリを考える人は大体、海外生活に何かしらの憧れがある人、もしくは、日本での暮らしに嫌気が差した人。

 

モヤモヤ過ごすくらいならさっさと行った方がいい。

 

なんか違うなと思えば、住む場所を変えるなり都市を変えるなり、なんなら帰国すればいい。1年間滞在しなくちゃいけないわけじゃないんだから。

 

僕は行きたいと思うなら、失敗だと思うことになったとしても行った方がいいと思う。行かなかったことを後悔するくらいなら。

 

行って嫌だったらすぐに切り替えられるけど、行かなかった後悔はずっと残り続けるので。悩んでないで、さっさと行ってしまおう。ワーホリに行った目的なんか後付けでいいから。

おわりに

僕はこれまでに少なく見積もっても30人はワーホリの人と知り合いになりましたが、ワーホリを失敗だったと言う人に出会ったことはありません。

 

ドキドキしながら現地に行って、そこで生活をする。それだけで一歩成長できると思っています。

 

オーストラリアの主にメルボルン、ドイツの主にベルリンについてはさまざまな情報をご紹介しているので、興味がある方は他の記事も読んでみてくださいね。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事