リモートワークで運動不足だとギックリ腰になるかも?ギックリ腰を予防する方法
スポンサーリンク

20代で2回、30代で1回ギックリ腰になってる僕です。正確には30代の時のはギックリ腰ぎり手前くらいでしたが。

 

「ギックリ腰」と聞くと、おじさん・おばさんがなるイメージの人も多いと思いますが、意外と若くしてなる人も多いんです。若くして腰痛に悩まされてる人はたくさんいるわけで、ギックリ腰なる人がいてもおかしくはないですよね。

 

ギックリ腰の原因って具体的にはわからないとされていますが、経験者からすると、外出自粛で家にいる、動かない時間が長くなればなるほどギックリ腰になる人は増えるのではないかと思っています。

 

ギックリ腰とはそもそもどういうものなのか、治し方は?といった初歩的なところから、ギックリ腰の予防には日々どういったケアをすべきなのか?まとめてご紹介します。

ギックリ腰とは?

急性腰痛症を通称ギックリ腰と言います。読んで字の如く、急に腰が痛くなった状態のことですね。誰がギックリ腰と名付けたのかは不明。ヨーロッパでは「魔女の一撃」と言うらしい。

ギックリ腰の原因は?

ギックリ腰になったことがない人でもなんとなく、「重たい荷物を持ち上げようとした時」のような、不意に腰に負担がかかった時になるケースが想像できると思いますが、実はそれは原因のほんの一部。

 

ギックリ腰の原因は実にさまざまあるとされていますが、普段から姿勢が悪くて腰が曲がってる以外多くは、「運動不足と柔軟性のなさ」です。

 

ちなみにギックリ腰になった当時の僕がどんな感じだったかと言うと、「身長170cm、体重55キロ程度、たまに運動する、柔軟性なし、姿勢悪い、デスクワーク」。

 

具体的になった時の状況は、1回目は確か秋〜冬時期に夜ランニングしようと思って、外に出て軽くストレッチしてた時に起こりました。足を上げてグッと体をひねった時に、なんか腰に違和感を感じて、30分後には立てなくなってました。

 

瞬間的に立てなくなるほど痛くなったわけではなかったですが、なんか明らかに変な感じがしたので、走らずに部屋に戻りましたが、直感的に走るのをやめておいて本当良かった。デスクワークで固まった体が、急な運動について来れなかったのかなと思いました。

 

2回目と3回目は、どちらも立ち上がった時に痛めた記憶があります(どちらも飲み会の最中だったのでハッキリ覚えてはいませんが)。

 

本当ひょんなことからギックリ腰ってなるし、1度なるとクセになって、再発しやすくなると言われています。足ぐねった時、もう1回ぐねってしまった経験ある人もいるかと思いますが、感覚的にはあんな感じ。それまで十分注意して過ごしてたはずなのに、ほんの少し気が抜けた時にやってきました。

ギックリ腰は痛い?

魔女の一撃」と呼ばれるくらいですからね。それはそれは痛いです。まじで。

 

個人的な痛みのイメージは、寝違えて首が痛い時の感じ。アレが腰にあるような感じです。ほんのちょっと動かすだけでも痛いというか響くとかいうか。

 

当時僕の職場は若い人多かったし、ギックリ腰になった経験ある人いなかったので、そもそもギックリ腰になったことすらあんまり信じてもらえなくてそこもツラかった。

 

ギックリ腰はなったその日が痛みのピークで、そこから徐々に痛みが取れていくものなんですが、ピークの時は歩くことはもちろんのこと、座ってても寝てても痛いし、トイレで力む時なんかも痛いです。最初なった時はコレいつまで続くんだろう…?ってまじで恐怖でした。

ギックリ腰になったらどうするべき?

魔女の一撃も歩くのが困難なくらい特に痛いのは最初の2〜3日。この2〜3日は、安静にするしかないです。医者に行っても結局そう言われます。

 

この2〜3日しっかり安静にして乗り切れば、だいぶマシになってきますのでご安心を。ギックリ腰って大体1〜2週間あれば痛みは取れますので

 

ここでポイントは、ずっと寝てれば良いってものでもないということです。「腰痛の専門医による安心アドバイス」では、以下のように紹介されています。

「寝過ぎて体痛くなった」なんて経験ある人もいると思いますが、寝てれば回復早いわけではないと僕も感じました。立ち仕事とか無理してはいけませんが、ピーク過ぎたら軽い運動がてら、ちょっとそこまで買い物行くくらいの動きはしてた方が良いと思います。

 

お風呂も問題ないと思います。血流良くなるし、僕は湯船浸かってました。ただ、転ぼうものなら魔女の一撃ものの痛みが再来すること必至ですので、お気をつけください。

 

あと、僕はしなかったですが、コルセットして過ごすのが無難だと思います。2週間経っても痛みが引かないとか痺れがあるような場合は、ヘルニアとかの可能性もあるので病院行きましょう。

ギックリ腰の予防方法は?

ギックリ腰を経験してからは、とにかく姿勢を正すこと、筋トレ、ちょいちょい柔軟やって、血流を良くすることも意識しています。

 

今はリモートワークでパソコンとにらめっこの日々ですが、30分に1回くらい立って仕事してますし、2日に1回のペースで自宅でできる筋トレしています。僕は腹筋ローラー使ってます。

 

 

腹筋ローラーは良いですよ。効くし安いしスペース取らなくて軽いので。チープなやつで効果あるの?と思うかもしれませんが、全然あります。ストレッチしたり、ウォーキングやジョギングなどの軽い有酸素運動も良き。

 

あとは、腰の使い方にとにかく注意することです

 

1回ギックリ腰になってる人なら自然と意識すると思いますが、荷物持つ時は腕の力だけで持ち上げようとしないこと。全身使うことを心がけましょう。

リモートワーカーがギックリ腰に気を付けるべき3つの理由

1、いつもより運動不足になりがち

家と会社の距離が近くて運動量が少ないオフィスワーカーでも、家にいっぱなしよりは当然歩いたり、階段登ったり、運動量はあるもの。

 

でも家が好きな人なんか特に、リモートワークに切り替わって運動量が8割減ったなんて人もいると思います。リモートワーカーの間で腰痛解消のアイテム需要が増えてることが物語ってます。

 

前述しましたが運動不足や、ダラダラした姿勢で過ごす時間が増えれば増えた分、ふとしたキッカケでギックリ腰になる可能性も増すと考えられます。

2、ギックリ腰になったらリモートワークでも仕事は厳しい

ギックリ腰の痛みのピーク数日は、座ってても寝てても些細な動きにピクッと痛みが走るので、とても集中してられないと思います。せっかくリモートワークで働けるのに、その仕事さえできなくなってはもったいないですよね。

3、1度ギックリ腰になるとクセになってしまう

ギックリ腰の嫌なところはココ。再発しやすくなるという点です。

 

実際僕も2回目なった時は、ただ立ち上がろうとした時、本当「え?」と思うようなタイミングでなったので。今時期のように外出自粛で、何も予定がない時になるならまだしも、オフィスにいる時や休暇中に旅行先でギックリ腰とか最悪ですからね。

おわりに

腰に限らずですが、健康体あっての充実した人生だと思うので、若い人でもケアされることをおすすめします。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事