【ユーロが使える国・使えない国一覧】ユーロ以外の国も結構ある
Alexas_Fotos / Pixabay
スポンサーリンク

日本は円(¥)
アメリカはドル($)
中国は元、韓国はウォンのように、国によって通貨は異なります。この辺はなんとなく知ってるかと思います。

 

ヨーロッパの通貨は共通でユーロなのでは?

 

と思いませんか?

少なくとも僕はドイツに来るまでヨーロッパ知識が全然なかったのでこの認識でしたが、実は結構ユーロじゃない国も多いんです。ということでまとめてみました。

ユーロが使える国一覧

EU加盟国28カ国に対してユーロ(€)導入国は19カ国。

  1. 🇦🇹オーストリア
  2. 🇧🇪ベルギー
  3. 🇨🇾キプロス
  4. 🇪🇪エストニア
  5. 🇫🇮フィンランド
  6. 🇫🇷フランス
  7. 🇩🇪ドイツ
  8. 🇬🇷ギリシャ
  9. 🇮🇪アイルランド
  10. 🇮🇹イタリア
  11. ルクセンブルク
  12. 🇲🇹マルタ
  13. 🇳🇱オランダ
  14. 🇪🇸スペイン
  15. 🇱🇹リトアニア
  16. 🇱🇻ラトビア
  17. 🇵🇹ポルトガル
  18. 🇸🇰スロバキア
  19. 🇸🇮スロベニア

ユーロが使えない国はどこ?

  1. 🇬🇧イギリス(ポンド)
  2. 🇨🇭スイス(スイス・フラン)
  3. 🇸🇪スウェーデン(クローナ)
  4. 🇩🇰デンマーク(クローネ)
  5. 🇭🇷クロアチア(クーナ)
  6. 🇧🇬ブルガリア(レフ)
  7. 🇨🇿チェコ(コルナ)
  8. 🇭🇺ハンガリー(フォリント)
  9. 🇵🇱ポーランド(ズウォティ)
  10. 🇷🇴ルーマニア(レウ)

 

最も代表的な国は「イギリス」でしょう。ポンド(£)という通貨です。聞くとそうだったかもと思いますよね。

 

・スウェーデン:クローナ
・デンマーク :クローネ
・クロアチア :クーナ

違うけどなんか似てる。

おわりに

ヨーロッパは日本に比べてスリや置き引きが多いことで有名です。旅行者感丸出して駅や観光地にいるとターゲットにされやすいので、お金の管理には十分注意しましょう。

 

ユーロの為替レートの推移を定期的に記録してますので、こちらもぜひ参考にしてみてください。

 

日本円からユーロへの換金(送金)は、Tranferwise(トランスファーワイズ)をオススメしています。※ただし、ヨーロッパの銀行口座がなければできませんが。ヨーロッパへワーホリや留学、移住する方であれば、「N26」という銀行開設が可能です。僕が2019年にドイツに住んでた頃にどちらも使ってました。こちらも参考までに。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事