【Car Next Door】オーストラリアでおすすめのレンタカー!知らなきゃ大損!
スポンサーリンク

ヨーロッパで左ハンドルの車を運転することにワクワクしてたわりに、国際免許証の発行忘れてたどころか、そもそも免許証の有効期限切れてることにドイツに来てから気付いた僕です。

 

ドイツ来る前に結構時間あったのに、僕は何してたんでしょうか。Sherryさん(妹の犬)と遊び過ぎましたかね。それなら仕方ないです。

 

さて今回は、僕がオーストラリア生活で非常に重宝したカーシェアサイト【Car Next Door】についてご紹介します。

 

オーストラリアではたくさんの人と知り合いましたが、誰も知らなかったサイトです。オーストラリアでレンタカーする人は、知っておいて損ないサイト!ぜひ本文ご覧ください。

Car Next Doorとは?

オーストラリアはシドニー発のカーシェアリングサイトです。
公式サイト:Car Next Door(登録無料)

 

日本にAnycaというサービスがあるのをご存知でしょうか?これにかなり近いイメージで、【個人が自分の車を乗っていない時に誰かに貸し出す】というやつです。Airbnbの車版ですね。

 

Car Next Doorは、シドニー、メルボルン、ブリスベンのエリアでサービス展開中。僕はメルボルンにいた時に、そこそこ回数利用したと思います。

 

2012年に開始した比較的新しいサービスのようなので、これからもっとエリア拡大するのではないでしょうか。

Car Next Doorを知ったキッカケ

「周りの人間が誰も知らないサイトをどうやって知った?」

 

という事について一応触れておくと、ある日家に「Car Next Doorで車貸してるから、良かったら借りてね!」みたいな白黒の手書きチラシが入ってて、そこで存在を知りました。

 

ちょうどレンタカーしたいなーと思ってたタイミングだったので、試しにサイト検索してみたら良さそうだから使ってみよう!というのがキッカケです。

Car Next Doorのメリット

  1. 家のすぐ近くで借りられる可能性がある
  2. 無人レンタルなので、借りる時も返却の時も受付手続きが不要
  3. 予約できる時間が柔軟(営業時間という概念がないので)
  4. 返却の際、ガソリン満タンにする必要がない
  5. 一般的なレンタカーと同じ、もしくは安い
  6. デポジット不要
  7. 登録車数が結構多い

 

レンタカーしたことがある人であればわかると思いますが、レンタカー屋まで行くのと、返却してから家に帰るまでが面倒なんです。(オーストラリアのレンタカー屋さんは、日本のトヨタレンタカーとか日産レンタカーと同じイメージでOKです。)

 

例えばオーストラリアでありがちな、「レンタカーしてキャンプ&BBQに行こう!」となった場合、荷物がそこそこあるので、それ抱えてレンタカー屋まで行くのは面倒ですよね。

 

そんな場合に取る行動をイメージすると、

  1. 運転手が車を借りに行く(電車やトラムに乗って)
  2. 一旦家に荷物取りに戻る
  3. 一緒に行く人をピックアップする
  4. 目的地へ
  5. 帰宅途中、ピックアップした人を降ろす
  6. 家に荷物を降ろしに行く
  7. ガソリンを入れる
  8. 車を返却しに行く
  9. 家に戻る(電車やトラムに乗って)

これが一般的なレンタカーする流れですが、なかなか面倒ですよね。お手軽さは感じられません。

 

Car Next Doorを使うとどうでしょう?

  1. 運転手が車を借りに行く(電車やトラムに乗って)
  2. 一旦家に荷物取りに戻る
  3. 一緒に行く人をピックアップする
  4. 目的地へ
  5. 帰宅途中、ピックアップした人を降ろす
  6. 家に荷物を降ろしに行く
  7. ガソリンを入れる
  8. 車を返却しに行く
  9. 家に戻る(電車やトラムに乗って)

 

実際僕は、家から徒歩5分のところにある車をよく借りてました。持ち主の駐車場に停めてある車を取りに行って、そこに戻せばOKという感じ。最寄りのレンタカー屋で借りるのと比べて、かなりの時間&手間が省けました。

Car Next Doorのデメリット

carnextdoor

  1. マニュアル車も結構多い
  2. レンタカーの方がキレイ
  3. Car Next Doorのマークがわりとダサイ

 

メリットと比べれば大したことないデメリットだと思いますが、マニュアル車だと運転できない人は選ぶ時に気を付けましょう。

Car Next Doorの利用方法

会員登録する

公式サイト:Car Next Door(登録無料)

スマホからできます。免許証の写真をアップして、本人確認が終わるのを待ちます。

車を検索する

carnextdoor

地図をメルボルンの中心地に合わせていますが、たくさん登録車があることがわかると思います。

車の仕様を確認する

carnextdoor

車を選択すると、上記のようなページに遷移します。

 

左の赤枠、【TransmissionがManual】になっているので、これはマニュアル車

右上の赤枠、【$5.00 per hour】は、レンタル代が1時間5ドルという意味。
【$25.00 per day】は、1日レンタルして25ドルという意味。
【+$0.33 per km, incl fuel】は、1キロ毎に0.33ドルのガソリン代がかかるという意味。

 

1時間でも借りれるのが便利ですよね。
ちょっとコストコとかスーパーに買い物行こうなんて時にも気軽に借りれます。

 

例)丸1日レンタルして、往復100Km走行した場合
・車のレンタル代:25ドル(上記の画像の車の場合です)
・ガソリン代  :100Km×0.33=33ドル
・合計     :58ドル(約4,600円)

 

かなり安くないですか?
これで借りに行く・返却しに行く手間も大幅に省けるのであれば、レンタカー利用率上がりますよね。

 

ガソリンは費用に含まれているので返却時に満タン返しする必要はありません。
もし、給油が必要になって給油した場合は、レシートをスマホで撮って送れば、その分は返金してもらえます。

予約状況の確認する

carnextdoor

Unavailableと赤枠になっているところ以外は予約可能です。

借りる時と返却する時

駐車場の住所は記載されていますし、車体にはCar Next Doorのマークが付いているので、車は問題なく見つけられると思います。

車本体か、近くの郵便ポストあたりにキーボックスがあって、その中に鍵が入っています。借りる直前に開錠の番号が知らされるので、それで鍵を取り出したらあとは乗り込むのみ!
利用が終わったら、駐車場に停めて鍵をキーボックスに返却して終了。カンタンです。

注意事項

楽な一方、信用貸しみたいなものなので、あとで車体に傷が付いていたと言われることもあるかもしれません(僕は1度もありませんでしたが)
念のため、出発直前に車全体の写真か動画を取っておくようにしましょう。

Car Next Doorのお得な特典

以下から登録すると、15ドル分の割引が受けられるようですので、初めて利用される方はどうぞ!
Car Next Door

おわりに

オーストラリアは日本と同じような感覚で運転できますし、ちょっと郊外に行けば交通量も少なく運転しやすいので、レンタカー利用オススメです。

 

「オーストラリアの交通事情」についてもご紹介していますので、参考までに。日本とは結構違いますので、現地ルールを知っておくのは重要です!

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事