海外での移動にはUBERがオススメ|タクシーよりもUBERがいい理由
スポンサーリンク

今回は【UBER(ウーバー)】という配車サービスについて解説します。

 

僕はオーストラリア・メルボルンで生活していた時に存在を知って、度々利用していました。

 

非常に便利なので、ぜひ使ってみてくださいね。

UBER(ウーバー)とは?

UBERとは、アメリカ発の配車サービスで、要は個人タクシーです。

 

日本だとUBER EATS(ウーバーイーツ)という出前サービスの方が知名度が高いと思いますが、元々は配車サービスとして始まったものです。

 

日本やイギリスでは、タクシー会社のUBER反対の声が大きいようでイマイチ浸透していませんが、世界70カ国・450都市以上で展開されている大手サービス。

 

UBERのドライバーは、UBERという会社に所属してる社員というわけではなく、UBERにドライバー登録してる個人。個人が空いてる時間に自分の車をタクシーとして使うバイトですね。

 

乗る車は毎回バラバラですし、タクシー会社の制服を着てるわけでもないドライバーなので、少し怪しいというか抵抗を感じるかもしれませんが、全然問題ありません。

 

自家用車とは言え、UBERのドライバーとして活動中は車に私物はないので荷物は載せられますし、ドライバー個人の評価が★で表示される仕組みになっているので、みんなちゃんとしてます。

UBERの使い方

UBERで配車をする時は、スマホから手配します。まずは「UBERのアプリ」をダウンロードしましょう。

 

 

上の画像が実際にスマホでUBERアプリを開いた画面です。Google Mapと連動していて操作はかなり簡単。

 

現在地が表示されるので、迎えに来てもらいたい場所と行きたい場所を入力すると、大体いくらかかるかが表示されます。問題無ければ「REQUEST」と押せばOK。※日本語対応してるはずです。

 

Google Map上に車が今どこにいるか、あと何分くらいで到着見込みかが表示されるので、それに合わせて外に出ればOK。

 

上記の画像ではPool、UberX、Berlineの3つの車が表示されていますが、以下の認識で大丈夫です。
・Pool  :他のお客さんと乗り合い
・UberX :自分1人で乗る、最もスタンダードなタイプ
・Berline:高級車

UBERを使うメリット

UBERを使うメリットは以下5つです。

  1. 配車がとても簡単
  2. ドライバーと会話する必要がない
  3. 支払い作業が不要
  4. 事前におおよその費用が確認できる
  5. タクシーより安い

 

ひとつずつ解説します。

配車がとても簡単

配車は、Google Map上から迎えに来てもらいたい場所と行き先を選ぶのみ。

 

アプリを開いた時点で現在地に合うので、現在地からの移動であれば実質行き先を入力するだけです。

 

車が迎えに来るまでの時間はまちまちですが、早ければ3分くらい。僕はこれまで何回も利用していますが、10分以上待ったことはありません。

ドライバーと会話する必要がない

配車の時に入力した行き先はドライバーもわかってるので、改めて伝える必要はありません。

 

なので、英語が話せなくても何も心配いりません。「ハロー」と「サンキュー」だけ言えばOKです。

支払い作業が不要

これはメリットの中でもかなり良いポイントです

 

UBERは登録の時にクレジットカード情報を入力するのですが、毎回そこから自動で請求がかかるので、ドライバーと直接のお金のやり取りが発生しません。

 

現金を持ってなくても乗れますし、チップいくら渡せば良いのかな?と悩む必要もありません。

 

目的地に着いたらそのまま降りてOK。

 

乗車後にUBERのアプリを開くと、通ったルートと金額の確認ができて、ドライバーへの評価入力の画面が表示されます。

 

フランスで利用した時は、チップをあげるか選択できる画面も出てきました。短い距離なら無くて良いと思いますが、重たい荷物を預けた場合などは、1~2ユーロ入力してあげると良いと思います。

事前におおよその費用が確認できる

事前におおよその費用が確認できるのもメリットです。

 

ちなみに、乗車前アプリ上に表示される金額は概算なので「ピッタリその金額」ではありません

 

交通状況で道が変更になることなどもあるので、あくまで目安額です。ただ、大きくズレることはありません。

タクシーより安い

最後になんと言ってもココですね。タクシー会社が参入を拒む理由でもあります。

 

ざっくりですが、タクシーで5,000円かかるところ、UBERだと3,500~4,000円程度のイメージです。

 

国によってはタクシーの最低価格が決まってて、金額分の距離乗ってなくても最低価格必要になりますが、UBERは乗った分のみの請求という点も良いところ。

 

また、海外には「白タク」と呼ばれる現地で客引きしてるタクシー(要はぼったくりタクシー)がいるのですが、これに乗るのが最もダメで、通常のタクシー代の2~3倍請求されます。

UBERのお得なコード

UBERを初めて利用する人がプロモーションコードに「gotor2ue」と入力すると、初回利用時に10ドル程度の割引になるそうです。初めて使う方はご利用ください。

おわりに

今回はUBERについてまとめました。UBERは安いと言っても、電車やバスに比べたら高いです。

 

移動に少々お金がかさんだとしても【楽・安全】を重視したい人は、利用してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
おすすめの記事