習得が難しい言語ランキング|日本語が世界で最も習得が難しい?
スポンサーリンク

世界にある国の数が196か国に対して、言語はなんと7,099種類も存在しているとされています。

 

そんな数多ある言語の中で、習得するのが難しい言語とは一体なんなのでしょうか?

習得が難しい言語ランキングTOP5

英語を公用語にする人たちが、習得することが難しい言語ランキングです

  1. 日本語
  2. アラビア語
  3. 北京語
  4. 広東語
  5. 韓国語

※引用元:BUSINESS INSIDER「英語が母国語の人にとって、最も習得するのが難しい9つの言語

 

第1位は日本語でした。

僕は英語と、ほんの少しドイツ語やフランス語に触れたことがありますが、日本でライティングや校閲の仕事をしてて、日本語の方が絶対難しいよな〜と思います。

 

例えば僕の苗字は「後藤」ですが、「ごとう」という発音には、「五島」、「誤答」、「五等」、「五頭」、「五棟」など、山ほど他の単語が存在しています。

 

日本語ってこんな単語ほかにもいくらでもありますし、発音が微妙に違う、漢字は全部違うし、ひらがなにカタカナもある、謙譲語、尊敬語とかもあれば、流行り言葉に省略言葉もあって、本当に複雑な言語。

 

さらに、英語圏の人は発音できない音があります。僕の名前「りょう(Ryo)」がそのひとつで、小さい「や・ゆ・よ」って発音にないので、「りお(Rio)」、「りよ(Riyo)」になったり、なぜか「ろい(Roy)」になったりします。

 

また、人の呼び方のバラエティがとてつもなく多いのが日本語のややこしいところ。私、あたし、僕、俺、わし、わい、自分などなど。

 

女の子だと自分の名前で自分を呼んだり、ビジネスシーンでは小職、小生とか使う人もいます。漫画の世界では拙者、オラとかもありますよね。英語は基本「I(アイ)」だけですよ。そこだけ切り取っても全然違います。

 

僕の友人のバイリンガル(英語が母国語で日本語も普通に話せる)の子は、田舎に行った途端、何話してるかサッパリわからなくなると言ってましたが、それも理解できますよね。

 

こんな狭い国の中に異なる言葉の文化が存在し過ぎていて、日本人同士でも理解できないことがあるくらいです。外国人からすれば、相当難しいと感じるでしょう。

世界の言語ランキング(人口)TOP10

  1. 中国語(13億7000万人)
  2. 英語(5億3000万人)アメリカ、イギリス、カナダ、オーストラリアなど
  3. ヒンディー語(4億2000万人)インド、フィジー
  4. スペイン語(4億2000万人)スペイン、チリ、アルゼンチンなど
  5. アラビア語(2億3000万人)エジプト、イラク、モロッコなど
  6. ベンガル語(2億2000万人)バングラディシュ
  7. ポルトガル語(2億1500万人)ポルトガル、ブラジル
  8. ロシア語(1億8000万人)
  9. 日本語(1億2700万人)
  10. フランス語(1億2300万人)

 

僕が海外に行って知ったことは、英語・スペイン語・ポルトガル語は共通の単語があって、比較的理解し合えるということ。特にスペイン語とポルトガル語はかなり似てて、ほとんど理解できるらしい。

 

なので、英語のクラスで初級者クラスにいるようなスペイン人やブラジル人でも、難しい単語知ってるようなことってあるんです。

 

日本人からすると、中国語って似た漢字使うことがちょいちょいあるので、なんとなくわかったりすることあると思うんですが、それと同じような感覚かな?と思われます。

おわりに

日本語なんて複雑な言語を使える日本人は、きっと言語能力が高い。第二言語学ぼうと思ってる人は、ぜひ自信をもって勉強してください。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事